黙ってればイイ男なのに!女が言われてドン引きするクサい台詞・5選

1436424350198351一見すると「イイ男だな」と思う相手であっても、ちょっとした台詞一言でドン引きしてしまうなどという事もあるのではないでしょうか。
女性の方の中にはそのような経験をされたかたも多いように思います。
では、今回は実際に言われてドン引きしたというクサい台詞について5つほど見ていきたいと思います。

君の事は何でも分かるから

少しナルシスト傾向にある男性が使うのがこの台詞です。
一見すると、女性のことを良く見ている・理解しているという風に受け取ることもできるかと思いますが、知り合って日が浅いうちや、何かにつけてこのような台詞をいわれるとクサいどころか腹立たしささえ覚えるという女性もいらっしゃるのではないでしょうか。
自分が優位に立ちたいという気持ちが現れている場合もあり、同時に何でも分かるから何でも決めるという思考に向かってしまう男性もまた多いようでドン引きしてしまうこともあるのではないでしょうか。

異性関係の自慢と共に

例えば「自分はもてるしそれなりの経験をしてきたけれど、その中でも君は上の部類に入る」というような台詞です。
何気なく自分のモテ度をアピールしているという点にドン引きしてしまうという女性の方もいらっしゃることでしょう。
相手を褒めるというよりも、あくまで自分がモテることをアピールした上で話を進めようとしているのが分かります。
こうした自分優位の視点に立った台詞というものを好む女性は少ないかと思います。

ドラマの見すぎ?の台詞

昔のドラマのワンシーンなどにあったであろう台詞を言われても心に響かずドン引きしてしまうというケースもあるのではないでしょうか。
例えば「君の瞳に吸い込まれそうだ」などという台詞。
そんな言葉を使う人がいるのかと思う方もいらっしゃることでしょう。しかし実際にあるケースなのです。
確かに、ドラマや小説の中ですと甘く響く言葉でもあるかと思いますが、イコール現実というわけではありませんから、実際に言われると逆に冷めてしまうという事もあるのではないでしょうか。

呼称を自分流にして話す男性

女性のことを子猫ちゃんと言ったり天使といったり。
そうした呼称を独特のものに変化させて台詞を言われてしまうと、どのような良い言葉であってもドン引きしてしまうというケースがあるでしょう。
特別視しているという事をアピールしたいがためにこうした台詞を使っていると思われるのですが、女性側からすると馴染みにくく思えるものですし、また嬉しさというものそう感じることは無いようです。
ムードがそれなりによくなってきたときにこうした台詞を言う男性が多く、一気にそれが崩れてしまったなどという女性の声も実際にあるようです。
変化球ばかりを意識せずに、ストレートなほうが良い台詞もたくさんあるという事なのでしょう。

俺の色に染まれなどという台詞

自分がいかに頼りがいのある男性であるかというような「男らしさ」のアピールなのかもしれません。
実際に、包容力がある男性を女性は好むものでは在りますが、こうした台詞が好きというわけではありません。
むしろドン引きする台詞に含まれるのではないでしょうか。
少々、古典的な言葉でもあるかと思いますが、使い続けているという男性もいるようなのです。
女性に中には「自分勝手な台詞」として受け止めてしまうケースもあり、そうなってしまうと進展どころか後退してしまうなどという事もあるのではないでしょうか。

意外に耳にする男性のクサい台詞

いかがでしたでしょうか。
女性が聞いた男性のドン引きするようなクサい台詞5つを見ていきました。
レアなケースなので無いかと思っている方もいらっしゃることでしょう。
しかしながら、経験者も多く実際に先のような言葉たちを使う男性もまた多く存在しているようなのです。
ムードのある言葉というものは悪いものでは在りません。
それだけ空気を読もうとしてくれているという場合もあるでしょう。
しかし、自己陶酔であったりそこにわざとらしさが感じられるような台詞であれば、いっそストレートなほうが良いという場面もあるかと思います。
どんなにイイ男だと思っても、クサい台詞1つで萎えてしまうという事もあるのではないでしょうか。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる