女性の性欲ピークは○○歳から!その時期に比例してセフレがいる女子もピークに!

女性の性欲ピークは○○歳から!その時期に比例してセフレがいる女子もピークに!

この間まで男っ気なんて無かったのにいつの間に!?

なんてことありますよね。

実は女性の性欲ピークには驚くべき事実が隠されています。

ここでは女性の性欲ピークは○○歳から!
その時期に比例してセフレがいる女子もピークに!についてお話していきたいと思います。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年05月09日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 19年以上 15年以上 18年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

個人差と関係が無い性欲のピーク

正確に言えば自分で気がつくかどうかという点です。

体内的には8歳から10歳の頃から卵巣にてエストロゲンが分泌し始めます。

生まれつき卵巣など生殖器は整った状態にありますが、ホルモンが分泌するほど発達していません。

エストロゲンの分泌が増え、卵巣がその機能をし始めると初潮となります。

エストロゲンの分泌量は増えていき20代後半から30代前半くらいに分泌量がピークを迎えることになります。

ですから、体内的に言えば20代後半から30代前半であることは判明していますが、
実際のところ20代前半で性欲のピークを迎える女子は多いです。

理由として考えられるのは、性に対する興味と知識、欲求が20代前半に急増するからだと言われています。

20代前半にセフレが急増する理由

10代後半で彼氏と付き合い、20代前半では平均2人から3人程度付き合ってきたという女子が多いです。

その頃くらいにちょうど性欲に目覚めてしまうようです。

エストロゲンの分泌のピークにはまだ早い時期ではありますが、
ピーク時と徐々に増加していく性欲では自己認知しやすいのは後者です。

自分の体に変化が感じ取れる、
またはどうしてもしたくなるという衝動に駆られるとなると自分自身でも気がつくものです。

しかし、それが常習的になってしまうと気がつくというよりも当たり前になってしまっていることが多いです。

新たな快感があるかもしれないという刺激を追い求めるのもこの年齢に多く、また結婚する前に
遊んでおきたいという考えもあって20代前半に性欲の上昇とともにセフレが増える傾向にあるようです。

理論上18歳から45歳程度まで

テストステロンという男性ホルモンの1つは、男女どちらにも性欲や性衝動を引き起こす役割があります。

女性のテストステロンは20代で分泌が高まり、40代を過ぎてもその分泌量はある程度続きます。

10代後半から次第に芽生える性欲が40代中盤まで続くということになります。

理論上は18歳から45歳程度までが性欲のピークとも言えます。

体内のピークに合わせ、セックスの快楽に目覚める時期がおよそ20代前半であることが多いですから、
ホルモンの分泌と重なりセフレとのセックスが急増することも多いようです。

外部要素によるセフレの増加

外部要素というのは周りからの刺激によってという意味です。

20歳前後というのは女子にとっても恋話が飛び交う時期でもあります。

基本的に女子は周りと一緒、平均を好む傾向にあります。

ですから仲間の誰かの性の話を聞き、自分が遅れている、
もしくは劣っていると感じるとその差を埋めようとする心境になります。

先にも述べましたが、体的には性欲のピーク中、
または上昇中ではありますが、経験の有無によって差が生まれてきます。

体内の性欲と、快感を得たいと感じる欲求が混ざりセックスをする頻度が上昇する時期とも重なります。

よって、1人で満足することなく、次から次へと新たな刺激を求めてしまう女子もいるようです。

みんな一緒、平均を好むと言いましたが、
正確には平均より少し上でいたいという思いを抱く女子も多いようです。

従って、例えば1人が6人のセフレがいるという状況で他2人が0人だとします。

平均すると2人という計算になりますから偏差値的にはセフレ2人で50ということになります。

その50を超えるとなると3人以上になりますが、
当然その偏差値は底上げされていきますので増え続けていきます。

つまり、みんな一緒、平均でいたいという思いがセフレの増加を促しているということも考えられるのです。

女性本意なセックスとの出会いがきっかけ

10代後半や20代前半でのセックス内容は基本的に男性本意なものが多いようです。

正しいセックスに対する知識が無い同年代の男性が多いため、
本来受けられる快感を得られていないという女性も多いです。

そんな中、彼氏なども含め経験人数が2人、3人と増えるに従って、
女性本意なセックスと出会うことがあります。

これが20代前半に最も多く、快感という意味での性欲に火がつきます。

同じ人では得られる快感はマンネリを生みやすいですから、
違う経験もしてみたいという思いからセフレが増加する傾向にあるようです。

まとめ

やっぱりそれくらいの年齢か…と、想像の範疇だったかもしれません。

増加こそありませんが、女子の性欲は40代半ばにまで及びますので体の関係という意味合いでは、
年に関係なくセフレを求める気持ちはどこかにあるようです。

反対に、男性は体内的に10代がピークで後は次第に減少傾向にありますので、
10代や20代前半では自分本意なセックスになりがちです。

20代後半から30代前半の男性と20代前半の女子というのが
体内的にも相性的にもセフレ関係に適している年齢なのかもしれません。

皆さんは本当の性の目覚めはされていますか?

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる