セフレが原因で家庭崩壊しないために気を付ける3つのポイント

1436756437199754セフレとの関係が周囲はもちろん、パートナーにまでバレ、結局大事な家族を失ってしまったなんて経験をされている方も現在ではいらっしゃいます。
セフレという関係に対しての捉え方を間違ってしまうと、家庭崩壊という憂き目に遭ってしまうことにもなりかねないのです。

セフレという関係は、それぞれの価値観の違いにもよりますが、大抵の男女は許すことが出来ない関係性といえるでしょう。
大前提として、パートナーはもちろん、周囲の誰一人としてそういった関係を築いているということにバレないようにしていくことが前提になります。

ここでは、セフレが原因で家庭崩壊しないために気を付ける3つのポイントを紹介していきましょう。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年07月26日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

用事がある時以外は連絡はしない

セフレから略奪愛に発展したり、本気になってしまってストーカー化するなんてパターンの場合、基本的には、恋人同士のように、頻繁に連絡を取り合い、お互いのプレイベートを感じたケースであるという共通点があるものです。

必要以上に距離感を詰め、近寄りすぎた結果、恋愛感情が高ぶってしまい、家庭崩壊を起こしてしまうほどの深い関係になってしまう。
こういったことを防ぐためにも、基本的に用事がない時、つまりは、えっちの欲求がない時には、一切に連絡はしないし、関連する質問でもない限り、それに答えないという一線を引いた態度を取りましょう。

確かに冷たく思われますし、嫌われる可能性だってある。
外道と思われることもあるでしょうが、家庭崩壊の憂き目に会いたくないというのであれば、セフレに必要以上に好かれる必要はないのです。
都合の良い時に呼び出し、相性の良いえっちさえ出来れば、それで解散する。
こんなドライな関係を築きましょう。

会う場所と頻度を考える

次に注意したいのは、会う場所と頻度というものです。
頻度が多ければ多いほどにお互いに情が通じてしまう可能性が高くなります。
えっちだけの関係に不満が生じ、出来ればずっと一緒にいれたら。
こんな感情を芽生えさせないためにも、ある程度に長いスパンで関係を続け、頻度も少なめにしておきましょう。

会う場所ですが、灯台下暗しと言われていても、やはり自身や友人、家族の活動範囲内で関係を持つのは、かなりリスクが高いといえるでしょう。
出来れば土地勘が薄いようなところで、知り合いなどもいそうにない場所で密会したいものです。
デートをする必要もないですから、いきなりラブホで待ち合わせだっていいのです。
こういった余計なことをするからこそ、情が移り、本気になってしまう。
これはセフレと良質な関係を続けていくためには、絶対に守るべきルールでしょう。

もしもこれで不満を抱かれたり、関係が終わってしまうとしても、所詮はセフレという関係を根本的に理解していなかった相手だったと見切りをつけ、別れてしまいましょう。
決してそういった不満を解消するために、相手の要望を聞くような真似をしてはいけませんよ。

あくまで一線を引いたプレイを

そしてえっちの内容にも注意をしましょう。
特定のパートナーとでは、性欲が解消出来ない。
自分が望んでいるようなプレイを拒否されてしまう。
こんな悩みがあるからこそ、プレイ面ではアブノーマルだったり、ハード系のプレイに傾向しがちです。

しかしながら、やはり避妊具とつけないプレイだったりというのは、セフレだからといっても危険です。
性病を移され、そのままパートナーとエッチをしてしまえば、それがパートナーに感染する可能性もあります。
そこでバレてしまうのは当然のことでしょう。
更に妊娠などをさせてしまったり、してしまうと、それをどう対処するのかという大きな問題が出てきますね。

結果、二人だけの問題として秘密にしておくことが出来なくなり、家族にバレて家族崩壊と相成るわけです。

まとめ

目的が目的だけに、なんでも有りのような感覚に陥る気持ちは分からなくもないですが、セフレほどしっかりと線引きをし、それっを越えないようにすることを求められるのです。

感情や性欲というものを優先し、理性を失ってしまうと、家庭崩壊のような憂き目に遭うことになるのは、必然といえるでしょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる