出会い系サイトで出会ったFカップの巨乳人妻セフレとラブホテルで密会セックス【松任谷由実似】

1
私のセフレは松任谷由実さんに似ている30代後半の人妻サチエさんです。
出身は沖縄県伊江村で、旦那と子供の3人で鹿児島県伊仙町に住まわれてます。

※詳しくは「【沖縄県】セフレ(セックスフレンド)募集・探し・作る方法 」を参考にしてください。

私の地元は愛知県設楽町というところで、今は東浦町というところに妻と子2人が住んでいます。
転勤族なものでして、以前は大阪府島本町にいて、現在は錦江町に単身赴任中です。
年齢は54歳です。
お笑い芸人のおぎやはぎの小木博明に似ているとよく言われます。

単身赴任は寂しさを倍感じる

言い訳になっていないのはわかっていますが、家に帰れるのが盆と正月くらいなものでして、寂しさを埋めるために出会い系サイトを使うようになっていました。
セフレという関係でしたら、後腐れなく関係を終わらせることもできると思いYYCという出会い系サイトでセックスフレンド探しをしています。

サチエさんともYYCという出会い系サイトで知り合うことになりました。
他にもたくさんの出会い系サイトを利用してきましたが、ここが1番私には向いているような気がします。

出会い系サイトからLINEに変更しました

私の年齢ではあまり相手にされないのではという不安はありましたが、意外にも返信率は良かったような気がします。
その中で1番気になっていたサチエさんとLINEで連絡し合うようになりました。

私:「LINE教えてくれてありがとうございます」
サチエさん:「いえいえ(笑)○日の○時くらいからって空いてますか?」

よくこうやってサチエさんに誘われていたのですが、いかんせん急に言われるもので仕事の都合もあって中々会えずにいました。

旦那さんが留守のときを見計らってお誘いしているということは、もうちょっと後になってからわかりました。

鹿児島のセフレ

やっと都合が合い会えることに

おそらく5回以上はサチエさんのお誘いを断ってしまっていたと思います。
申し訳ない気持ちが強かったのでサチエさんにお詫びの気持ちも込めて、何か欲しいものをプレゼントすることにしました。

サチエ:「はじめまして~」
私:「初めまして」

緊張はしていましたが、自然と会話ができるのが不思議でした。
20歳も年下の女性とこうして出会うことができるなんて出会い系サイトでもなければできないことです。

サチエ:「気遣わなくていいですよ?」
私:「いえ、私の気がおさまらないので気にしないで下さい」

サチエ:「私が急にお誘いしてるのがいけないんですから…」
私:「じゃ、とりあえず今回だけはということで(笑)」

渋々ではありましがた、私の提案を受け入れ買い物に行くこととなりました。

サチエさんとお買い物デート

DVC00019.JPG
初めは渋っていたサチエさんではありましたが、やはり女性というものは買い物が好きなようで、お店に来ると目をキラキラさせていました。

サチエ:「…。」

真剣そのもので声すらかけられませんでした(笑)
買い物を済ませると…

サチエ:「ありがとうございます!本当嬉しいです♪」

さっきまでの渋った様子はすっかりなくなって、可愛らしい1人の少女になっていました。

会話自体はいろんな話をしていましたが、足だけは自然とホテルへと向かっていました。
サチエさんもその気だったんだと思います。

巨乳で淫乱な女性ということが発覚

3
出会った当初から結構大きいんだろうなという思いはありました。
しかし服を脱ぐとFカップという巨乳があらわになったのでした。

サチエ:「どうしました?あんまりジっと見ないで下さいよ!恥ずかしいです(照)」
私:「あ、いや…これは失礼。でも、本当に綺麗だなと思いまして(照)」

実際はおっぱいに気を取られていたなんて言えるはずもなく、ありきたりなことを言ってしまいました。
ですが、意外にもサチエさんは喜んでいました。

これは私の勝手な憶測ではありますが、サチエさんは最近旦那さんとセックスしていないのでは?と思いました。
男性に1人の女性として見てもらいたいという思いはどなたでも持ってると思いますから。

サチエ:「イクときは一緒がいいです!」

その言葉通りになればよかったのですが、多少遅漏気味な私には実現させてあげられなかったことだけ悔いが残ります。

それでもサチエさんは大満足だったみたいで、セックス終了後も快感の余韻にしばらく浸っていました。

期間限定セフレ関係

私:「○月にはおそらく転勤となってしまいます。サチエさんがよければですが、それまでの間私とお付き合いしてもらえませんか?」
サチエ:「え?あ、はい、こちらこそお願いします」

私と関係を持てたことは喜ばしいことだったみたいですが、いずれ終わりがくるという関係に少し暗い顔をされていました。

週1回は会うようにしていますが、この関係が後半年程度と思うと切ない気持ちになってしまいます。

キャバ嬢の感想

ウチも期間限定でセフレ関係になったことあったな~(笑)
終わりが近づくにつれてどんどん盛り上がってくねん!

最後なんて号泣しとったもん(笑)
誰か一緒にウチと期間限定セフレになってくれへんかな?(笑)

Q.
『なぁなぁでダラダラしてる関係よりも、こういう期間限定とかあると思い出深くなってしまうと思わへん?』

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる