「脱セフレ!」と意気込んでいる女性に考えてほしい3つのコト

d848d85c51cada5ad5f83fbcd5e2bd47女性の中でセフレという立場でも十分に満足と考えられる女性は、本当にごく一部ではないでしょうか。
別にセフレでもいいと独身でパートナーもいない女性が考えるとは、なかなかに想像出来ないものです。

特定のパートナーがおり、不貞関係の刺激が堪らないという考えであれば、納得も出来ますがフリーの状態であれば、セフレかもと思った瞬間に脱セフレを目指すのが通常の女性の感覚とはいえないでしょうか。

ここでは脱セフレを考える前に女性に考えてほしい3つのコトを紹介していきましょう。

する前にしっかりと伝えるべき

そもそもセフレとなってしまった自身の浅はかなアクションをしてしまった自分を反省すべきです。
いざ身体の関係を結んでしまってから、身体だけの関係から脱却したいと思うのは、順番が違っているのです。

肉体だけの関係を望んでいないのであれば、相手の内面を把握する前に身体の関係を持ってしまった自分のことを恥じましょう。
それにそもそも自分もその相手とセックスをしてみたかったと思っていたのであれば、そのままの関係でも悪くないはずです。

敢えてセフレを一人作る

セフレ化される女性が陥ってしまう負のスパイラルの多くは、セフレとしてしか関係を築いてくれないと感じると、その関係を解消し、また同じようなことを繰り返す前と警戒心を抱くものの、あの手この手で口説かれて、今度こそは違うとまた身体を許してしまい、結果として同じことの繰り返しをしてしまっているというパターンです。

ですので敢えて脱セフレをするよりも、セフレを一人作りキープしておき、あまりに異性との関係を気負いすぎないようにすることこそ、セフレ化されないための、負のスパイラルに陥らないためのコツになるのです。

自分を磨くこと

セフレにされてしまうのは、ベッドでの自分の姿以外に魅力がないと感じられているという証拠でもあります。
ですからそこから脱却出来ない自分や、身体の関係を許してしまった自分を変えようとしたり、男性に警戒心を持つということよりも、一人の女性として、人間として、パートナーとして求められるような様々な要素を持っているのかどうかを考えるべきでしょう。

ですから、メイクやファッションセンスなど外見面ばかりに重点をおいて磨くことも大事かもしれませんが、内面やステータスなどもしっかりと磨き、人間としての魅力をアップさせることが大事なのです。
総合的な自分磨きをして、肉体だけでは満足出来ないほどの女性になってから脱セフレを考えるべきでしょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる