既婚者の僕が出会い系にいたロリ顔の美人不倫妻をセフレにできた初デートについて

kizakiyuria
僕には、木崎ゆりあ (AKB48)似のロリ顔アイドル系の可愛い人妻セフレがいます。

きっかけは出会い系サイトを利用したからなのですが、ルックスは、若い頃の桑田佳祐という感じで、
正直ルックスは良くありません。僕は和歌山市に在住の36歳で、既婚者子持ち。

彼女は、超が付くほどのロリ顔なので見た目はJKでも通用するルックスだけど、実年齢は25歳で岩出市在住。
子供はいないが、同じく既婚者、彼女の名前はさやか。

既婚者同士の出会いの場なんて、プレイベートではもちろん、そんなチャンスはなかなかないわけです。
でも出会い系サイトなら、こういう出会いもゴロゴロ落ちているんだから、ネットの世界はすごい。

数々のサイトで失敗

初めから上手くいっていたわけではなく、メッセージを送っても返信がなかったり…

いい感じだと思っていたら、住まいが印南町で遠いから無理だとか、
新宮市まで今から2時間以内に来れないとダメだとか、サクラ全開のサイトに騙されたこともありました。

こういった失敗から、様々な比較サイトなどをチェックし、成功率が高く、
人妻ちゃんが多く利用していると評判のワクワクメールに登録することに決めました。

そこで最初にメッセージを送った相手がさやかで、
数回のやり取りですぐにLINEのID交換ができたことにもびっくりしました。

あまりにうまく行き過ぎたので…

さやかとはかなり早く、簡単にID交換まで出来たので、ちょっと怪しいと感じ、キープ。

同じく人妻にターゲットを絞り、アプローチを掛けましたが、串本町だったり、
古座川町、一番近くて日高町だったので、結局さやかに戻ることにしました。

LINEでのやり取りは、いつも嫁への不満、旦那への不満を言い合い、
お互いに慰めあったり、共感するような内容がほとんどでした。

エッチの頻度を確認したり、どんなエッチが好きなのかとか、
今までやった一番アブノーマルなエッチはどんなものなのかなども、LINEでやり取りしていましたね。(笑)

リスクは男が背負うもの

待ち合わせ場所は、紀伊駅周辺にしました。
在住の市内で遊ぶのは、リスクがあるかなとも思いましたが、
彼女にリスクを掛けるわけには行きませんし、こちらがリスクを負うべきだと考えた結果です。

この選択に彼女は感動してくれたようで、平日の午前中に会うことになりました。
某ファストファッションブランド近くの大手家電量販店の駐車場で初対面。

見た目があまりにも若かったので、一瞬ひるんだのを覚えています。

「おっさんでごめんね・・・がっかりした?」
「全然大丈夫だよ~♪どこ行こっか?」

さやかはまったく気にしていないようだったのでホッとしました。
彼女の車を駐車場に置き、食事をしに行くことに。

お腹がいっぱいになれば…

kizakiyuria2
市内ではありましたが、訪れたことがない場所だったので
なかなか良いお店は見つけられず、たまたま見つけた寿司屋に入りました。

事前にリサーチしておけば良かったかなと反省していましたが、想像以上にいいお店でした。
彼女も美味しいと連呼し、満足しているようだったので結果オーライですね(笑)

お腹も満たされ、そろそろイケるかな?と思いラブホへ誘ってみました。

「この後、ホテル向かってもいい?」
「そうだね!たくさん食べてお腹いっぱいだし、休憩したいかも♪」

これはヤレる!そう確信しました(笑)

バストは貧相だったけど

kizakiyuria3
・・・っ?!!!
ラブホのエレベーターの中で、彼女の方からキスしてきたんです。
手もズボン越しに僕のムスコをまさぐり、スイッチONの状態。(笑)

部屋に入った時にはすでにギンギン状態でしたが、ひとまずここは落ち着いてシャワーを浴びました。

彼女は、ぎりぎりBカップで胸は大きい方ではありませんが、僕はおっぱい星人ではないし、
どちらかと言うとスリムな体型の子に興奮するタイプなので、問題ありませんでした。

部屋に入る前はギンギンだったのに、
シャワー後はすっかりフニャった僕のムスコを手コキとフェラで元に戻してくれました。(笑)

相当の好きもの

超敏感体質でイキまくるくせに、限度がないのかというくらいに求めてくるさやか。
ピストンだけでは満足出来ないと感じたのか、自前のローターを持参してきており、
「コレも使って責めて」と無尽蔵のエロっぷりを見せてくれました…

が、僕とのSEXは、オモチャのサポートを借りないと満足出来なかったのかと思いましたし、
終始さやかに主導権を握られていたので、セフレ化は無理かなと諦めていました。

しかし!その後LINEでまたお誘いがあり、ホテルで一発かましてきました。(笑)

その後も定期的にお誘いの連絡が来るので、どうやらセックスフレンドとして認めてくれたようです。

キャバ嬢の感想

セフレになれるかどうかって瞬間は、ホンマ緊張するよねー!
ウチもこの気持ちめっちゃわかる(笑)

若いからとか、ルックスが相手の方がええから、
相手が決めるモンって勘違いしがちやねんけど、そんなん実は関係ないんよー(笑)

お互いが気に入って初めてセフレになるんよねー。
実は女の子側も、自分でええんかなてドキドキもんやねんでー(笑)

オモチャは、不満足やったんちゃうくて、もっと気持ちよくして欲しいって欲求の現れちゃうかな?

Q.
『みなさんはエッチの時にオモチャは有り派?』

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる