「モテそう!」と思っても絶対に付き合いたくない男性像5パターン

1436409296198187男性を見たとき、第一印象は決して悪くない。しかしながら付き合うとなるとそれは出来ないと感じた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ではここで、モテそうだなと思っても、自分は絶対にお付き合いをすることができない。
そんな男性像について考えていきたいと思います。
今回は具体的なパターンを5つほど掲げていきましょう。

コミュニケーションが上手く取れないタイプ

シャイなのかな?と思うようなタイプの男性と出会ったことがある女性も多いのではないでしょうか。
口数が少なく、見つめ合うことも少し難しいという傾向にある男性もまた少なくないかと思います。
しかしながら、こうしたタイプの男性と実際に付き合うとなると難しいと考える人もいらっしゃるでしょう。
いざ交際へと進んだときに、話が弾まないのではないかですとか、自分がリードしなくては関係が上手く保てないのではないか、などという不安を感じる場合もあるかと思います。

金銭的な価値観が違う場合

例えば、賢くお店などを利用出来るタイプの男性を見ていると「お金の使い方が上手いな」という男性の場合は、賢明で知的なイメージを抱くものでしょう。
しかしながら、恋人となると「ケチなのでは」などという事を考えてしまって付き合う気が起こらないという事もあるのではないでしょうか。
これとは逆に、ごはんをご馳走してくれたり俗に言う金回りが良い男性も魅力的ではありますがお付き合いをするにつれて散財してこちらに迷惑がかかったらどうしようかと不安になりやすいので恋人関係にまでは考えられないという事もあるでしょう。

女友達が多い男性

女友達が多かったり、人気があるなと思う男性は見ていてモテそうだと感じることでしょう。
しかしながら、実際に自分が付き合うかと聞かれると敬遠されがちなタイプともいえるでしょう。
不信感や心配が付きまとうのではないかという気持ちはもちろんですが、女癖が悪いというマイナスのイメージを抱いてしまうこともあるかと思います。
全く居ないというのも寂しいものですが、多すぎるというのもお付き合いにまでは至らないことが多いようです。

ナルシストな男性

服装も髪型もおしゃれで姿勢を崩さず常に「決まっている」男性は、第一印象でかっこいいなと思うことでしょう。
ぱっと見ただけでも目立つタイプでもあります。
こうした男性の場合、見ている分には良いけれど付き合うことは出来ないという女性も多いのではないでしょうか。
また付き合うとなると、常に気が抜けない・リラックスが難しい相手のように感じるということもあるでしょう。
あくまで「見ているだけで十分」と思われやすいのがナルシストなタイプの男性という事になるのかもしれません。

理屈っぽい男性

話をしていると知識を得られたり、賢いなと思いやすいという傾向もありますから、瞬間的にモテそうだと感じることもあるでしょう。
だからといって付き合うかというと付き合いたくないという声も多くあるのです。
交際をしていく中で、やり取りが面倒なのではないか・口でねじ伏せられてしまって自分の意思が伝えられないのではないかなどという印象も抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。
付き合うとなると、精神的な楽さというものも求めたいものですから、やはり理屈っぽいなと感じた男性との恋愛は難しいと考えるものなのかもしれません。
時々会って話を聞く程度で満足だという感情を抱く女性も存在しているようです。

モテそうと付き合いたいは違う

今回は、モテそうだと思いつつもお付き合いはしたくないという男性像5つについて見ていきました。
どのタイプも決して「悪い」というわけではありません。
しかしながら、モテそうという感情と付き合うという行動は違うところにありますので、こうした感情が芽生えてくることもあるのでしょう。
改めてこのような男性像を知っておくことによって、印象だけで走り出さずに済むという利点もあるかと思いますので、改めて考えてみるというのも良いかもしれません。
もちろん、これが全ての女性の意見というわけではなく「多い意見」です。
こうしたことを参考にしつつ良い関係を築いてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる