友達&セフレからの脱却!体だけじゃない!性格も相性が良いと思わせるコツ

友達&セフレからの脱却!体だけじゃない!性格も相性が良いと思わせるコツ

セフレとは身体の相性も重要ですが、
関係を長続きさせるために、性格面での相性も良いに越したことはないのではないでしょうか。

セフレ=体だけでつながっている友達という関係では、
異性間の愛情で満たされたい女性としてはやはり物足りないと思います。

ここでは、セフレや友達といった関係から脱却して、さらにセフレと親密になるためのポイントを紹介します。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年05月09日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 19年以上 15年以上 18年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

男性にとってのセフレの価値とは?

ただのセフレとしての関係では満足できない女性にとって、
男性側はセフレとしての自分をどう見ているのかは気になる問題でしょう。

実際には、男性がセフレにおいている価値は、何とただの友人や女友達、仕事仲間、
さらには知人よりも低いことも珍しくはありません。

女性も自分の身体を安く売っているという意味で、反省すべき点はあるかもしれませんが、
男性の正直な気持ちを知ると寂しさで一杯にならざるを得ないと思います。

残念ながら、どんなに身体の相性が良くても、
内面での相性が良くなければ擦れ違いからの自然消滅も十分にあり得ます。

長期間だらだらとセフレとして付き合えている人々は少数派で、
内面での相性がよほど合わない限りは、努力をしてキープをする姿勢が欠かせません。

女友達としての気楽な関係を目指す

セフレとして付き合い始めた理由として、恋人同士の重たい感じを避けたい
というのがお互いにあったのではないでしょうか。
親密になりすぎると、セフレとして成り立たなくなるどころかさらに距離が開いてしまうリスクがあります。

そこで、セックス以外の時はお互いにリラックスして過ごせる、
女友達としてのポジションを目指してみましょう。

相手の女性を女友達として見られれば、男性は必要以上の気遣いや好かれる努力をしなくてもいいし、
セックス以外の場面でも自然と一緒に居られる空気が生まれます。

行為の後でもすぐに帰りたいということもなく、そのまま居ても居心地の良い関係がベストですね。

対等な関係をキープする

セフレ間の対等な関係というのは、一方が他方にとって都合のいい関係になるのではなく、
お互いに納得できて満足のいく関係という意味ももちろんあります。
それに加えて、感情レベルでも好きの度合いが共通しているのが、セフレとして長続きする重要なポイントです。

どちらかの好きな気持ちが愛情に強く傾くと、セフレとしての関係を見直せざるを得ないタイミングです。
今以上の関係に発展する好機ともいえますが、その反面で二人の気持ちにずれが生じた結果、
そのまま別れるという最悪の結果になるリスクもあります。

愛情ではなく、愛着レベルに気持ちが留まっていれば、
気持ちを上手にコントロールしながら良好な関係を長く続けていける道が開けます。

人間的に好意が持てるかどうか?

セフレという関係を長続きさせるのは難しいもので、1年以上の関係をキープできればかなり良いほうでしょう。
それほど、男女間で気持ちのバランスをとるのは大変なのです。

セフレとしての関係を大事にしたいのなら、異性として好きで仕方がないというよりも、
人間的に好きという気持ちがポイントになります。

セフレからのドラマチックな関係を求めているのならまた別ですが、
長期間の縁を保つには、強烈な感情だけでは不安定な面もあります。

そのような気持ちを持てるセフレに巡りあえるまでには時間がかかるかもしれません。
今のセフレとできるだけ今の状態をキープしたいのならば、身体の相性だけでなく、
相手の内面にももっと目を向ける必要があるでしょう。

セックス以外でも二人で楽しめる時間を増やす

セフレから一歩進んだ親密さが欲しいのなら、セックス以外の二人の時間の過ごし方が大切になります。

セフレでありながらときめきが得られて満足度の高い男女は、
セックス以外でもどこかで通じ合える部分を持っています。

普段は男女関係を匂わせなくても親友のように仲が良かったり、
二人で共通したお気に入りのデートコースがある、といった具合です。

セフレのポジショニングでいえば、
「心友セフレ」、「グルメセフレ」、「元彼出戻りセフレ」といったものがそれに当たります。

セフレの関係も多様化しつつあるので、
二人で身体以外の新しい楽しみを見つけて、様々な関係性を満喫してみてはいかがでしょうか。

まとめ

セフレとしての関係が一般に短命であるのを考えると、
身体だけのつながりで長期間付き合い続けるのは、やはり困難と言っていいでしょう。

身体だけのつながりにどこか不満があるのなら、本当はどんな付き合いを望んでいるのか?
相手に自分をどう見てほしいのか?といった素直な気持ちに、いったん向き合ってみてください。

セフレとしてキープし続けたいにしても、今より関係を違ったものに変えていきたいにしても、
相手に自分の気持ちを打ち明けたり、気持ちに応じた努力をしなければば望む通りにはなりません。
セフレから脱却したい気持ちがあるなら、身体以外にも目を向けていきましょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる