30歳の不倫人妻と彼女の自宅で何度も性欲処理の相手をしている僕のSEX事情

hanazawakana
僕のセフレは声優の花澤香菜に似ていて、本人よりも綺麗な顔立ちをされています。
脚も細くて綺麗で、どう見ても同年代にしか思えないのですが今年30歳になる人妻です。

名前はアキホさんって言って、出身は福岡県築上町で、
OL時代小郡市で働いてた会社の人と結婚し、今は福津市に住んでいます。

僕は岡垣町出身で、父親が亡くなってからは母親1人にするのは
可哀想ということで2年ほど豊前市の実家で暮らしていました。

今は会社が古賀市なので、そこで一人暮らししています。
年齢25歳、名前はテツって言います。

見た目は俳優?タレント?モデル?の志尊淳に似てるって言われることが多いです。

男なら経験値を上げたいと思いませんか?

利用した出会い系サイトはYYCというところです。
理由は女性経験が少なかったっていうのもあって、経験値を上げたいなと思ったからです。

ネットではセフレなんて簡単に作れるみたいなことよく見たりするんですが、
本当かな?って思いの方が強かったです。

今回はアキホさんの話ですが、今まででも4人のセフレを作ることに成功しています。
だからセフレを作ること自体はそんなに難しいことではないんだなと思っています。

大事なのはどうやってセックスフレンドを作るかってことよりも、
どこの出会い系サイトを使うかってことの方が重要なんじゃないかなと思います。

福岡県のセックスフレンド

LINEでのやり取りに癒されまくり

出会い系サイト上でアキホさんと何通かやりとりをしました。
その後、タイミングを見てLINEを交換して欲しいって話をしました。

僕:「迷惑にならないならLINEで連絡したんだけどいいですか?」
アキホ:「(`ω・)b」

絵文字が可愛い!
LINEになってからもアキホさんの顔文字は可愛くってすっごく癒されてました。

スタンプに頼りがちなとこってあるじゃないですか?

でも、アキホさんはどこから仕入れてるのかわかんないですが、
とっても可愛らしい顔文字を送ってきてくれます。

僕:「早くアキホさんに会ってみたいです!」
アキホ:「私も(*ノωノ)」

アキホさんの旦那さんが留守を見計らって会うことになりました。

念願のアキホさんとデート

会う前日の夜は興奮しすぎて眠れませんでした。
こんなにも綺麗な人とセックスできるなんて夢のようにしか思えなかったからです。

アキホ:「こんにちわ~」
僕:「こ、こんにちわ…」

アキホ:「緊張してるの?」
僕:「うん、あ、はい…」

アキホ:「可愛い(笑)敬語じゃなくていいからね?」
僕:「あ、はい!」

アキホ:「それ敬語じゃない?(笑)」
僕:「そうですね、すみません(汗)」

アキホ:「敬語だってば(笑)タメ口で話してくれなきゃエッチしてあげなーい(笑)」

完全にアキホさんに遊ばれてました。
でも、そんな天真爛漫なアキホさんにどんどん惹かれていく自分がいました。

とりあえず、その辺りをブラブラしよってことになりました。

白昼堂々公園デート

hanazawakana2
いくら住まいから離れているとはいえ、どこで誰が見てるかなんてわからないはずです。
でも、アキホさんはお構いなしって感じで、腕絡ませてきたり、手握って歩いたり…
周りの人から見れば完全にカップルだったと思います。

アキホ:「まだ緊張してる?」
僕:「だいぶよくなったかな…」

アキホ:「ならよかった(笑)」
僕:「大丈夫かな?」

アキホ:「何が?」
僕:「旦那さんの知り合いとかに見られでもしたら…」

アキホ:「平気平気(笑)」
僕:「でも…」

アキホ:「そんなに心配ならもうホテル言っちゃお?それならいいでしょ?」

アキホさんにリードされる形で筑紫野市のホテルに行くことになりました。
いくら年下とはいえ、男として情けないなと思いました。

天国のようなひと時でした

hanazawakana3
僕が奥手ってこともあって、ホテルに着いても何もしなかったことに痺れを切らしたのか、
アキホさんがグイグイ責めてきました。

僕:「あっ、アキホさん…そんなにされたら…あっ」
アキホ:「あれ?敬語になっちゃってるよ?エッチやめよっかなー(笑)」

僕:「イキそうになるからやめて」
アキホ:「だーめ(笑)」

僕:「あっ、イクっ!!」

手コキであっさりヌカれてしまいました…。
そのままフェラされて、勃起させられると上に乗られ腰を振り始めました。

旦那さんに相手されてなかったのかわかりませんが、
たまってたものをすべてここで出してるって感じに思えました。

細くて綺麗なラインがとても魅力的で、
こんな綺麗でエロい女の人とセックスできてる自分は幸せだなと思いました。

これっきりだと思っていたのに…

アキホ:「今度はテツくんから責められたいな(*ノωノ)」
僕:「また会ってもらえるんですか?」

アキホ:「け・い・ご・き・ん・し(`・ω・´)」
僕:「ごめん!僕も会いたい!」

アキホ:「じゃまた連絡するね(*´ω`)ノシ」

僕の何が良かったかは知りませんが、
それ以来アキホさんとは旦那さんの留守を見計らって会ってセックスするセフレ関係になりました。

キャバ嬢の感想

これはウチの勘なんやけど…
アキホさん旦那さんの前で演じてるんやないかなって思う(笑)

女の子でもSになりたいときあんねん(笑)
ウチもたまにあるし(笑)
でも、それを許さない男もおるし、旦那さんがそのタイプなんやないかなーってウチの予想(笑)

Q.
『みんなはSになりたい時ってある?(笑)』

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる