美女ビッチセフレが両手でおまんこをクパァしながらM時で誘ってきた!!【北川景子似】

1
私のセフレはアイリちゃんという大学2年生(20歳)の北川景子に似てるとても綺麗な女の子です。
島根県奥出雲町出身出身なのですが、私の母の実家が奥出雲町なので親近感がありました。
現在は川本町に住んでます。

島根県でセックスフレンドを作る方法

私はアイリちゃんに「コウちゃん」と呼ばれています。
名前は全然違うのですが、俳優の佐藤浩市に似てるからとそう呼ばれています。
年齢は52歳、江津市・出雲市・雲南市でコンビニを数店舗経営しています。
ちなみに美郷町出身です。

セフレ探しに利用しているサイト

私が利用している出会い系サイトはYYCというところです。
アイリちゃんの他にも数名セフレ関係になったことがありますので、セフレが欲しいと思っている方々にはお勧めの出会い系サイトだと思っています。

出会い系サイトを使おうと思った理由は、単純に若い女の子が好きだからです。
アルバイトに来てもらっている子に手を出すわけにもいきませんからね(笑)

アイリちゃんと出会い系サイト上でのやりとり

私の年齢では普通に接しても相手にされないことが多いと思います。
ですから、普段は援○の話を持ちかけてといったことが多かったのですが、アイリちゃんだけは断ってきました。

断ると言っても、援○を断っただけで会うのは了承してくれたのです。
お金に飛びつく子、そういう話自体全て拒否する子ばかりだったので、アイリちゃんのような反応はとても新鮮でした。

話を聞いてると、おじさん好きらしく、私とはそういったお金の絡まない関係を持ちたかったんだそうです。
連絡に関しては途中からLINEになりました。

アイリ:「コウちゃんは私を1人の女として見ることできますか?」

私が既婚者で子供もいることを知っていながらのチャット内容です。
正直、私と一緒にいても将来は望めないので早い段階で現実を見せてあげた方がいいかなと思いつつも、会う段取りを取ってしまっていました。

アイリちゃんの自宅付近まで車で迎えにいくことに

アイリ:「わざわざありがとう♪」

もうこの時くらいには、仲良くなっていたということもあって敬語は使わないようにお願いしてました。

私:「どうする?晩飯食べた?」
アイリ:「まだ(笑)」

私:「何が食べたい?遠慮しなくていいから好きなもの選んで」
アイリ:「んーっとねー…居酒屋!」

こんな綺麗な子が言いそうにないことだっただけに、遠慮されているもんだと思っていたのですが、あまり行く機会が無いし、居酒屋の雰囲気が好きだから行きたいとのことでした。

アイリちゃんをもっと知れた居酒屋デート

2
アイリ:「私ね…もう恋愛はしないの(笑)」

お酒が入ったということもあってか、過去の出来事を話すアイリちゃん。

アイリ:「すっごーく大好きだったんだけどね、私その人と結婚できるって思ってたの」

以前付き合ってた男性は48歳の人だったらしいです。

アイリ:「もちろん家族があることとか知ってたよ?
     でも、いつかは私と結婚してくれるって約束してくれてたの…」

でも、それが駄目だったと…そういうことでした。
妻子ある身なれば、浮気相手よりも家族を選択することは珍しいことではないと思います。

ただ、その出来事がアイリちゃんにとってのトラウマになっていました。
すぐに別の男性を好きになろうと努力したらしいのですが、どうしても歳の離れたおじさんでないと心が動かないんだそうです。

アイリ:「だからね?コウちゃんとも本気だけど本気じゃないみたいな?(笑)
     セフレだね、セフレ!そうしたかったの!」

大人ならここで何かアドバイスをしたり、自分を大事にしなきゃいけないよという言葉をかけてあげるところなんでしょうが、私はアイリちゃんの言葉を甘んじて受けました。

事務所として借りているマンションで一夜を…

3
アイリ:「んぅっんっん~」

アイリちゃんのキスはとっても濃厚で、両手で頭を抱きかかえられるようにされてしまっているのでキスから逃れることができませんでした(笑)

私もアイリちゃんぐらいに綺麗な女性とセックスするのは初めてで緊張していました。

アイリ:「きて(照)」

両手でクパァしながらM時で誘うアイリちゃん…こんなビッチで可憐な女性とはもう出会えないんじゃないか。
そう思えるほど至福のひとときでした。

かくまうことになりました(笑)

一応事務所ということになっているだけで、実際は私のプライベートでしかありません。
妻も子供もここの存在は知りません。

好きに使っていいよとアイリちゃんに合鍵を渡しました。

アイリ:「本気になっちゃったら責任取ってよね?(笑)」

そう冗談を言うアイリちゃん。
間違った道を選択したのかもしれませんが、それでも私とセックスフレンドという関係になり、以前のような影の部分はあまり見えなくなってきました。

キャバ嬢の感想

ウチの知り合いにもおじさんしか好きになれない人おんねん(笑)
わからなくもないけど、おじさんだけっていうんはウチは勘弁(笑)

確かに上手やったり粘着質なセックスにはええかもしれんけど…
ほらやっぱりウチ欲張りやからいろんなタイプとしたい(笑)

Q.
『ビッチて言われて褒められてると思うウチって変わってるんかな?(笑)』

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる