シングルマザーはセフレになりやすい!?シンママをセフレにする方法と注意点

シンママセフレ
「シンママはセフレになりやすい」
「シングルマザーをセフレにすると心身共に癒してくれる」
なんて男性はよく耳にするのではないでしょうか。
編集部
だからこそ、シンママをセフレにしたいと考えている男性は多いですよね。

では、どのようにしてシンママをセフレにすることができるのか?

おすすめのシンママセフレと出会える出会い系サイトやシンママをセフレにするコツや注意点もご紹介!シンママのセフレが欲しいかたはぜひご覧ください。
あわせて読みたい
セフレの作り方|出会い系サイトで初心者でも安全に作れる方法※2021年保存版
セフレの作り方|出会い系サイトで初心者でも安全に作れる方法※2021年保存版「セフレを作るには出会い系サイトがいいって聞いたけどどうやって使えばいいんだろう?」「本当に出会い系サイトでセフレができるのか知りたい!」セフレを探している...
セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年07月26日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

シングルマザーをセフレにする方法

シングルマザーをセフレにする方法
シングルマザーをセフレにしたい、そんな人には主に次のような方法が利用されています。

  • ナンパ
  • 社内
  • 街コン・恋活パーティー
  • 出会い系サイトやアプリ

それでは、どのようにして紹介したような方法を使ってシングルマザーのセフレと出会えるのかを見ていきましょう。

「ナンパ」でシングルマザーをセフレに

昔から手っ取り早く出会える方法として利用されているのがナンパ。
大都市の駅前や繁華街、それにクラブといった場所はナンパのメッカともいえますが、シングルマザーを狙うなら夕方のタイムセールが始まったスーパーや託児所周辺がおすすめ。
シングルマザーは一人で働いて子育てをしているので、あまり昼間の時間帯にスーパーに現れることはありません。
しかも、経済的に切り詰めた生活をしているため、タイムセールを狙ってスーパーに繰り出すことが多いのです。
また、託児所(保育園)は今や「普通の家庭」ではなかなか入園することはできません。

収入が低い家庭やシンママ・シンパパ家庭の子供達が優遇されているため、託児所から出てきたところを狙うと良いでしょう。
ただし、子供も一緒にいるのであまり大胆な行動はとることはできません。

「社内」にいるシングルマザーをセフレに

社内恋愛や社内不倫といった言葉があるように、じつは、社内でセフレを作ることもよくあるケースです。
社内であれば、どの社員が独身か既婚か、はたまたバツありかといった情報はすぐに手に入りますよね。
スーパーでのナンパのように「シンママっぽい」から口説いたもののシンママではなかったといった失敗がありません。
シンママを直接狙うことができます。

しかし、社内ですからセフレになってくれなんて直接誘うことはできませんよね。
同期の場合、一緒に飲む機会も多いので、飲み会の席で距離を縮めてプライベートで会えるようにしていき、プライベートではお酒に誘い、さらに仲を深めてホテルに自然と行けるようにしていくと良いでしょう。
ただし、シンママは子供が小さいとなかなか夜出かけることはできないので、チャンスはあまり多くありません。

「街コン・恋活パーティー」のシングルマザーをセフレに

新しい出会いの形として定着してきたのが街コンや恋活パーティーといったイベントに参加し、異性と出会う方法です。
大人気のイベントですから、趣味や年齢といったジャンル別のイベントを開催していて、シンママと出会える街コンや恋活パーティーもたくさんあります。

ただ、基本的には真剣な出会いを期待してくるシンママばかりなので、セフレにするにはちょっと時間がかかってしまいますが、婚活パーティーは友達に誘われてついてきただけといったシンママもいるので、そんな女性を狙ってみましょう。
とりあえず興味本位で婚活パーティーに来ているだけのシンママを見つけて声をかけ、まずは何とかパーティーの後も関係を続けられるようにします。

パーティー後に連絡をし合って二人で会うことになったら、後はお酒の力を借りるなりしてホテルへと連れていけば、シンママをセフレにすることも簡単です。

「出会い系サイトやアプリ」にいるシングルマザーをセフレに

今の時代は何と言っても出会い系サイトやアプリで「出会い」を探すのが主流。
恋人や結婚相手、さらには、友達はもちろんのこと、セフレを始めとした遊び目的の出会いに関しても、出会い系サイトやアプリを使って探すのが一番効率的でおすすめの方法です。

これまで紹介した方法のいずれもどこかに足を運んだり、出会うための時間を作る必要もあり、コスパもあまり良くない上にセフレを作れる確率は決して高くないどころか、確率ゼロといったパターンもあります。

しかし、出会い系サイトやアプリを使えば、暇な時にスマホやPC、タブレットを使ってセフレを探すだけです。
どこかに行く必要もなく、出会うために時間を割く必要もない、出会い系サイトやアプリには無料ポイントもあるのでコスパも良し。
しかも、出会い系サイトやアプリにはセフレ探しをしている女性が多いのですぐにセフレが見つけられる方法なので、無駄がないこともおすすめのポイントです。

編集部
出会い系サイトやアプリを利用してセフレを探せば、その日のうちにセフレと出会って待ち合わせてセックスすることだって夢ではないんです!

シンママをセフレにできる出会い系サイト5選!

シンママをセフレにしたいならどの出会い系サイトを使っても出会えるというわけではありません。
ここでは、シンママをセフレにしたい必見のシンママと出会える出会い系サイトを5つ紹介していきますよ。

PCMAX

PCMAX
シンママを探すのに一番向いている出会い系サイトが、大手出会い系サイトの一つであるPCMAXです。
PCMAXは、主婦層によく利用されている大手出会い系サイトなので、利用年齢層も30~40代と高め。
だからこそシンママユーザーも少なくありません。
恋活や婚活で利用している女性よりも圧倒的にセフレを含む遊び目的の女性の利用が多く、PCMAXを使えば、簡単にシンママセフレを見つけられるでしょう。
そんなPCMAXでセフレ探しをする場合、アダルト掲示板を利用することになります。

編集部
PCMAXだけではありませんが、アダルト掲示板には援デリ業者が多く存在するので、利用する際には援デリ業者に引っかからないよう注意して利用しましょう。
ハッピーメール

ハッピーメール
ハッピーメールは日本最大級の出会い系サイトであり、2021年の時点で累計会員数は2,500万人を突破する日本一の出会い系サイトと言っても過言ではありません。
運営歴は20年を超える出会い系サイトなので、安全対策や信頼性もばっちり。
しかも、会員数が多いため、10代もいれば、50代や60代といったシニア層のユーザーも見つかる出会い系サイトなので、シンママ遭遇率も高いです。
しかも、会員数が多いこともあり好みの女性に出会いやすいといったメリットもあります。
なかなかルックスが理想的な女性を彼女にすることは難しいですが、「セフレなら恋人にできない分理想を上げたい!」と思う男性は少なくないですよね。
そんなあなたの夢がかなうチャンスです!
毎日新規登録する人も多いので、「今日はあまりいい感じの女性を見つけられなかったな」といったことがあっても、数時間後、翌日、そして、数日後にチェックしたらタイプの女性が登録していてセフレになっているなんてこともあり得ますよ。

編集部
ハッピーメールは、気になるシンママの画像を一枚無料で必ずチェックできるので、画像をチェックするだけで新ママがどんな人なのかをイメージすることもできます。
ワクワクメール

ワクワクメール
ユーザーのほとんどが遊び目的として知られており、遊び目的ならこの出会い系サイトと言われているのが、大手出会い系サイトのワクワクメールです。
会員数は800万人程度と、他の大手出会い系サイトと比較すると少ないものの、出会える確率が97%以上と他社と比較してもダントツで高いので、出会い系サイト初心者にも利用しやすくなっていますし、もちろん、ベテランサイトユーザーならコスパ良くセフレを見つけるのにぴったりの出会い系サイトといえるでしょう。
ユーザーの年齢層は20代~40代が中心となっていて幅広く、シンママも多く登録しています。
そもそも、遊び目的として利用している男女がほとんどなので、シンママをセフレにしてもサクッとした関係が築けるのもおすすめのポイントですよ。
しかも、ワクワクメールは無料ポイントをゲットできる機会が多い出会い系サイトでもあるので、お得に利用・出会うことができます。

編集部
先ほど紹介したハッピーメールとこのワクワクメールは、出会い系サイトの中では珍しくプロフィール閲覧が無料となっているので、どんどんシンママ女性のプロフィールをチェックして理想のセフレを見つけましょう!
ミントC!Jメール

Jメール
通称JメールことミントC!Jメールは、アダルト掲示板が充実していることで知られている九州発の出会い系サイトです。
Jメールは10代や20代前半といった若い女性ユーザーが多いのも事実。
しかし、その反面じつは40代や50代といった年齢層の高いユーザーも少なくなく、様々なタイプの女性が登録することでも知られています。
たとえば、デブ専やかわいい系、人妻や主婦といった様々なジャンルの熟女たちが登録していて、シンママとも非常に出会いやすい出会い系サイトです。

結構エッチなサイトになっているので、シンママでセックスしたいといった女性も多く掲示板に書き込んでいるので、注目してみましょう。
Jメールのアダルト掲示板は夜になると秒単位でアップされるので、夜のセフレ探しは狙い目です。

また、紹介したように、Jメールは九州発の出会い系サイトなので、全国的に利用している男女は多いですが、九州のユーザーが最も多いため、九州エリアにお住まいのかたやよく行かれるかたにはおすすめですよ。

編集部
Jメールは他の出会い系サイトより少しコスパは劣るのがデメリット。ですが、ある程度仲良くなったらすぐにLINE交換すれば最低限の出費でシンママをセフレにできるので、実践して見てくださいね。
ペアーズ

ペアーズは出会い系サイトというよりもマッチングアプリなので、なかなかセフレ探しはできなさそうと思っている男性は少なくありません。
ところが、ペアーズは出会い系サイト並みにセフレ探しに向いているアプリです。

なぜなら、定額制なので、ポイント制の出会い系アプリよりも気軽に利用でき、累計会員数も1,000万人を突破しているということで出会い系サイトと肩を並べるくらいの会員数で、出会いやすさも満点。
会員数が多いということは、恋活や婚活を目的として利用しているだけでなく、遊び目的で利用しているユーザーも多いことは想像に難くありません。

ポイント制だと料金を気にしながら気になるシンママにアプローチしていかなければなりませんが、定額制ならじゃんじゃんアプローチをしたり、色々なシンママに声をかけることができますよね。

編集部
恋活や婚活を目的としたシンママの登録が多いペアーズですが、恋活と見せかけてセフレにすることもできるので、料金の心配をすることなくシンママセフレをゲットしたい男性はぜひ使ってみましょう。

シンママを出会い系サイトで落とす方法

シンママを出会い系サイトで落とす方法
シングルマザーはやはり子供がいるため、一般的にはそんなにセフレ探しに積極的になることはできませんし、セフレ探しをしていても警戒しているところがあります。
そんなシンママを出会い系サイトで落とすための方法を紹介しましょう。

誠実さと信頼性をアピールしよう!

シングルマザーをセフレにしたいなら、シンママは、最初のうちは警戒心が強くて男性に対して慎重なタイプがほとんどですが、一度関係を持てばすぐに依存する可能性が高いということを頭に入れておきましょう。
つまり、言い方は悪いですが、一度モノにしてしまえばセフレにしやすいタイプなのです。
そんなシンママをモノにするためには、誠実さと信頼性をアピールすることが一番。
誠実さと信頼性をシンママから得られれば、「この人とは一緒にいても安全かも」、「もう一度この人と会いたい」といった気持ちにシンママがなるため、セフレへの道がぐっと近づきます。
しかし、ここですぐに「セフレになってほしい」なんて言ってもダメ。
ある程度時間をかけてお互いを知り、シンママがあなたに対して気を許しているとわかったらセフレになってもらえるようアクションをかけましょう。

都合の良さをアピールする

シンママは独身女性をセフレにするよりも会い方が難しいです。
なぜなら、繰り返すように子供の都合に左右されるから。
そのため、できるだけフレキシブルに会える男性をセフレにしたいと思っています。
さらに、突然子供の予定が入ってドタキャンしても臨機応変に対応してくれる男性であれば尚更歓迎。
都合良く会えて、ドタキャンしても温かい対応ができることをシンママにアピールすれば、「この人はセフレとして付き合っていけそう」と思われやすいので高ポイントです。
フレキシブルに対応できる男性であることをシンママにアピールすれば、セフレとして早くから認められやすくなります。

一度関係を持てばキープ力は抜群!

シンママのセフレをゲットするには、誠実さをアピールして信頼を得ることが最優先ですが、信頼を得てめでたくセックスできれば、後は継続するのも簡単。
そもそも、シンママをセフレにしたいと思う男性が少ないので、シンママをセフレにしたいなら男性が圧倒的に有利なのです。
ですから、かわいくてスレンダーなセフレをゲットしやすいですし、若いシンママも多いので若くてかわいいシンママをセフレにするのは結構簡単なことでもあります。
そんなシンママは信頼を勝ち取ることでセックスに持ち込むことができますが、その後は適当にしていてもシンママから寄ってくるのでセフレ関係は自然とキープすることができるので簡単です!
ただ、適当にしっぱなしだと当然愛想をつかされたり、逆にしつこく付きまとわれたりすることもあるので、適度な連絡はしてください。
もうセフレとして付き合えないというのであれば、別れを切り出した方が女性も区切りをつけやすいです。

シンママをセフレにするメリット

シンママをセフレにするメリット
シンママをセフレにするとどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

セフレにしやすいし続けやすい

そもそも、シンママをあえてセフレにするような男性は少ないので競争率が低いです。
あえて子供がいる女性を狙う男性も少ないですし、子供がいる女性は子供を優先することは容易に想像が付くので、自由に会えないような女性をセフレには男性も選びにくいですよね。
そのため、比較的誰でも理想的なシンママをセフレにすることができるといえます。

じつは若くてかわいい女性が多い

最近は若い年齢のシンママもとても多いですよね。
シンママなのに女性としての意識も高いので、かわいさやきれいさも兼ね備わっています。
一般的に、若くてかわいい女性はセフレだけでなく、恋人としてもすぐに手がついてしまうほど人気。
しかし、若くてかわいい女性であってもシンママとなるとあまり人気はなくなってしまうのが実情です。
男性の多くがシンママの後ろにいる子供たちのことが気になってしまいますからね。
そのため、シンママを狙った場合、若くてかわいい女性に当たることが結構あります。
あなた自身も若くてかわいいシンママを狙ったわけではないのに、若くてかわいいシンママがあたるので寝耳に水、そして、「ラッキー!」としか思わざるを得ないはずです。

セックスに対して貪欲

シンママは当然ながら夫がいません。
恋人も長い間いないシンママも多いため、性欲がたまっているシンママが多いのです。
そのため、セックスに対してとても貪欲。
ただただセックスしたいと最初は思い、セックスをすることに充足感を得た後は、様々なプレイに挑戦したいと思います。
そのため、シンママをセフレにすると、常に新しいプレイが期待できるだけでなく、毎回異なるセックスで心も体も満たされることとなるでしょう。

容姿よりも内面を重視する傾向が強い

特に、自分自身のルックスに自信がない男性は少なくありませんが、シンママはあまりルックスにこだわりません。
そもそも、シンママはルックスを重視して男性を選んだ結果、結婚や恋人関係が破綻している場合が多いので、見た目よりも内面を重視する傾向が強いです。
そのため、ルックスは一般的に見たらそんなに良くない男性であっても、誠実さがシンママに伝われば選ばれる傾向は低くありません。
シンママは安心できる存在を求めています。
ただ単にルックスが良いだけでは安心して一緒にいることはできませんが、誠実さや優しさを兼ね備えた男性はセフレとして求められやすいのです。

シンママをセフレにするデメリット

シンママをセフレにするデメリット
シンママをセフレにすることでメリットは色々とありましたが、逆にデメリットもあるので見ていきましょう。

子供のスケジュールに左右される

子供がいれば子供中心の生活になります。
ある程度年齢がいっている子供たちであれば好き勝手やってもらうことはできますが、小さい子供の場合、お母さんが面倒を見てあげなければ何もできません。
そのため、シンママは子供のスケジュールに左右されることが多々あります。
子供のスケジュールも突如として変わるので、前もって会う日を計画していても、また、会いたい日に連絡してOKをもらっても会う時間ギリギリになってドタキャンされるケースも少なくありません。

深入りしたらセフレ以上を求められる可能性がある

シンママはただ単にセックスする相手を求めているわけではなく、根底には「子供たちに父親を!」と望んでいることが多いです。
そのため、あまり深入りすることはおすすめできません。
シンママに深入りしてしまうと、再婚を求められることがあるからです。
そもそも、未婚でシンママをしている女性も多いですが、圧倒的にバツありシンママが多いため、結婚には信頼性を求めることが多く、ルックスは二の次となります。
そのため、あまりシンママに深入りするようだとシンママから「この人は子供のパパに最適かもしれない」などと思われて、セフレ以上の存在として求められるので要注意です。
セフレからシンママを妻にしたいといったスタンスでシンママをセフレにするのであれば本望でしょうが、普通はそんな男性は少ないので、あまりシンママのプライベートには深い入りしないことをおすすめします。

経済的にも時間にも余裕がない

シンママは父親と母親の役割をひとりで担っていますから、経済的にも時間的にも余裕はありません。
そのため、基本的には男性側がホテル代やデート代を出すことになります。
九州男児の場合、男性がおごることを当たり前と考えている男性も多いかもしれませんが、時代が変わって男女同額制を信念としている男性も九州に限らず多いですよね。
しかし、シンママは経済的に余裕がありません。
子供が多ければ多いほど経済的な余裕はない、でも、性欲はあるから満たしたいといった女性が多いため、ホテル代やデート代を男性に頼る傾向が強いです。
思い切って「今回は私が払うよ」と、シンママから言われたとしても、「男の役目だから」などと言ってあなたから支払いを率先すると、より印象はアップしますよ。

シングルマザーをセフレにする際の注意点

シングルマザーをセフレにする際の注意点
シングルマザーをセフレにする際には普通の女性をセフレにする際よりも色々と気をつけなければなりませんので、注意点を押さえておきましょう。

避妊は必ずする

セフレの場合、どちらも妊娠を望まないことが基本であるため、避妊は絶対にすることが暗黙の了解です。
もちろん、セフレだけでなく恋人関係であっても無責任な妊娠はできないため避妊は必要ですが、セフレは特に割り切った関係であり、愛情のない二人がセックスだけをする関係なので、万が一妊娠した場合、お互いにお互いを責めてしまうでしょう。
中には結婚を決めるセフレカップルもいますが、そんなケースは稀。
ましてや、結婚に失敗している経験のあるシンママが多いので、容易に結婚はしないでしょう。
せっかくうまくいっていたセフレ関係も、妊娠によって継続することは難しくなることは目に見えていますよね。

「セフレとの間に子供ができたら中絶してもらえばよい」と思っている男性も多いでしょうし、現にセフレが妊娠した際に一番多い選択は中絶ですが、女性にとって大きなリスクがあります。
子供を失ってしまった悲しみやショックにより、二人の間に隙間ができることはもちろん、特に女性は身体共にダメージが大きいので立ち直るにはかなり時間がかかるでしょう。
そもそも、シンママは既に出産経験者。
そのため、子供を持ったことのない人が中絶をするよりもはるかに中絶に対して負い目があり、ショックも大きくなる可能性は高いです。

また、男性側が既婚者である場合、セフレの妊娠が配偶者にバレてしまい離婚となることもあります。
離婚となった場合、慰謝料や養育費の支払いが待っており、場合によっては仕事などを失う可能性もあるのでリスクは大きいです。

ですから、避妊を必ずすることは暗黙の了解。
避妊せずにセフレと関係を持つことは色々な意味でリスキーです。
そして、今まで築いてきた全てのものを失う可能性があることを常に頭の片隅にとどめておきましょう。
たとえ女性が「避妊しなくても今日は大丈夫だよ」と言ったとしても、男性は「いや、しないとだめだよ」と言ってリスクを避けましょう。

性病に感染する可能性もある

シンママをセフレにしたからといって性病にかかる可能性がないわけではありません。
特に、シンママはお金を手っ取り早く稼ぐために夜の仕事や風俗に手を出すことがあります。
風俗店では定期的に性病検査をさせていますが、毎日のように不特定多数の男性とかかわっていれば性病検査が終わった後に性病にかかった直後にあなたとセックスをすることだってあるでしょう。
そうなれば、あなたも性病に感染する可能性は高いです。
性病に感染するだけならまだマシかもしれません。
最悪の場合、不治の病であるHIVに感染して命を失ってしまう可能性があることも覚えておきましょう。

シンママの都合を優先する

シンママをセフレにするのであれば、シンママの都合を優先することを常に意識しておきましょう。
シンママは、彼女一人の都合だけで動くことはできません。
彼女の抱えている子供の数だけ予定があります。
基本的に、セフレは会いたい時だけ連絡するので、会うその日に連絡することが多いです。
しかし、シンママの場合、子供達の都合も考えて動かなければなりませんから、突然「今日会えない?」と言われても動けないことがほとんど。
万が一動けたとしても、今後もいきなり「会いたい」と言われて会うことができるかというと、非常に確率は低いでしょう。
ですから、できるだけ前もって予定を立てるようにしましょう。
ただし、前もって予定を立てても子供の体調が悪くなって急遽あえなくなってしまうといったことも十分にあり得るケースなので、シンママの都合を優先することを徹底してください。
自分の予定を重視するセフレであれば、シンママは容赦なくすぐに関係を終わろうとしますのでご注意を。

すぐに子供に会おうとしない

例えば、引退した安室奈美恵さんはシンママとして知られていますし、離婚してから何度も恋愛スキャンダルはありました。
しかし、彼女は結婚をする人でなければ恋人で会っても子供には会わせないといったポリシーがあったのです。
今、シンママをセフレにしたい男性はこの話を聞いて「え、そうなの?!簡単に子供と合わせてもらえないの?」と、子供好きなら思ったでしょう。
基本的にシンママは安室奈美恵さんのような考えを持つ方が多いです。
そのため、シンママセフレの子供に会いたいと思っている方は、会ってすぐにシンママに「子供と会わせてよ」なんて言うことはやめましょう。
その時点で多くのシンママセフレはあなたから離れていきます。
逆に、シンママセフレから「うちの子に会ってみる?」と言われた場合は、既に彼女があなたのことをセフレ以上の存在として意識している可能性が高いです。
そのため、シンママセフレをセフレ以上に考えていない男性にとっては、シンママセフレからのアプローチだと思って捉え、この先付き合う気も結婚する気もないのなら、すぐに彼女とは縁を切るべきです。

シンママをセフレにするなら出会い系サイトがおすすめ!注意点も押さえて利用しよう!

シンママをセフレにするなら出会い系サイトがおすすめ
シンママをセフレにする方法はいくつかありますが、出会い系サイトやアプリを使うのが一番効率的でコスパも良いです。
しかし、シンママといった存在は特別な存在でもあるので、出会い系サイトやアプリを使った場合ももちろん、その他の方法を使う時にもシンママをセフレにする際には紹介した注意点を押さえた上で利用しましょう。
注意点を踏まえて出会い系サイトやアプリを利用すれば失敗を防げるだけでなく、シンママたちも悪い思いをすることはありません。
そして、シンママのセフレをスピーディーに作るポイントとなるので実践してみてくださいね。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる