思わずニヤける!飲み会で男心をくすぐるボディータッチをさりげなくするコツ・7選

思わずニヤける!飲み会で男心をくすぐるボディータッチをさりげなくするコツ・7選

合コンや飲み会に参加することはあるけれど
男性からアプローチされる機会が少ないなと思うことありませんか?

もしくは自分の気が無い人からは好意を抱かれるのに、
お目当ての人とは中々そうはならないということありませんか?

ここでは思わずニヤける!飲み会で男心をくすぐる
ボディータッチをさりげなくするコツ・7選についてお話していきたいと思います。

不特定多数はNG

ボディータッチは効果的でもありますが、反面逆効果となってしまうこともあります。

基本的にはライトなボディータッチが好まれます。

腕を組む、手を握るといった少し踏み入ったボディータッチを嫌う男性は多く、
また計算高い、あざとい、ヤリマンという印象を与えやすいようです。

また特定の男性にのみ行うのは良いですが、不特定多数となると男性からの評価は一気に落ちます。

ですから、お目当ての男性に的を絞るか、落とせそうな人にするのかは個々人の判断ですが、
ターゲットは1人にしておきましょう。

腕を組む、手を握るようなボディータッチを否定したような表現をしていますが、
手順を間違わなければ最終的に腕を組んだり、手を握ることは決してNGというわけではありません。

脈ありか無しかを判断した上で、次第にエスカレートしていく形が無難でしょう。

軽く叩く

最も難易度の低いものとすればこれになると思います。

話をしていて「またまた~(笑)」「冗談でしょ~(笑)」など、
笑いの場において、軽くパシっと叩く程度のものでしたら受け入れないという男性はそういません。

ここでどの程度までボディータッチができるか確認しておくことが必要です。

嫌がる素振りがあるようでしたら、ここまでで止めておいた方が良いかもしれません。

むしろ会話の中での軽く叩くことがすんなり行えているようであれば、次のステップに進んでも良いでしょう。

グラスの受け渡し

これは少しテクニックのいるものになるかもしれません。

理由としては、わざとらしくなってしまうとあざとさが目立ってしまう可能性があるからです。

だったらやらない方がいいのでは?

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、偶然手が触れちゃったというのは意外と効果的です。

この「偶然」がポイントとなるので、
さりげなく受け取るふりをして手が触れた段階で少し驚きすぐ誤るのが良いでしょう。

足でつんつん

座敷の場合はちょっと難しいかもしれませんが、この足でつんつんには2つの効果があります。

1つは周囲に知られたくないというもの、もう1つは次のステップに使えることです。

周囲に知られたくない=自分にだけという特別意識を植えさせることができるため有効です。

次のステップに使えるのは、足でつんつんして終わりではなくつながっていますので、次の項にてお話します。

こそこそ話

自然なボディータッチにこそこそ話があります。

男性の肩に手を置き、相手の耳元にもう片方の手を添えてこそこそ…。

足でつんつんだけで終わってしまっては意味がありません。

男性にしても「何?」「なんなの?」で終わってしまい、
中には不快に思わせてしまう可能性もあるので、このこそこそ話につなげてみましょう。

最初に「足でつついてごめんね」などのフォローは必要かもしれません。

話の内容は何でも構いません。

できるなら「私にも可能性ってあるかな?(照)」くらいのことが言えれば上出来かもしれません。

手を握る

上記の質問で脈無しの場合は除きますが、脈ありの場合はこっそりと手を握ってもいいでしょう。

その際、ただ手を握るだけでなく、軽く2回程度ギュッギュッとしてみて下さい。

男性の方からも同じように2回程度ギュッギュッと
握り返してきてくれたのでしたらほぼ100%イケると思って良いかもしれません。

その際の男性の顔は平然を装うとしていながらもどこかニヤニヤしてしまっていることが多いです。

腕を組む

これはその場の雰囲気によってにした方が賢明です。

特に上記の手を握るの段階でほぼ確約を得ているような状態ですから、
わざわざ腕を組むような行為をする必要はありません。

むしろ周りから批判的な目で見られてしまう可能性があります。

お酒の席で、冗談半分で甘える仕草として利用するのは良いかもしれません。

女友達同士でしたらいろんなコンタクトは取れるかもしれませんが、
相手男性陣にはそれがわからない場合もありますので、自分にはアプローチしないでねとい合図になります。

他の男性からアプローチを仕掛けられた際、かわすのに利用するのも良いでしょう。

まとめ

1番初めに述べたことを念頭に置きながら順序だてて行うことが出来れば、
もし相手男性にとって好みでなかった場合でも、傷は浅く済みます。

意中の男性に気をってもらうに越したことはありませんが、
ハイリスクハイリターンではギャンブルのようなものです。

上記手順でしたら、少なくともハイリスクハイリターンということだけは回避できると思います。

皆さんもローリスクハイリターンが良いとは思いませんか?

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる