MENU

    セフレをSNSで募集する方法|簡単にセックスフレンドが作りやすいSNSは?

    セフレsns

    「SNSなら色々な人とつながることができるならセフレも作れそう!」
    「SNSでセックスフレンドを作るにはどうしたらよいだろう?」

    SNSを利用してセフレを作ろうと考えている人はこんなふうに思いますよね。
    実は、SNSでセフレを作っている人は多く、セフレ作りではメジャーな方法の1つでもあります。

    そこで、この記事では次のような内容をまとめてみました。

    • セフレ作りに向いているSNSと向いていないSNS
    • SNSでセフレを作る際のポイント
    • SNSでセフレを作るメリットと注意点
    編集部
    それでは、SNSでセフレを作ろうと考えているかた、また、どんなシステムでセフレをSNSで作ることができるのか気になるかたは必見の記事です。
    あわせて読みたい
    セフレの作り方|出会い系サイトで初心者でも安全に作れる方法※2022年5月版 「セフレを作るには出会い系サイトがいいって聞いたけどどうやって使えばいいんだろう?」 「本当に出会い系サイトでセフレができるのか知りたい!」 セフレを探してい...
    セフレが作れるセフレ募集ランキング
    ※2022年05月16日更新
    スクロールできます
    順位1位2位3位
    【優良】
    セフレ募集
    サイト
    ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
    運営歴20年以上15年以上20年以上
    会員人数2,500万人1,500万人600万人
    登録料無料無料無料
    出会えた確率74.5%71.3%68.8%
    編集部
    オススメ度
    鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
    詳細[R18]
    ハピメはこちらセフレ募集なら♪
    PCMAXはこちら幅広い年齢層
    Jメールはこちら絶賛人妻登録中
    公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
    目次

    セフレ作りはSNSでできるの?

    セフレ探しやセフレ作りをSNSでできるのか気になりますよね。

    結論から言ってしまうと、SNSでセフレを作ることは十分可能です。
    SNSをセフレ作りのために利用している女性は少なくありませんし、「気軽に利用できる出会い系サイト」といった感じで気軽に利用できることもポイント。
    そもそも、SNSには潜在的にセフレにしやすい人が多いため、セフレ作りには向いているツールであるといっても過言ではありません。
    実際に、Twitterの口コミを見てみると、SNSを使ってセフレを作ることができたといったかたはたくさんいます。

    編集部
    しかし、どんなSNSでもセフレ作りができるわけではないので、次項ではセフレ作りのしやすいSNSとセフレ作りがしにくいSNSを紹介していきますよ!

    セフレを作りやすいSNS

    セフレを作りやすいSNSは次のようなサイトが挙げられます。

    それでは、それぞれがどんな理由でセフレ作りがしやすいSNSだと言われているのか見ていきましょう。

    Twitter

    Twitterは、世界各国の首相たちも情報や気持ちを提供する場として利用されていますよね。
    もちろん、一般市民である私たちの中でも多くの人がTwitterを利用してつぶやいています。
    そんなTwitterこそ、セフレ作りのために一番利用されているSNSといっても過言ではありません。
    結論から言うと、Twitterは他のSNSと比較して見ず知らずの人と輪を広げやすいSNSであり、個人名を利用しなくても良いので身バレがしにくいといったメリットがあるからです。 
    しかも、1つの電話番号で10個までアカウント作成が可能であるため、セフレ作りには適したSNSといえます。
    見知らぬ女性とも絡みやすく、ツイートをどんどんすればあなたをフォローするフォロワーたちが集り、フォロワーの女性が頻繁にあなたにコメントをすることでセフレの関係が生まれるなんてこともありです!
    まずは女性と絡むことが大事。
    絡むだけでなく、女性に対して適度にレスをして仲を深めましょう。
    また、毎日ツイートすることも忘れずに!
    ツイートをすることでフォロワー数はアップし、セフレとの出会いにつながります。
    フォロワーや絡んだ女性と仲を深めたらDMを送ってデートをしようと誘ってみると、すんなり誘いに乗ってくるはずですよ。

    Skype

    現在ではSkypeよりもzoom派が多いかもしれませんが、無料の「テレビ電話」を可能にしたSNSといえばSkypeですよね。
    今や国際電話も無料でかけられることが当たり前になりましたが、その火付け役はSkypeであり、通話機能のみならずチャット・メッセージ機能も充実しています。
    このSkype、日本のみならず世界中に登録者がおり、見たことも会ったこともないSkypeユーザへ直接メッセージを送ることができるのです。
    もちろん、最初から「セフレになってくれよ」なんて言ったら無視されるのが落ち。
    しかし、チャットからスタートして仲を深めていき、二人で会うまでこぎつけることができればもうチャンスです。
    もっとSkypeでセフレ作りのハードルを低くしたいなら、「Skypeちゃんねる」や「@Skype」といった友達募集掲示板があるので利用しましょう。
    基本的には、普通の友達を募集するツールとして利用されているので、通話友達や暇つぶし相手を探す女性の書き込みが多いです。
    しかし、仲を深めれば一緒に合うようになり、さらに仲を深めることで体の関係に持って行くことは難しくありません。

    セフレを作りにくいSNS

    逆にセフレが作りにくいと言われているSNSもあるので紹介しておきましょう。

    セフレ作りをしようと思っていない人であっても「納得」といった声が聞こえますが、なぜセフレにしにくいSNSなのかをそれぞれ説明していきたいと思います。

    Instagram

    芸能人や海外セレブではInstagramを使っていない人を数えた方が早いのではないかと思うくらい、著名人にも愛用者が多いSNSといえばInstagramですよね。
    Twitterと同様、無料で複数アカウントを作れて誰にでもDMを送ることができるといった、一見セフレ作りに向いている感じがします。
    しかし、Instagramを利用しているかたならおわかりでしょう。
    Instagramは「映え」といった言葉を生み出すほど、それぞれのユーザーが最高の一枚をアップするのが売りのSNS。
    スペシャルな写真に対してフォロワーやその他のユーザーがコメントするのがInstagramの一般的なやり方ですよね。
    自分のアカウントで写真をアップして「セフレ募集中だよ!」なんてアップする女性はほぼいません。
    もし、セフレ募集をInstagramで堂々とする女性がいたとしても、コメントは公開されてしまうため気軽に連絡することはできませんよね。
    そのため、Instagramはセフレ作りには向いていないといえます。

    Facebook

    一世を風靡したSNSといえばFacebookでしょう。
    Facebookの誕生までをハリウッドでは映画にもしていましたよね。
    そして、オスカーにもノミネートされるなど、その時点でFacebookについて多くの人が知っていたのに、映画をきっかけに益々多くの人に認知されるようになったSNSです。

    海外では既に20年近く前から徐々に利用されていましたが、日本では5年以上も遅れてFacebookが入ってきたため、いまだに日本でのFacebook利用者は多く、セフレ作りには向いているような気もしますよね。
    しかし、Facebookは決してセフレ作りには向いていません。

    Facebookで自分のページのタイムラインにセフレを募集すれば、「友達」は全員あなたの投稿をチェックすることができ、「どうしちゃったの?」となるでしょう。
    また、どこかのグループに参加して、そこで「セフレ募集」といったコメントを返してしまうと、グループのやり取りは基本的には全員公開になっていますから、あなたがコメントした内容があなたの「友達」に見られてしまい、またしても「どうしちゃったの?」と知り合いは思うわけです。
    気軽にセフレ募集をできないのがFacebook。

    もちろん、「友達」にセフレ募集していることがバレても良いのであれば利用することは問題ありません。
    しかし、あなたの投稿に対してコメントを返してくれる人はほぼいないと思っておいた方が良いでしょう。
    つまり、どちらにしてもセフレ作りには向いていないSNSなのです。

    ピンタレスト

    いまいちブレイクしきれていないSNSといっても良いSNSがピンタレストです。
    アメリカでの利用者もある程度いるものの、FacebookやInstagramのような圧倒的な強さは見せていません。
    しかし、ピンタレストを知っている人は多く、ピンタレストに「とりあえず」登録している人も多いです。

    だからこそ、ピンタレストもセフレに使えると考えたそこのあなた!
    ピンタレストはセフレ作りには向いていません。
    そもそも、ピンタレストは自分の好きな写真や画像をあなた自身のみが使用できるコルクボードにピン止めしたものをシェアできるといったサービス。
    要は、Instagramと同じような感じなのです。
    2つの違いは、インスタグラムがあなた自身の撮影した写真をアップするSNSであるのに対して、ピンタレストはネット上で見つけた画像や写真をアップすることがメイン。

    といっても、使い方は同じようなものなのでセフレ作りをするには向いていないことはイメージできますよね。
    あなたと相手のふたりだけでなく、他の人たちにも堂々とセフレ作りをしていることがバレてしまうSNSなので、やはり、セフレ作りには向いていないSNSといえます。

    セフレ作りをSNSでするメリット

    セフレ作りをSNSですることでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

    編集部
    最初に言っておくと、セフレ探しをSNSですることはメリットよりもデメリットの方が多いです。セフレ探しをSNSでするデメリットについては後述する『セフレ探しをSNSでするのはとてもリスキー!その理由は?』でチェックしてくださいね!

    デメリットが多いことを踏まえた上でセフレ作りをSNSでするメリットは次のポイント。

    • 無料で利用できる
    • 情報をシェアしやすい
    • 返信が早い

    それでは、それぞれのポイントについて見ていきましょう。

    出会いは無料です!

    SNSを使ってセフレ探しをする最大のメリットは何といっても無料でセフレ相手を作れること。
    出会い系サイトやマッチングアプリを使ってもセフレを探すことはできますが、基本的に男性は有料なので利用を躊躇してしまいますよね。
    ところが、SNSであれば基本的にはユーザーすべてが無料で利用できるため、無料でセフレ相手と出会うことができるのです。
    お得さ重視のかたにはぴったりともいえる出会い方ですよね。

    情報をシェアしやすいから出会える

    特に、SNSの中でもセフレ作りに利用されているSNSであるTwitterは、同じ目的を持ったユーザー同士がフォローしあっているといった特徴があります。
    そのため、セフレ募集のツイートをした異性を見つけた際には、すぐに「仲間たち」にリツイートで情報を共有し、リツイートされた情報が「仲間」内でシェアされます。
    複数のユーザーの間で間接的に協力してセフレを探せるチャンスがあるので、セフレを作りやすいと言えます。

    返信がスピーディーだからすぐ出会いにつながる

    特に、Twitterは、基本的にアカウントを持っていない非登録者でも公開されているツイートを見ることができます。
    また、フォロワー数が多ければそれだけツイートの拡散されるスピードは早いので、レスが早いといったメリットがあり、セフレ募集に対してコメントやDMを送ることで相手からすぐに返信が来て、セフレを「見つけた」当日にセックスできることも少なくありません。

    セフレ作りをSNSでする際の流れ

    セフレをSNSで作る際にはどんな利用の流れになっているのかを見ていきましょう。
    ここではTwitterを利用したセフレ作りの流れを紹介します。

    編集部
    Twitterを使ったセフレの作り方には2つの方法があるのでどちらも見ていきましょう。

    検索機能を使う

    STEP
    SNSに登録する

    まずは、Twitterに登録してアカウントを作成しましょう。
    ここでポイントとなるのが、登録して直後はあなたへのフォロワーは誰もいないので、フォロワーゼロの状態では女性に警戒されやすいので、ある程度フォロワーが持てるよう、最初のうちは頻繁にツイートしましょう。

    STEP
    ワード検索する

    「GS(グループセックス)」や「NN(生中出し)」や「AF(アナルファック)」といったセフレ募集の際によく利用される隠語を入力してワード検索しましょう。
    「セフレ募集」とは堂々と描くことはありませんので気を付けてくださいね。

    STEP
    気になるツイートにDMする

    気になったセフレ募集のツイートをしている女性へDMを送ります。
    「ツイートが気になりました。僕も軽いノリで付き合える女性に興味があります。」といった感じで、最初は丁寧な口調で文章を書きましょう。
    いきなりなれなれしい口調でメッセージを送られても相手にされないので要注意です。

    STEP
    待ち合わせ日時を決める

    お互いに何度かメッセージを繰り返して会ってみたいなとなった場合、待ち合わせ場所や日時を決めます。

    STEP
    待ち合わせ場所へ行く

    待ち合わせ場所へ当日行きますが、女性は最初警戒するので男性が先に待ち合わせ場所へ行って女性を待っていることが鉄則です。
    もし、見た目やちょっと喋った感じで合わないと感じたらその場で、もしくはホテルへ行く前に「ごめん、ちょっと思っていた感じと違った」と素直に言ってもOK。

    STEP
    ホテルへ行く

    会って初日にホテルへ行くことがほとんど。
    そこで体の相性や気が合うかをチェックし、問題なければ関係をキープできるようにしていくだけです。

    女性のツイートに目をつける

    STEP
    SNSに登録する

    まずは、Twitterに登録してアカウントを作成することは当然のことですよね。

    STEP
    好みのグループに参加する

    あなたの趣味や嗜好に合ったグループを見つけて参加しましょう。

    STEP
    グループ内でめぼしい女性を見つける

    グループ内でめぼしい女性を見つけたら、彼女のツイートには頻繁にコメントし、慣れてきたころにDMを送ります。
    DMでもある程度メッセージを繰り返したところで「今度会ってみませんか?」といった感じで声を書けます。

    STEP
    待ち合わせ場所を決める

    お互いに会うことがOKであれば待ち合わせ場所や日時を決めていきます。

    STEP
    待ち合わせ場所へ行く

    待ち合わせ場所へ当日行き、無事会うことができたらOK。
    もちろん、見た目や一瞬にして「これは無理だ」と感じたらその場で、「ごめん」と言ってもOK。
    交通費くらい渡してあげると紳士的かもしれませんね。

    STEP
    ホテルへ行く

    会って初日にホテルへ行くことがほとんどなのもTwitterを使った別の方法で出会った場合と同じ一緒。
    そこで体の相性や気が合うかをチェックします。
    問題なければ関係をキープできるようにしましょう。
    セフレは平均すると、2,3年はうまくいけば続くので、「フィットした!」と思ったら続ける努力をすることが先決です。

    セフレ探しをSNSでするのはとてもリスキー!その理由は?

    SNSを使ってセフレを作ることはできますし、あえて他の出会い方を利用せずSNSを使ってセフレを作るメリットもあります。
    しかし、SNSを使ってセフレを作ることはハッキリ言っておすすめできません。
    なぜならリスキーだから。
    では、なぜSNSを使ってセフレを作ることはリスキーなのか理由を見ていきましょう。

    詐欺に遭うことがある

    じつは、SNSを利用してセフレ探しをすると、詐欺にあってしまう可能性がとても高いのです。
    詐欺の方法には次のような種類があります。

    • 美人局
    • 誘導詐欺

    それでは、各詐欺のやり口について詳しく紹介していきましょう。

    美人局

    たまに「美人局」といった言葉を耳にすることはありませんか。
    簡単に言うと、女性を使って脅しや恐喝、詐欺行為をすることで、特に美人局はTwitterでよく使われる手口。

    編集部
    一体どのようにしてSNSを使って美人局の手口を使った詐欺を行うのかを見ていきましょう。

    まずは、セフレを希望する女性の偽アカウントを作成して、男性とコンタクトを取ります。
    コンタクトを男性と会う約束をつけ、実際に男性が待ち合わせ場所へ行ってみると、待ち伏せをしていた他の男性がやってきて、言いがかりをつけられ脅されるパターンが多め。
    以前は女性の彼氏や夫を装って脅してくるパターンが多かったのですが、実際には彼氏や夫ではないため、嘘だとバレると脅した側が不利にになってしまいりますよね。
    そのため、最近では自分がどの立場かを名乗らず、「裁判に発展したくないなら金を払え」といった脅しが増えています。
    また、美人局は待ち合わせ場所へ行くと、女性だけでなく男性が後からやってくるパターンが多いことも覚えておいてくださいね。

    誘導詐欺

    誘導詐欺とは、SNS内で知り合った女性とLINE交換をした後に別の悪質なサイトやアプリに誘導され、最終的に高額料金を請求されるといった詐欺の手口です。
    誘導詐欺の具体的な手口について見ていきましょう。
    まずは、「偽の女性」から男性にSNS上で声をかけて連絡を取り合います。

    「Twitterはもうやめるから別の連絡先を使って今度から連絡をとりたい」、もしくは「今度はこっちの連絡先から連絡をしてほしいなあ」といったメッセージで悪質サイトに男性を誘導するのが主なパターンです。

    誘導詐欺にひっかかってしまうと、当然有料です。
    一度登録してしまうと迷惑メールがひっきりなしに届くようになり、毎回携帯を見るたびに膨大な迷惑メールがあることでイライラすることになってしまいます。

    しかし、誘導詐欺を行っている業者かどうかは比較的簡単に判断することができますので次の特徴を押さえておきましょう。

    • レスが早すぎる
    • メッセージが長文でつじつまがあっていないことがある
    • すぐにLINE交換しようとする

    業者は少しでも多くのSNSユーザーを誘導することが仕事であるため、最初から返信メール用のテンプレが用意されています。
    テンプレを使えば長文であっても即レスも簡単ですよね。

    しかし、テンプレなのであなたが送っているメールに対しての返信につじつまが合っていないことも多々あります。
    そして、業者側もサイトパトロールを強化している出会い系サイト内でやり取りするよりも、個人で利用しいているLINEの連絡先を交換した方が安全でひっかけやすいです。

    そのため、やたらとLINE交換をせかしてくれるので、こういったタイプの「女性」にも注意しましょう。

    犯罪に知らないうちに加担していることがある

    そもそも、出会い系サイトのようにSNSは年齢確認を行っていません。
    なぜなら、何歳であっても自由に利用することができるツールだから。
    未成年だって普通に利用することができます。

    また、アカウントを持っていない非登録者であってもTwitterの場合、誰かが投稿したツイートを見ることは可能です。

    編集部
    つまり、不特定多数の人にツイートを見られる可能性は高く、ツイートを見た人の中には警察や犯罪集団が含まれていることもありますし、もしかしたらツイートしている女性の両親や知り合いが見ていることもあるでしょう。

    ここまで説明したら気づいたかたも多いはず。
    SNSを使ってセフレを探すと、未成年と知らずに未成年をセフレにしてしまったといったことが起こってしまうのです。
    未成年と性行為を行った場合、次のような法律に引っかかってしまいます。

    • 児童売春・児童ポルノ処罰法
    • 児童福祉法
    • 淫行条例
    • 略取・誘拐罪

    あなた自身はただ「セフレが欲しくてセフレを見つけた」だけかもしれませんが、じつはセフレとなった女性が未成年である可能性はSNSの場合少なくないのです。

    未成年と性行為をしたら違法だと知っていても、相手が未成年と知らなければ知らず知らずのうちに罪を犯してしまい、警察のお世話になることになってしまいます。

    SNSを使ったセフレ作りは、知らず知らずのうちに犯罪に巻き込まれてしまうケースは少なくないので非常に危険なのです。

    性病に感染する可能性がある

    SNSに限らず、出会い系サイトでセフレを募集する女性は今までにも、そして現在も複数のセフレがいることも考えられます。
    多数の異性とセックスをしていれば性病に感染するリスクは高くなることは想像に難くありませんよね。
    SNSでセフレを募集すると、かなり女性にとっては有利です。

    募集すれば多数の男性から声をかけられるので、一度に複数の男性にセフレ交渉している可能性は高め。
    そんな女性とセックスすれば、当然ながらあなたにも性病がうつる可能性は低くありません。

    また、性病だけでなくHIVに感染することもあります。
    そうなれば、命の危険も出てくることは頭に入れておきましょう。

    競争率が高い

    出会い系サイトもマッチングアプリも、ほぼすべてが男性は有料設定になっていますよね。
    特に、出会い系サイトはポイント制であることがほとんどですから、定額制とは異なり、使えば使った分だけ出費がかさむシステム。
    これは男性にとってはかなりイタイことですよね。

    しかし、出会い系サイトでは通常1回メッセージを送るのに50円前後発生しますが、SNSでセフレ作りをすればメッセージは無料で送り放題。
    お金のことを心配する必要なく、安心して相手にメッセージを送ることができますよね。

    だからこそ、無料を狙った男性たちがSNSには集まってきてセフレ募集をしている女性に群がるのです。
    一人の女性に対しての競争率がかなり高くなってしまうため、なかなかお目当てのセフレを見つけられないといったデメリットがあります。

    アカウントが永久凍結する可能性がある

    SNSでセフレを作ることが多くの人の間で行われていることはサイトパトロールも承知しています。
    ネット社会となり、SNSは世界中で多くの人々にシェアされていることからパトロールもかなり厳しめ。

    サイトパトロールや運営側にSNSでセフレ作りをしていることがバレたら、アカウントが永久凍結となってしまうリスクがあります。
    凍結したアカウントは削除できず、そのままの状態でサイトに残ってしまうため、まさに公開処刑状態となるので注意しましょう。

    セフレを作るなら出会い系サイト!おすすめの出会い系サイト3選

    セフレ作りにSNSはよく利用されますが、おすすめはできないツールです。
    そんなSNSに代わってセフレ作りに向いているのが出会い系サイト。

    編集部
    セフレ作りに向いている出会い系サイトを3つピックアップしてみました。

    ワクワクメール

    ワクワクメール
    画像引用:https://550909.com/

    やはり、ワクワクメールはセフレ探しには欠かせない出会い系サイトの王者。
    むしろ、セフレ探し=ワクワクメールといっても過言ではありません。
    無料でプロフィールをチェックできるため、セフレ目的の女性はプロフィールを見れば簡単に見わけられます。
    ワクワクメールはセフレアプリと言われているだけあって、セフレを目的とした女性も多く、セフレ求める男性ユーザーも少なくなく、まさにセフレアプリと言える出会い系サイトなのです。

    PCMAX

    PCMAX
    画像引用:https://pcmax.jp/

    PCMAXといえば、男女ユーザー共に体の関係を目的としたかたが多いことで知られています。
    要は、アダルトな目的ならPCMAXは欠かせない出会い系サイトというわけです。
    他の出会い系サイトとPCMAXが異なる点は、基本的に出会い系サイトには10~20代のかたが多く登録していますが、PCMAXは30~40代の男女の比率が高く、若い女性との援交だけでなく熟女系セフレとも出会いやすくなっています。

    ハッピーメール

    ハッピーメール

    ハッピーメールは、累計会員数は2,500万人以上と、名実ともに国内最大出会い系サイトです。
    それだけの会員数がいるため、利用年齢層が幅広く、年下や自分の年齢に合った女性、もしくは熟女をセフレにしたい人にも利用しやすい出会い系サイトとなっています

    SNSでセフレ作りは危険!出会いたいなら出会い系サイトを利用しよう!

    SNSでセフレ作りは簡単にできるでしょう。
    しかし、紹介したようにリスクの方がはるかに高いので利用はおすすめできません。
    もし、セフレ作りをしたいとなった場合、SNSではなく出会い系サイトの利用をおすすめします。
    お金はかかりますが、安全性に富んでおり、未成年にあたるといったこともなく、セフレ目的の女性を最初から狙えるので時間の無駄なく出会うことができるのでおすすめです。
    ただし、セフレを作る際には注意点を考慮した上で出会い系サイトを利用しましょう。

    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる