男性向けの豆知識

セフレから結婚した夫婦が「出会いはどこで?」と聞かれたときの返事・5パターン

出会いはセフレという夫婦が迷う?JCの子供に出会いはどこで?と聞かれたときの返事・5パターン

お子さんのいるご夫婦が困惑してしまうことはいろいろあると思います。

その中でも、お子さんに「○○って何?」と聞かれ答えにくいものはたくさんあると思います。

その中でも非常に答えにくいもの…ありますよね?

ここでは出会いはセフレという夫婦が迷う?JCの子供に出会いはどこで?
と聞かれたときの返事・5パターンについてお話していきたいと思います。

自分では答えない

例え難題な質問であったとしても、
既に答えが用意できているものでしたら戸惑うことも迷うことも無いでしょう。

しかし、突拍子もなくなげかけられた質問ではそうもいきません。

子供が小さい頃でしたらまだ良いのかもしれませんが、
中学生ともなると適切な返答はどうしたら良いものかと考えてしまうのではないでしょうか。

そんな中、自分では返答しないと答えた夫婦が多かった模様です。

父親なら母親に聞いてみなさいと…

母親なら父親に聞いてみなさいと言うようです。

考えられる理由としては、2人の間で矛盾した返答をしてしまうことを避けたいという思いが強いようです。

本当のことを言うのは避けるべきという判断なのでしょうが、
その結果として2人から違う内容を聞かされた子供は困惑してしまいます。

その矛盾から何か隠しているのか?

言えないような事情があるのではないか?

など勘ぐられてしまうことに発展しかねませんので、その場で返答せず、
パートナーに投げかけるような行動に出るようです。

正当化する

いくら情報社会になり、中学生でもスマホを持っていつでも簡単にネットを使えるようになったとは言え、
セフレということに関して、親から教えたり言うのは避けるのは当然だと思います。

よって、セフレを正当化する方法によって子供に話をするというケースもまた多いようです。

正当化する術は人によって様々ではありますが、恋人になるまでの途中過程は、
あくまでも2人が結ばれるまでの必要な出来事だったとすることが多いようです。

ぼかすことも多いようですが、基本的には事実を脚色して話しをするようです。

この場合においては、夫婦同士で程度は個人差があると思いますが、打ち合わせしておくこともあるみたいです。

その場は回避

おそらくではありますが、このパターンが1番多いのではないでしょうか。

とりあえず今は他の話題に逸らすなりしてからの返答、もしくは無かったことにしてしまうようです。

このパターンにおいては他の項目につなげることも可能なため、
人によっては本来この「その場は回避」して正当化したり、パートナーに委ねるといった形になると思います。

あえて、このケースを別項目にした理由としては、
その場は回避の後が他の項目につなげず回答しないということもあるためです。

確かに回答を避けるという心理はよくわかります。

回避し続けられることが難しいことであることは当人もよくわかっています。

いずれにしても、最終的な回答に至る場合でも本当のことは避けて話すことになるようです。

話を盛る

父親、母親が同時にいる場で質問されなかった場合に特に多いケースだとされています。

特に父親に多く見られるケースなのです。

細部に関しては違いはありますが、
多数いる自分の女の中から今の奥さんを選んだといった内容のものが多いです。

間違いではないかもしれませんが、完全に誇張していることが多く、
また子供に見透かされてしまっていることも多いようです。

男性は競争社会に生きていますから、他人よりも秀でているということを誇示したがる傾向にあります。

決して悪気があって言っているわけではなく、
家族バランスの中で自分が1番大きな割合を占めているという思いがそのような言動を招くようです。

ちなみに、パワーバランスとして奥さんの方が事実上勝っている状況下に置いて、
息子相手にそのような口調になってしまうことも多いようです。

対娘に関しては、オブラートに包む形とはなりますが、基本的には同じような内容になるようです。

フィクションを作り出し事実にしてしまう

人間の記憶とは曖昧なもので、かつ、自分自身で作り出した物語でさえ本当だと思ってしまうことがあります。

個人差はありますが、真実を覆い隠す嘘を突き通していると、
過去の記憶はその嘘が事実として認識してしまうことがあります。

よって、本当の事実というもの自体が無くなってしまい、
フィクションが事実となってしまうため、本人も嘘をついている自覚がないというケースもあるようです。

まとめ

セフレという事実をそのまま話すというケースは稀なようです。

また、出会い系サイトやネットがきっかけということも隠すことが多いようです。

やはり子供、思春期真っ只中であればなおのこと言葉選びに慎重となってしまうようです。

出会ったきっかけが大切ということはもちろんではありますが、
それよりも後のことが大事なのではないでしょうか。

皆さんはどう思われますでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 痴女!淫女!ビッチ!どの言葉もピッタリなセフレのアソコは快楽が半端ない名器【松井…
  2. ベロチュウしながらアソコをシコシコしてくるセフレのアソコはすっごいヌレヌレで締ま…
  3. ラブホに着いた途端にパンツ下げてフェラするセフレのロケットおっぱいにパイズリされ…
  4. カーセックスでセフレのグチョグチョマンコのGスポを刺激したら潮吹きしたから手マン…
  5. フル勃起したアソコを舐め始めたGカップのセフレを振り切り、胸を鷲掴みにしながら生…

関連記事

  1. 男性向けの豆知識

    上手なキスで女性をメロメロにする方法

    セフレを作るためには、やはりそれなりのセックスを提供する必要がある…

  2. 男性向けの豆知識

    合コンで狙った女性に怪しまれずに上手にお持ち帰りする5つのコツ

    合コンに行く機会に恵まれたなどという男性もいらっしゃるでしょう…

  3. 女性向けの豆知識

    生理中だけど我慢できない!安全にセックスするために守るべき3つのこと

    生理期間中というのは、基本的にセックスをしないという方も多いでしょ…

  4. 女性向けの豆知識

    職場の同僚と快適なセフレ・不倫ライフを楽しめる!~セフレの作法5ヶ条~

    セフレ関係の始まりは、職場での出会いから、というパターンも多いでしょう…

  5. 女性向けの豆知識

    キスマークの意味は独占欲だけじゃない!位置によって変わる男性の心理

    女性は独占欲でキスマークを付ける事があるかもしれませんが、男性にとって…

  6. 男性向けの豆知識

    アラサー女性に聞いた!「エッチしたいと思う相手」の条件

    アラサ―と呼ばれる年代に入ってくると、それなりの経験というものも培って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

セフレの作り方「都道府県別」

  1. 女性向けの豆知識

    お互いに相手がいるけど嫉妬しちゃう!SEXフレンドにやきもちを妬かないための心得…
  2. 女性向けの豆知識

    「ゴムなんか必要ねぇ!俺は妊娠なんてさせねぇ!」生でセックスしたがる男の言い訳
  3. 女性向けの豆知識

    女子が絶対に理解できない!AV好き男子がしがちな「エッチ中の謎言動」
  4. 男性向けの豆知識

    美人じゃない女子をシンデレラのような綺麗な女性と妄想してSEX出来る7つの方法
  5. 【YYC】エッチ体験談

    おっさんの汗の臭いが好きな変わった女の子をセフレにGET!!
セフレ