ディープキスが上手になりたい男女に教える秘密のテクニック5選

ディープキスが上手になりたい男女に教える秘密のテクニック5選

男女がお付き合いをする際のちょっとしたテクニックなどはいくつかあるでしょう。
実際に考えた経験があるという方もまたいらっしゃるのではないでしょうか。

様々なテクニックが存在しているかと思いますが、
今回は「ディープキス」という点について考えていきたいと思います。

上手なディープキスをしたいという場合、どのようなテクニックがあるのでしょうか。
具体的な部分について触れていきましょう。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年07月26日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

雰囲気はやはり大切

上手なディープキスのテクニック方法の1つとして「雰囲気作り」というものがあるでしょう。

ライトなキスであれば、日常的にも行いやすいのですが、
ディープキスはそれなりの時間をかける行為ともいえるでしょう。

このことからやはり雰囲気作りというものを大切にしていただければと思います。
といっても、大げさな演出が必要というわけではありません。

人気が無く、キスに集中しやすい環境を作るなどという点を男女共に心がけると良いでしょう。

ゆっくりスタートさせること

ディープキスが上手くなるテクニックとして「スタートはゆっくり」というものがあります。
いきなり激しいキスをしてしまうことによって、ディープキスそのものを堪能しにくいという事もあるでしょう。

こうしたことが要因となり上手く進められないということもあるのです。
まずはゆっくり舌をいけるですとか「撫でる」という意識を持つようにすると良いかもしれません。
そして、段階的に激しくしたり吸ってみたりということを心がけると良いでしょう。

激しくした後に少しずつスローダウンさせるなどという
「緩急の差」というものをつけていただくのもまたテクニックの1つといえるでしょう。

噛んでみよう

ディープキスといっても何も舌を絡ませるだけではありません。
様々なものを駆使してこそ上手なディープキスが出来るといっても過言ではないでしょう。

そこでテクニックとして「噛む」ということがあるのです。
この噛むという行為ですが、くれぐれも強く噛み過ぎないように心がけてください。

男女とも、気分が高まってしまうと力が入りやすいという傾向もあるのですが、
ディープキスをするうえにおいては力まないこともまた重要となってくるのです。

舌を引くときに軽く噛むなどというのは実践的に取り入れやすいテクニックでもあるでしょう。
また、時には口をずらして相手の唇を甘噛みするなどというのも良いのではないでしょうか。

「くすぐったい」を上手に取り入れる

少しくすぐったいという感覚は快感にもつながりやすいのはご存知でしょうか。
この感覚をディープキスにも取り入れてみるというテクニックもあるのです。

例えば、上あごを舌でなぞるようにしてみましょう。

自分自身の口内で舌を動かしていただけると分かりやすいかと思いますが、
くすぐったいような感覚があると思います。

これをパートナーにも取り入れてみてください。

「そればかり」となると、気持ちよさも半減してしまいますので、
方法の1つとして時折混ぜていただくと上手なディープキスができるようになるかと思います。

同時に歯茎や歯の裏側などをそっと撫でてみるというのも良いかと思います。

このとき、少し舌先を尖らせてみたり、舌全体を使って沿わせてみたりなど
というテクニックも取り入れていただくと更に効果的です。

顔も使おう

ディープキスもキスの1種類ですから、どうしても「口を使うもの」という意識を持ちがちかと思います。

もちろん、その意識に間違いは無いのですが顔も上手に使っていきましょう。
例えば顔を交差させてみることです。

少し激しい雰囲気を作ることが出来ますから、
ディープキスをする上においてリズムをつけやすくし、より快感を得ることが出来るのです。

また、舌の動きと顔の動きをシンクロさせてみるというのもオススメです。
舌が上手に使えない・・・などという方は顔を動かすことによって上手にできるようになるかと思います。

この際、気をつけていただきたいのは顔を動かしすぎた結果、
舐め回すような状態になってしまったり歯が当たったりしてしまうことです。

そうなってしまうと、雰囲気も気分も下がってしまいますし上手なディープキスとは言いがたいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ディープキスに慣れていないという方も日常的に行っているという方も、
改めて上手なディープキスの方法というものについて考えてみるとよりパートナーとの
スキンシップも向上するかと思いますし、より気持ち良い時間を過ごすことが出来るのではないかと思います。

キスに自信が無いという方や、より気分を盛り上げたい・パートナーに気持ちよくなってもらいたい
などと考えているのであれば、上記のようないくつかのテクニックを取り入れて
実践してみるというのはいかがでしょうか。

どれも難しいテクニックではないと思いますので、すぐに試していただけるでしょう。
こうしてより楽しい時間を作ってみるのも良いのではないでしょうか。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる