「またセフレになっちゃった・・・」彼氏が欲しいのにいつもセフレ化されるセカンドガール体質の特徴

「またセフレになっちゃった・・・」彼氏が欲しいのにいつもセフレ化されるセカンドガール体質の特徴

自分自身は彼氏が欲しいと望んでいるにもかかわらず、気がつけばセフレになっている。
そのようなことで悩んでいる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

1回ならまだしも、これらを何度となく繰り返している
セカンドガールのような状態が続いてしまうと、深い悩みにも繋がっていくことと思います。

自分はそういう体質なのだなどと諦めることなく、
その体質の特徴を知ることによって避けるようにもなれるかもしれません。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年05月09日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 19年以上 15年以上 18年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

1人が苦手ではありませんか

1人が好きという女性はあまり居ないかもしれません。

しかしながら、その思いも極端なものとなってしまうことによって、
セフレ状態に陥りやすいという特徴もあるのです。

1人で過ごすのが嫌だから男性の言いなりになってしまうですとか、
少しの間でも1人で居ずに済む時間が出来るのだからというところから関係を持ってしまうのです。

こうして、男性からすると都合の良いセカンドガールという位置づけになってしまうのです。

嫌われたくないという思いが強すぎてしまう

誰からも好かれる自分。

それはある角度からすると理想的かもしれませんが、
意識を強く持ってしまいすぎることによってセフレとしての関係にも陥りやすいのです。

どうしてかというと、嫌われたくないからこそ
自分の意思を伝えない・ノーが言えないという環境を生み出しやすい状態にしてしまうのです。

このことから、本当は望んでいない関係であるセフレであってもそのままの関係を続けてしまったり
身体的な関係を持ってしまったりという事にも繋がってしまうのです。

急な予定にも対応しすぎてしまう

少々無理な事柄でも、相手が望んでいるのだから・・・と、
予定をあわせすぎてしまうという女性もその特徴の1つとして考えられるでしょう。

当日の呼び出しであっても真夜中であってもそれに応じてしまうのです。

優しい気持ちから来るという事もあるかもしれませんが、
相手を受け入れることとは違い甘えやすい・男性にとっては動かしやすい相手となっていくのです。

こうしてセカンドガール状態になってしまうというわけです。
一線を持つことが出来ないタイプの女性においてもこのような特徴が考えられるでしょう。

尽くす心が強い

相手に喜んでもらおうという気持ちはもちろんですが、
女性の中には尽くしていないと安心出来ないというタイプの方もいらっしゃいます。

このようなタイプの女性はやはりセフレにもなりやすいですし、
セカンドガールとしてキープされてしまうなどということもあるのです。

セフレなどという望まない関係であっても、
それが終わることを怖く思うなどという女性においてもまた尽くすという傾向が見られるようです。

状況に甘んじてしまう女性

セフレではいやだ・彼氏が欲しいといいつつも、心のどこかで現状に甘んじてしまっている
ということもまたセカンドガールとなりやすい特徴といえるでしょう。

ついついやり過ごす癖があるなどという女性においてもまた状況に甘んじてしまう傾向があるようです。
男性からすれば、セックスが出来る関係であれば満足ですのでこうしたタイプの女性は好都合だというわけです。

ついつい「これでいいや」などと思いがちな女性の方はこうしたタイプに該当しやすいのではないでしょうか。

マイナス思考の女性

自分に自信が無いですとか、何でもネガティブに受け止めやすい
などという女性においてもセフレになってしまいやすいという特徴があります。

はっきりとした態度を男性に見せることも少なくなってしまいがちですので、
どうしてもセカンドガールから抜け出せないという方もまたいらつしゃることでしょう。

長年彼氏が居ない女性

恋愛をしたいという気持ちがありながらもなかなかそれが成就しないという場合、
心のどこかで焦燥感のようなものが生まれてしまい
結果としてセカンドガールになってしまうという特徴もあるのです。

中には、セフレという関係と分かっていてその上、嫌だと思っていたとしても
異性とのコミュニケーションが無いよりマシだなどと考える場合もあるようなのです。

このことから、恋愛から足が遠のきがちな女性やそれを焦りとして捉えているタイプは
上記のようなことに該当してくるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、セフレ関係になってしまいやすいセカンドガール体質の特徴や傾向について触れていきました。

どなたにおいても、やもすればセカンドガールになってしまうという
可能性がある事柄ばかりであるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。

何度、男性とお付き合いをしてみてもセフレ関係に進展してしまうという方や、
こうした関係を断ち切って新たなスタートをしたいという女性は
改めて自分自身の言動を省みてみるというのも良い方法かと思います。

納得しあえる男女関係がベストともいえますので、
もし悩まれているという方は改善して軌道修正をはかってみるというのはいかがでしょうか。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる