我慢しなくても大丈夫!妊娠中にエッチするときにおすすめの体位と注意点

我慢しなくても大丈夫!妊娠中にエッチするときにおすすめの体位と注意点
妊娠中も、夫婦でラブラブなエッチがしたい!と思いますよね。
でもお腹の赤ちゃんに何か影響が出るんじゃないか?奥さんの体調が悪くなったらどうしよう・・と思うとちょっと心配ですよね。
何かトラブルが起こると困るから出産するまで我慢しよう、と思ってしまう人が多いのではないでしょうか。。

そこで妊娠中でも安心して出来る体位と、エッチする時の注意点について調べてみました。
これを参考にして、妊娠中でも楽しいセックスライフを過ごして下さいね。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年07月26日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

おすすめの体位

挿入すると、赤ちゃんに影響があるのでは?と心配になる男性も多い事でしょう。
でも赤ちゃんは子宮の中で羊水に守られた状態になっていますから、挿入で赤ちゃんに直接傷を与える事はありません。

体位については、妊婦さんのお腹に負担がかからない態勢をとるように心がけましょう。
たとえば、妊婦さんが旦那さんの身体の上に乗る騎乗位や、二人とも横向きに寝て後ろから挿入してもらうのが負担のかかりにくい体位といえるでしょう。

エッチをする時の注意点

妊娠中のエッチでは「お腹を圧迫しない」「深く挿入しない」「妊婦さんの身体を冷やさない」という点に注意しましょう。
深く挿入する激しいエッチや、旦那さんが妊婦さんのお腹に体重をかけるような体位は厳禁ですよ。

そして行為中にお腹が張ったらすぐにストップしましょう。
お腹が張りやすくなると、切迫早産や切迫流産のリスクが高まるからです。

清潔な状態で行いコンドームを使用する

エッチをする時は必ずシャワーを浴びて、身体を清潔な状態にしてから行いましょう。
そして挿入時には必ずコンドームを使用して下さい。

なぜなら精液に含まれる成分の影響で、子宮の収縮が起こる可能性があるからです。
また精液には様々な細菌が含まれているので、それが原因で絨毛膜羊膜炎という炎症になる事もあるからです。

妊娠中だからコンドームは必要ないと考えるのではなく、むしろ妊娠中だからこそコンドームが必要と思って下さいね。

また、妊婦さんの乳首を刺激しないように気をつけましょう。
乳首への刺激は子宮の収縮を促すといわれているからです。

妊娠初期と後期、臨月には注意すること

妊娠初期は流産の可能性が高い時期なので、エッチは出来るだけ我慢した方が良いでしょう。
また、妊娠後期も早産のリスクが高まるので激しい挿入は絶対に避けましょう。
そして臨月に入ると破水や陣痛を引き起こす可能性が高くなるので、エッチをするのはやめましょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる