「セフレになりたい」と言ってくる性病持ちかもしれない女性の簡単な見分け方

積極的に「セフレになりたい」と言ってくる女性は要注意!性病をうつされない為のチェック項目

セフレという関係を積極的に求めてくるような女性の場合、それはあなただけではなく、
多くの男性にも同じように求めている可能性が高いわけです。

つまりは、不特定多数の男性と性交渉を持っているという証明のようなもので、あまりにトントン拍子に
セックスまで到れる女性とセックスをする場合には、性病を移されるというリスクを考慮すべきでしょう。

過去に本当に会った話では、HIVに感染したことが判明し、
どうせならばみんな道連れにしてやろうという考えを持ち、自ら男性を積極的に誘い、
性交渉を持ち、どんどんと感染させていったという男女が世の中には存在しているのです。

すぐにヤレるとかゴム無しでもOKといったような男性にとってみると
夢のような話が転がり込んできた場合には、このような性病のリスクを考慮する必要があるのです。

ここでは性病を移されないためのチェックリストを紹介していきましょう。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年10月22日更新
スクロールできます
順位1位2位3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
運営歴20年以上15年以上20年以上
会員人数2,500万人1,500万人600万人
登録料無料無料無料
出会えた確率74.5%71.3%68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
目次

最も多い感染症を覚えておく

日本人における最も多い性感染症をあなたはご存知でしょうか。

セフレを作りたいというのであればそれになりたいと思う女性の本性をしっかりと把握するべきでしょうし、
性病に掛かるリスクもしっかりと考慮したいものです。

日本人がもっとも多くかかっている性感染症はクラミジアになります。

18歳から19歳という年代を特定した場合、
実に30パーセントの女性がクラミジア感染症になっているとされているのです。

男性が感染した場合には、排尿時に痛みを感じること。
他にも尿道付近に激しい痒みが襲ってきます。

女性の場合には下腹部が痛いといった症状や、おりものが異様に多くなっている状況が挙げられます。

ただしクラミジアの場合、性器だけではなく、直腸や咽頭部に細菌があることもあるため、
アナルセックスやフェラチオだけでも感染する可能性が高く判別は難しいと言えます。

安全を期したいのであれば、S着が必須といえるでしょう。

異臭を放っていないかどうか

性病のほとんどは不潔にしているから伝染るケースがほとんどです。
性感染症というくらいですから、細菌が関連しているのは想像が就く方は多いことでしょう。
実際に細菌が繁殖していて、痒みや痛みというものを誘発しているわけですね。

人間には持って生まれた五感というものがあります。
その中でも視覚と嗅覚、味覚は大事にして下さい。

性感染症を患っている場合、視覚的には、性器が異様に腫れていたり、
プツプツとした見たこともないような湿疹のようなものができていたりするはずです。

ケジラミなどの場合には、しっかりと目を凝らしてチェックすると、
原因となっている虫が見えるわけですから、ちゃんとチェックをしたいところです。

嗅覚としては、鼻をつくような異臭がしたりしますし、
酸味を感じさせるようなニオイや、腐ったような顔を背けたくなるようなニオイを感じるはずです。

これは人間の本能として危険であるというシグナルにほかならないわけです。

その上で舌で舐めてみた結果、ビリビリとするような刺激を舌に感じたり、
吐き気を催すような味がする場合には危険だというシグナルになりますから、注意が必要だということです。

肉体の反応は素直である

前述にもある通り、人間の肉体というのは、素直に出来ています。
舌がビリビリとしているのであれば、これは口にしてはいけない危険なものであるというシグナルなのです。
肩こりや腰痛などと同じで、君は日頃から無理な姿勢や悪い姿勢、また各肉体の部位に負担を掛けている。

もしくは、その生活や体勢に耐えられないほどに
肉体が劣っているというシグナルを必ず身体は発してくれるものなのです。

この肉体のリアクションを信じて、これはちょっといつもと違うぞという感覚を持ったり、
危険だというようなシグナルを感じた時には、性欲に流されず、冷静な判断が必要になるのです。

ある意味で直感と言ってもおかしくないかもしれませんが、あなたの肉体に害を及ぼすものは、
あなたの身体が自然とその答えを導き出してくれる可能性が高いのです。

同じ性感染症を持った女性と性行為をして、一方では何もなく、
一方では性感染症に感染してしまったということがあるのは、こういったものの違いとも言えるのです。

まとめ

兎にも角にもセーフセックス、つまりはコンドームを着用してセックスに臨んでいる場合であれば、
最も怖いとされているHIVの感染も恐れることはなく、セックスに興じることが出来るということです。

目前にある快楽の誘惑に負け、取り返しのつかない事態を招くことよりも、
セックスだけの関係であるセフレであるからこそ、セーフセックスのルールを守るべきではないでしょうか。

特に初対面でセックスが簡単に出来るような出会い系などでの対面の場合には、
十分に考慮をすべき事柄であるといえるでしょう。

快楽を求め合う仲だからこそ、お互いに信頼はしたいところですし、
パートナーとは味わう事が出来ない究極の快楽を求めたいと思うのは、分からないことではありませんが、
目先の快楽に溺れ、取り返しのつかないことになってしまえば、元も子もないのです。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる