MENU

    セフレ関係をやめるきっかけ作りと終わらせる駆け引きの仕方5パターン

    【都合のいい女】片思い中の彼との曖昧なセフレ関係をやめるきっかけ作り

    女性の方の中には、ある男性に片思いを続けているという方もいらっしゃるでしょう。

    片思いともなると、やはりお付き合いまでたどり着きたいという気持ちも強く、
    このことからどうしても嫌われたくないなどという考えを持ちやすいものです。

    ですから、こうした女性の中には、都合の良い関係に気がつけば陥っているというケースもあるのです。

    曖昧な関係をだらだらと続けてしまっていたり、
    場合によってはセフレ関係に甘んじているというケースもあります。

    では、こうした関係を解消するために出来るきっかけ作りというものはあるのでしょうか。

    セフレが作れるセフレ募集ランキング
    ※2022年10月06日更新
    スクロールできます
    順位1位2位3位
    【優良】
    セフレ募集
    サイト
    ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
    運営歴20年以上15年以上20年以上
    会員人数2,500万人1,500万人600万人
    登録料無料無料無料
    出会えた確率74.5%71.3%68.8%
    編集部
    オススメ度
    鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
    詳細[R18]
    ハピメはこちらセフレ募集なら♪
    PCMAXはこちら幅広い年齢層
    Jメールはこちら絶賛人妻登録中
    公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
    目次

    身体的関係を持たないこと

    身体的な関係を要求されたとき、片思いであればついつい許してしまうなどということもあるかもしれません。

    しかし、これが都合の良い関係を築いてしまう第一歩ともなりかねません。
    はっきりとした交際がスタートするまで・区切りが出来るまでは身体的な関係は持たないようにしましょう。

    「軽い女」などと思われないようにするためにもこれは大切な意識なのです。

    断りにくいなどという方もまたいらっしゃるかもしれませんが、
    はっきりと意思を伝える意識を持つようにしましょう。

    恋愛の意思を伝えること

    告白となると、なかなか切り出しにくいという点もあるかもしれません。

    ですから、真面目な恋愛をしたい・男性とはしっかりとした交際をしたい
    などという部分について話をするのも良いでしょう。

    こうした考えを持っているという事を伝えることによって、
    相手の男性もまた真剣に付き合い方を考えるという事もあるようなのです。

    セフレ関係を抜け出したいという場合にもこのような話を取り入れてみるというのもまた良いことでしょう。

    相手に合わせすぎない

    片思いであれば、相手の意思にあわせたくなるものです。
    そのことで「良い女」だと思われたいなどという意識も若干はあるかもしれません。

    しかし、これは逆効果になってしまう可能性も高いのです。

    何でもあわせてしまうことによって、
    都合のいい女となってしまったりセフレになってしまったりという事も十分に考えられます。

    男性にとっての「イエスマン」になりすぎないという意識も重要なのです。

    家庭的な部分をアピールする

    セフレ関係から脱するための1つの方法として、家庭的部分を見せるということもあります。
    男性は家庭的な女性に対して真剣に考えやすいという事もあります。

    時には手作りの料理やお菓子などを持参したりというのもまた良いアピールとなってくれることでしょう。

    安易に家に上げないこと

    セフレ関係に陥ってしまう原因の1つに、すぐに家に招き入れてしまうということもあります。
    また、都合のいい女という部分からみても、女性の部屋をホテル代わりにしやすいなどという事も考えられます。

    このことから、いくら困っているそぶりを見せられても安易に家に上げないことも重要なのです。
    どんなに好きであっても「一線を持つ」という意識が本命の女性になるポイントでもあるのです。

    下手に出過ぎない

    男性に不愉快な思いを抱かせてしまったらなどという不安感から、
    つい下手に出てしまうことが多いという女性も少なくないでしょう。

    これもまた、気遣いの1つなのかもしれませんが
    あまり下手に出すぎてしまうというのも曖昧な関係を作る要因ともなるのです。

    あくまで「対等」の意識を持つことが大切です。
    「少し強めに言えば従ってくれるだろう」などという考えを男性側にもたれないようにしてください。

    好きと言い過ぎない

    意外かもしれませんが、あまり好きと言い過ぎてしまったりそうした態度を見せすぎることで、
    男性からすると「何をしても・どのような態度をとっても許してもらえる」と考えがちなのです。

    このことから、知らず知らずのうちにセフレになっているなどというケースも考えられます。

    ですから、あまり一方的に恋愛感情のアピールをしすぎない
    程よいアピールというものを考えるようにすると良いでしょう。

    母性的になりすぎないこと

    好きな人が出来ると女性の多くは、その母性が出てしまうという方も少なくないでしょう。
    これは、ある意味自然なことでもあるのですが都合のいい女となってしまう可能性もあります。

    かいがいしさもまた女性的で魅力的ではありますが、
    あまり男性に対して手を出しすぎないということも重要になってくるのです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    意外に先のような態度をとっているという方もいらっしゃるかもしれません。

    何事も「過ぎる」と、はっきりとした関係を求めにくくなったり曖昧な関係になっていると
    気がついていても、修正することが出来なくなってしまったりということもあるようです。

    ですから、先のようなことを改めて考えてみて都合のいい女から
    脱するキッカケを作ってみるというのも良いかもしれません。

    セフレではもう嫌だ・真面目なお付き合いをしたいなどという
    悩みを抱えている女性はこれらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる