セフレに好意を寄せられた・・・関係を終わらせるときのルールとマナー

tumblr_ncq2dngetd1t61826o1_500
身体だけの関係。そう割り切って付き合うのがセフレという関係です。
しかしながら、そのセフレに好意をもたれてしまうという可能性も充分にあるのです。
もし、そのように好意を持たれてしまったときにどのように関係を終わらせることが良いのでしょうか。
ここでルール マナーなどについて触れていきたいと思います。

実質的な距離を作ること

最初に多くの人が取り入れやすいものが、「実質的な距離を作る」ということでしょう。
例えば、セフレとの連絡を取らないようにする・会うことを避けるなどというのが具体的な例でしょう。
好意を断ち切るというよりも「薄める」というスタンスがこれにあたります。
自然と関係を終わらせる方向へと進みやすくさせてくれますし、相手を大きく傷つけてしまう心配も少ないので活用していただけると思います。
最後、お別れするときはルール マナーを守って御礼や感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

スタンスが違うことをやんわりと話す

ストレートな方法のように思われますが「やんわり」というところがこれのポイントとなります。
セフレに対してダメだというのではなくあくまで「違う」というところをアピールすることで関係を終わらせることが出来るのではないでしょうか。
このようなスタンスですと、当初にある程度のルール マナーを設けていたという場合においても比較的に実践に移しやすいかと思います。

本命の人が出来たという理由をつける

これが事実であるか否かは別としても、真剣に向き合いたいパートナーが現れた・現れそうだというところから関係を終わらせるのがこの方法です。
セフレという関係上、そこまでは立ち入ることが出来ない状態ですので、もっともポピュラーでわかりやすい関係の終わらせ方ではないでしょうか。
その際、万が一セフレから告白のようなものを受けても「本気で好きな人がいるから」というところで大きな衝突なく断ることが出来るのではないでしょうか。
割り切った関係である以上、パーソナルな部分に関してあまり傷つけないようにするというルール マナーを掲げていらっしゃる方も少なく無いと思いますので、それらを守った形でお別れすることができるでしょう。

スムーズにお別れを

このように、なかなか切り出しにくい別れにおいてもセフレとの間においてトラブルに進展しない形で伝える方法というものはいくつかありますので、もし、今そのような状況下にいるという方は試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる