彼女がいるけどセックスフレンドに気持ちが入りすぎて一晩で7回連続もヤってしまった

matsumurakaori
僕は北海道鷹栖町出身の24歳になる会社員ユウジと言います。
大学で上京してきて、埼玉県白岡市に一人暮らしを始め、就職が決まり毛呂山町からさいたま市岩槻区の会社に通勤しています。
外見は羽生結弦に似ていると職場の人やセフレのカノンちゃんに言われます。

そのカノンちゃんは僕と同じ同道の月形町出身で、今は吉川市で暮らしています。
上京してきたのは専門に通うためらしく、今年で19歳になるSKE48の松村香織似な激カワな女の子です。

サイトを使い始めたのは出来心です

彼女はいますが、正直なとこちょっと冷めちゃってるとこがあります。
別れてもいいかなって思う反面、いなくなられると精神崩壊しちゃいそうなくらいのダメージを受けてしまいます。

彼女彼女になりすぎてたとこもあったので、エッチフレンドの1人や2人でも作っちゃえば、バランスよく付き合えるのかなって思ったのが理由…かな(笑)
簡単に言っちゃえば出来心です。

利用している出会い系サイトはワクワクメールというところです。
カノンちゃんと出会えたのもこの出会い系サイトがきっかけです。

LINE交換はせず、サイト上でやり取り

基本的には出会い系サイト内でのやりとりになってました。
LINEの交換はしてましたが、彼女に見られでもしたら大変なので、会うまでは出会い系サイト内でのみにしていました。

ちなみに、カノンちゃんにも彼氏はいます。
だからお互いに出会い系サイト内での方が良かったっていうのもあります。
僕らみたいな人じゃなかったらLINEで連絡し合った方がいいと思います。

僕:「カノンちゃんと出身一緒だからすごい気になってたんだよね」
カノン:「私も(笑)ユウジくんと早く会ってみたいな~♪」

毎晩22時頃に連絡し合う…それが僕らの日課になっていました。

カノンちゃんとのデート当日

会う日時が決まってからはLINEで連絡するようになってました。
その期間はお互いに彼氏・彼女とは会わないようにしていたからです。

そしていよいよ会う当日…。
はっきり言って、お互いにお互いの彼氏・彼女以上に好きな気持ちが強くなっていました。

カノン:「ユウジくん?」
僕:「カノンちゃん?」

上手く言葉で表現できないんですけど、僕らの中で言葉は不要だなっていう共通の意識があったみたいです。

人目も気にせず

matsumurakaori2
出会って10秒も経ってなかったと思います。自然にキスしちゃってました。(笑)

ずっとこうしたかった…そういう思いが2人の中にあったんだと思います。

カノン:「えへへ…しちゃったね(笑)」
僕:「そうだね(笑)」

いけないことをしているっていうのはわかっています。
でも、好きになっちゃったものは仕方がありません。
自分の気持ちに嘘をつけない2人が出会ってしまった…ただそれだけなんです。

そのまま僕の自宅に向かうことにしました。

2人ともパートナーがいるけど…

matsumurakaori3
お互いに彼氏・彼女がいるはずなのに、何でこんなにも好きになっちゃったんだろうって思います。

カノン:「ユウジくんのちょうだい?///」
僕:「いれるよ?」
カノン:「うん…あっ」

服すら脱ぐ時間も惜しく、家に着くなり居間でそのままヤっちゃいました。

僕:「カノンちゃん…大好き」
カノン:「私もユウジくん大好き」

彼女とこんなセックスしたことないなって思いながらも、自分の中でどんどん大きくなっていくカノンちゃんの存在が大きくなりすぎて、感情が溢れすぎちゃって5分も経たずにイってしまいました。

それなのにカノンちゃんはとても嬉しかったみたいで、ギュっと抱き付いてきて離れませんでした。

僕:「お風呂はいろっか?」
カノン:「一緒に?」

もう、カノンちゃんの中でも僕の存在はかなり大きなものになっていたと思います。
お風呂場でもイチャイチャ…またしたくなっちゃって、急いでお風呂からあがって生中出しセックス2回戦が始まりました。

愛を語り合ってはセックス、また愛を語り合ってはセックス…その日7回はヤったと思います。

セフレ関係を永遠に

僕らはわかってしまっていたんです。
もし、お互いに今付き合ってる彼氏・彼女と別れて付き合ったとしても、いつか別れが訪れるということを…。
わからない人にはわからないと思いますが、今この状況にいる2人だからこそ愛し合えているんです。

不倫してた人たちがそれぞれ別れていざ一緒になろうとすると冷めてるみたいなことありますよね?
つまりはそういうことです。セフレでいることが幸せだと。

だから僕たちは約束したんです。

カノン:「絶対だよ?私が結婚しても、ユウジくんが結婚してもこの関係はずっと続くの!」
僕:「約束する!」

キャバ嬢の感想

自分の気持ちに嘘つけないってその通りやと思う。
ウチも自分の気持ちに嘘つけないからどんどんいろんな人とヤっちゃうのかなて思う(笑)

ここまでやないけど、ウチだってセフレ大好き!

Q.
『誰かのものになってるようでなってない…いいものはいい!好きなものは好き!
 そんな生き方って素敵やと思わない?』

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる