ついズルズル・・・女性からセフレとの関係を切る時にするべき5つの行動

ついズルズル・・・女性からセフレとの関係を切る時にするべき5つの行動

セフレとの関係を疑問視しているですとか、不本意ながらも結局はセフレ関係を続けてしまっている・・・。
そのような女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

ズルズルとした関係は嫌だと思いつつも、
それを終わらせるキッカケが見当たらないという方もまたいらっしゃるかもしれません。

しかし、先のように考えているのでしたらまずはアクションをおこしていくことが大切となります。
ここで、セフレとの関係を切るために自分自身ができる行動について考えてみたいと思います。

セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年07月26日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

身体的関係はもう持たない

本気で終わらせたいと考えているのでしたら、
セフレの主たる目的である身体的な関係を断ち切ることが一番の近道といえるでしょう。

連絡などを入れて「これ以上身体的な関係は持ちたくない」ということを言うのも、
躊躇しているという方であっても比較的に切り出しやすいのではないでしょうか。

長く続いているセフレ関係であるほどに、こうした言葉を言いにくいという
女性の方もいらっしゃるとは思いますが、まずは根源を断ち切るという意識を持つようにしてください。

自分からは連絡を入れない

セフレ関係を続けている女性の中には、つい寂しくて連絡を入れてしまうなどという場合もあるかもしれません。

セフレは望んでいないけれど、一人でいることに強い孤独感を覚える
などというタイプであればこのような行動を取ることもあるでしょう。

これが男性からすると、まだセフレとしての関係を続けていても問題ない・お互いに納得しあった
関係なのだという意識を持たせてしまうことになってしまいます。

ですから、自分から連絡を入れないということで
「身体的関係は求めていない」という意思表示を行ってみましょう。

いきなりストレートに切り出せないなどという方にもおこしていただきやすい行動かと思います。

「いいよ」という自分を辞める

ズルズルと続いてしまう関係の中には、男性が上手だという事もあるかとは思います。
しかし、それに従っている女性という存在がいるからこそという部分もまた考えられるでしょう。

不本意なのに、連絡がくるとつい「いいよ」と言ってしまうなどという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

優しい部分であるともいえるのですが、関係を終わらせたいのでしたら
断る勇気・自分の意思を持って応える勇気というものを持つようにしてください。

また、セフレ関係が断ち切れないことの1つに、献身さなどという
「尽くす気持ち」に囚われているという女性もまた少なくないのです。

だからこそ、不本意でもズルズルと関係を続けてしまうということにもなってしまうのです。

このことから、まずは「自分のため」という考え方に
少しずつで構いませんからシフトしていくように心がけてみましょう。

自分のためという思考を持つことで、現状をより断ち切りやすくなることでしょう。

趣味などの時間を持ってみること

ズルズルとセフレ関係が継続してしまう理由の中には、虚無感から誰かと居る事を無意識に選択している。
そのようなケースも考えられるのです。

これは、厳しい言い方かもしれませんが、自分が輝いていないという事も考えられるかもしれません。

まずは、自分自身が楽しいと思える時間・熱中することが
出来る時間というものを持つように心がけてみましょう。

趣味を見つけたりなどというのはとても効果的かと思います。

自分ひとりでも楽しめる時間というものを持つことによって、
自然とセフレとの関係を冷静に見ることが出来たり距離を作ることも出来るようになることが多いのです。

休日やアフターファイブなど負担のかかりにく時間帯からはじめてみると良いでしょう。

様々な異性とのコミュニケーションを

こちらにおいては、セフレを増やすですとか軽い女になるという意味ではありません。
男友達や知り合いまたは話すことが出来る場所に出向いてみることです。

様々な異性と話をする時間を設けていくことで、
セフレに対する依存心のようなものを捨てることが出来るでしょう。

意思ではないといいつつも、関係が続いている原因の1つに依存という事もまた可能性としてあるのです。

幅広く異性とコミュニケーションをはかることによって、「様々な男性がいるんだ」という事を再確認し、
新しい一歩を踏み出すことも出来るのではないでしょうか。

まとめ

真面目であったり一途であったり、そして優しかったりと人間的な意味合いにおいては素敵な女性が多いのも
現実なのがこのズルズルとした関係を続けてしまいやすいタイプの方でもあるかもしれません。

その素敵な部分を今度は満足いく関係のパートナーとの間で発揮してみてはいかがでしょうか。

上記のような行動は、どなたでも取り入れやすいかと思いますし
思い立ったらすぐに実行できるものばかりかとも思います。

割り切れない気持ちを抱き続けるのではなく、自ら打破していくということもまた、
こうした関係から脱却するために大切になってくるのではないでしょうか。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる