これで安心!セフレを本気にさせないために知っておくべき「恋の法則&女心」

これで安心!セフレを本気にさせないために知っておくべき「恋の法則&女心」

セフレの関係を望んでいても、セフレの関係を続けていく内に、
相手が本気になってしまったというトラブルに巻き込まれてしまう男性は少なくありません。

本命がいれば尚更で、セフレの地位に甘んじることができなくなり、略奪愛に走るような女性も出てきます。

セフレの関係を築くには、女性を惚れさせる必要がありますが、惚れさせすぎると、本気になってしまう。
ここがセフレの関係を継続させようとした場合の困難なポイントになってきます。

既婚者などの場合では、家庭も社会的な信用も失い、最悪の場合には仕事をも失ってしまったり、
将来を失う可能性だって少なくありません。

ここではそういった憂き目に遭わないために、
セフレを本気にさせないために知っておくべき恋の法則と女心を紹介していましょう。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年09月23日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

快感と緊張を与え続ける

まずセフレが欲しいと思っている男性の場合には、女心を知る必要があります。
女性は男性同様に性欲を持っています。

一般的に浮気願望や浮気の発覚率の多さから、男性の方が強いと思われがちですが、
同様の性欲を持っているということを覚えておきましょう。

敢えていうならば、男性だから女性だからというくくりではなく、
個人によって性欲の差があることを覚えておきましょう。

恋の法則というものを考えた場合、まず身体を許してもいいというシチュエーションは、緊張をした時です。
つまりはドキドキさせるということ。

そしてこれだけではダメで、その後に快感を与えなければならないのです。
これによって初めてあなたとセフレの関係を築いてもいいと女性は本能的に思ってしまうものなのです。

一線を引くこと

だからといって、あまりにこれを繰り返し、どっぷりと自分色に染めてしまうと、
相手はセフレの関係では満足せず、本気になってしまうことも多くなります。

そこで恋の法則としては、一線をしっかりと引くことが重要であり、
ダメな部分もしっかりと見せることが重要になってきます。

パーフェクトすぎると、本命の恋愛相手を通り越し、
理想の結婚相手にまで上り詰めてしまう可能性が高くなります。

これは完全にセフレの域を通り越してしまうわけですね。
パーフェクトに扱わずに、敢えて空気を読まなかったり、女心を無視するようなアクションを起こしましょう。

これは相手の女性の恋愛観などにも左右されますが、
一番てっとり早いのはダメ男という印象だったり、鬼畜というような印象。

他にもヤリチンという印象を抱かせるのが一番です。
するとやっぱり身体だけが目立ての最低男かとがっかりされつつも、時折見せる緊張と緩和。

そして高いセックスでの快感による刺激によって、
でも気持ちいからいいかという風にセフレという地位でも関係を続けてくれる可能性が高まるのです。

いつでも切る覚悟を持つこと

セフレの状態から本気になってきたなというのは、
女性の行動や言動の変化を見ていれば、ある程度は気がつくことです。

こういった場合には、いつでも関係を断ち切る覚悟を決めておきましょう。

恨みを買われそうで怖いという恐怖心などもありますが、
セフレの地位に甘んじることが出来ず、本気になられ、トラブルを起こされることの方が厄介です。

何度も関係を重ねていれば、情をかけてしまうことも多いのですが、
セフレ以上には見ることが出来ないというのであれば、一切合切どういった感情は捨て去るべきなのです。

いつ関係が断ち切られてもいい関係こそが、理想のセフレの関係なのです。
ただセックスがしたいから、いつかは恋人のようになれるかもと期待感を匂わせ、
ズルズルと関係を引っ張るのは、あなたにもセフレの女性にも良い結果を生まないものでしょう。

やばいと思ったらすぐさま切り、新しいセフレを探すことの方が、
トータル的に考えれば良質な決断といえるのです。

相手の告白に真剣に答えない

これもセフレの関係そのものが終わってしまう可能性がありますが、
本気にさせてしまうのは、「私、本当に○○くんのこと好きになっちゃったかも…」
という突然の告白に真剣に答えを出そうとするような姿勢や態度がよくないのです。

敢えておちゃらけた雰囲気を出し、冗談で返すようなリアクションが欲しいところ。
しかも告白の後にすぐさまリアクションを取るのがコツです。

「やっぱこのままの関係が一番楽でしっくり来ると思わない?」と言ってしまえば、
当然にセフレの女性も傷つきたくないという心理が働きます。

恋の法則からすれば、最悪のアクションになりますが、
セフレの法則からすれば、真剣なのは一度目に股を開かせる時だけ。

後は適当男、高田純次氏よろしく、相手の提案や告白に対して、
のんべんだらりと躱していく姿勢が必要なのです。

まとめ

セフレの関係に持っていくための恋の法則と、
セフレの関係を継続させるセフレの法則は似て非なるものです。

共通している部分も多分にありますが、しっかりと使い分けるように注意しましょう。

気持ちいい、心地良い関係を築きたいなら、
まずは自分のことを考え、同情などはしないように注意をしましょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる