周りにセフレの存在がバレるのが怖い・・・世間体を気にする日本人がそれでもセフレを作る7つの理由

周りにセフレの存在がバレるのが怖い・・・世間体を気にする日本人がそれでもセフレを作る7つの理由

恋人でもなければ友達でもない。
そんなセフレの存在が居るという方やこれからでも欲しいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

割り切ってエッチを楽しむことが出来ますから、過干渉などという事も原則としてありませんから
自分の自由を確保しながら異性との満足できる時間を過ごしたいなどというときにも良いでしょう。

このセフレですが、欲しいと思っている方が多い反面、
その存在がバレることに恐怖心を抱いている方もまた多いのです。

では、そんな恐怖心を持ちながらもセフレを作る理由について考えてみましょう。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年07月26日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

性的欲求を抑えきれない

恋人が居るという方ではなく、こちらの傾向としてはフリーの男女の方のほうが多いと思いますが、
性的な欲求不満状態が続いてしまいセフレを作るというパターンです。

自己処理という方法もあるかもしれませんが、
やはり「人と人」が接することが出来るエッチのほうに満足感を覚えるという方もいらっしゃるのです。

存在がバレるかもしれないという恐怖心の反面、
性的な満足感を求めてしまうなどという事もあるのではないでしょうか。

自分はバレることはないという意識

実際に何事も体験してみないと分からないという部分があります。

いくら、セフレが出来てその存在がバレるという事を仮定しそれなりのリスクを考えてみても
「自分は大丈夫」という考えが心のどこかにあるという方も少なくないでしょう。

ですから、結果としてセフレを作り関係を楽しむというわけなのです。

もちろん、誰かだけ絶対にバレることはない関係ではありますが、
このような考えを抱きやすいという傾向もまたあるようです。

何となく流されて・・・

こちらは、女性の方に多い理由のようです。
雰囲気や何となく関係性がセフレの方向に進んでしまい、そのまま関係を続けているという理由です。

バレることにたいして恐怖心なども抱いてはいるものの、
相手に解消を切り出せないし現状大きなトラブルも無いから続けているという場合もあるでしょう。

一度、関係を持ってしまったがために解消を切り出せないなどという理由から
セフレとの関係を続けているという事もあるかもしれません。

男性においても、何となく意気投合したからセフレを作ったなどという理由から
関係を持っているという方もいらっしゃるようです。

リスクを基本的に考えていない

「バレることは怖いこと」「バレるのは怖い」と想像すれば思うのですが、
実際にそこまで考えているかといえばそうでもない・・・という、
リスクを原則的にあまり考えていない快楽欲求タイプの方はこのような理由となってくるようです。

仮に、バレることがあっても何とかなるだろうなどという考えを持っている方もいらっしゃいます。

もちろん、恐怖心などが皆無という事は無いとは思いますが、
そこまで重く捉えていない・可能性を考えていないという場合はこうした理由となりやすいようです。

怖いことが楽しさに繋がっている

セフレの存在がバレてしまうのではないか・露呈されてしまったらどうしようなどという気持ちが、
セフレとの関係を盛り上げている要素の1つであると考える人もいるのです。

要は、この考えがスリルや刺激に繋がっているタイプです。
心理学的に言うと「つり橋効果」をダイレクトに感じている人といえるでしょう。

不安材料や足元が安定しないセフレなどという関係性が、
性的にも心的にも刺激や満足感を与えやすいことも確かですので、
このようなことが理由の1つとなるのもよくあることのようです。

それでもセフレが欲しい

バレる恐怖心や不安感は十分に感じているけれど、
それでもセフレが欲しい!関係を続けたい!という理由もまた多いのではないでしょうか。

それぞれの気持ちを比較したときに、セフレとの関係性や楽しさのほうが勝っているという事で結果、
恐怖心はありながらも関係を持つという事に繋がっていくようなのです。

心のよりどころが欲しい

セフレという割り切った関係だからこそ、心をフラットに出来る。
そのような方もいらっしゃいます。

このような場合、いくらセフレの存在がバレることを怖いと感じていても、
その関係を続けるという方のほうが多いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世間体を気にすることが多いといわれている日本人ではありますが、
それが損なわれてしまいかねないセフレをそれでも作る理由いくつかについて触れていきました。

実際に、状況によっては社会的にダメージを受けたり家庭に影響が出てしまったりという恐れもある
セフレではありますが、それでも作りたいと思うような理由がそこにはあるようです。

今回は7つほど例を掲げながらお話してきましたが、
中には上記のものに該当するなどという方もいらっしゃるでしょう。

最悪の事態にならないように、
最低限度の予防策を考えながら関係を持つように心がけてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる