あなたは大丈夫?「恋愛依存症」オンナの条件

1439782057209911
自分が相手に依存しているかどうかは分かりにくいものです。

しかし気付かない内に「恋愛依存症」になってしまうと、
恋愛そのものが上手くいかなくなりますし、自らも苦しむことになるのです。

今回は、そんな恋愛依存症になりやすい女性の条件をご紹介しますので、
当てはまる項目がないか確認しながら読んでみてください。

彼が居ないと時間を持て余してしまう

彼との時間だけが自分の「忙しい時間」という方は、依存症傾向が強いです。
1人では時間を過ごすことができない、楽しむことが出来ない。

また、友達を誘うという考えが及ばないときも依存度が高いといえるかもしれません。
彼が全てになってしまう恐れがあるため、恋愛依存症女性の条件に該当します。

何でも言いなりになってしまう

急な呼び出しにも応じてしまう・本当は疲れているのに出かけてしまう・夜中の訪問でも受け入れてしまう。
そのような場合においても恋愛依存症である可能性が高いです。

彼に嫌われたくないという気持ちが強すぎてしまうと、ついつい全てを受け入れてしまいがちです。
自らの意思を抑えこみ、このような行動をとっていると、自分を見失ってしまう場合もあるようです。

彼の行動は全て知りたい

ほとんどの女性が好きな人のことを知りたいと思っているでしょう。

それはごくごく普通のことなのですが、度が過ぎて恋愛依存症になる女性は、
彼のスマホなどをすべてチェックし、彼のことをすべて知ろうとするのです。

こうなってしまうとかなりの依存度があると言えるでしょう。

拘束したい気持ちが強い

連絡を入れたのに連絡が遅い、すぐに返信してくれないと我慢できずにカッとなってしまう、または不安になってしまう。そのような気持ちになってしまうという方も依存傾向があるといえるでしょう。

仕事や急な接待など仕方のないことだと納得できない場合、恋愛依存症の兆しであると思われます。
少しのヤキモチであれば可愛いですが、過度になるとトラブルの原因となりますので注意したいところです。

恋愛依存症にはご注意を

自らの生活が不能となり、恋愛においても苦しいことばかりとなってしまうことが多い恋愛依存症。
くれぐれもこのような事態に陥らないようにしたいものです。

また、そのような傾向が少しでもある場合は、自らのコントロールをしていきましょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる