MENU

    同性同士のセフレを作る方法と注意点まとめ!2022年最新の出会い方

    同性セフレ
    世の中には男性と女性との二つの性が存在します。
    中には両性器具(インターセックス)といって、男性と女性の性器を合わせもつ人もいますが、こういったかたの場合も男性か女性かでアイデンティティーは人それぞれです。

    また、一般的には異性のことを好きになりますが、男性が男性を好きになったり、女性が女性を少なくなることも、また、どちらの性別も行けるといった人もいますよね。

    この記事では、

    • 同性のセフレを作る方法
    • 同性のセフレを作る際の注意点

    といったことをまとめてみましたので、同性のセフレが欲しい方は必見です。

    編集部
    この記事を読めば、きっと素敵な同性のセフレを見つけられるでしょう。
    あわせて読みたい
    セフレの作り方|出会い系サイトで初心者でも安全に作れる方法※2022年10月版 「セフレを作るには出会い系サイトがいいって聞いたけどどうやって使えばいいんだろう?」 「本当に出会い系サイトでセフレができるのか知りたい!」 セフレを探してい...
    同性のセフレが作れるセフレ募集ランキング
    ※2022年10月06日更新
    スクロールできます
    順位1位2位3位
    【優良】
    セフレ募集
    サイト
    ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
    運営歴20年以上15年以上20年以上
    会員人数2,500万人1,500万人600万人
    登録料無料無料無料
    出会えた確率74.5%71.3%68.8%
    編集部
    オススメ度
    鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
    詳細[R18]
    ハピメはこちらセフレ募集なら♪
    PCMAXはこちら幅広い年齢層
    Jメールはこちら絶賛人妻登録中
    公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
    目次

    同性のセフレを作る人っている?

    同性のセフレを作る人っている?
    異性同士の恋愛が当たり前の世の中、異性同士であっても「出会いが全然ない!」とか、「いい人がいないんだよねえ」と言っている人はよく見かけますし、あなた自身が言っていることもありますよね。

    割合的に見れば、同性同士の恋愛は異性同士の恋愛よりもかなり確率は低くなるのは当然です。
    同性同士の恋愛が難しいのに、あえて同性同士の恋愛関係を求めることはなく同性同士のセフレ関係を求める人も実際にはいますし、少なくありません。

    また、異性と付き合っていたり、異性のことが好きだけど、同性とのセックスも経験してみたいといった人もいます。
    つまり、同性のセフレを作る人は多いのです。

    編集部
    では、同性のセフレが作りたいとなったときにどんな方法で出会うことができるのかを次項で詳しく紹介していきたいと思います。

    同性のセフレの作り方

    現在、欧米を中心として性の自由化を求める動きは非常に盛んですよね。
    もちろん、日本でも同性同士の恋愛や結婚に対する色々な考えや動きがありますが、あまり情報が得られないことに同性愛者のかたはイライラしているかもしれません。

    編集部
    そんな日本で同性同士のカップル・セフレ作りはたしかにあまり公にされていませんが、ここでは、同性のセフレが作れる方法をいくつかピックアップしてみました。

    ナンパする

    同性愛者同士でなくても、「この人はゲイかも?!」とか、「この人はレズだ」、そして、「この人ならどっちでも行けそう」といったことがすぐに見た目でわかることはよくありますよね。
    そこで、同性愛者が繰り出す街へと繰り出しましょう。

    例えば、新宿二丁目ならゲイはもちろん、バイのかたも集まる場所なのでおすすめ。
    首都圏の中心的な同性シティともいえる場所ですよね。

    ただ、いきなり二丁目進出はできないといった人も少なくないので、二丁目付近である歌舞伎町や新宿三丁目(同性愛者よりホストが多い場所)といった場所を狙うと、シャイな同性愛者と出会えるかも。

    とくに、新宿二丁目には新宿二丁目にしかないコンビニがありますし、牛丼チェーン店もあるので、店内はもちろん、店外でもナンパ待ちゲイやレズがいるので、ナンパ成功率も決して低くないので狙ってみると良いでしょう。

    しかし、デメリットとしては、全体的に日本ではまだ同性愛者に対してあまり寛容ではありませんし、受け入れられないと思っている人の方が多いといえます。

    編集部
    首都圏であれば外国人とのふれあいも多く、リベラルな考え方の人も多いのである程度は寛容ですが、地方となると同性愛者に対する寛容さは低くなるためナンパはリスキーな行為ともなるので注意しましょう。

    ゲイ・レズバーへ行く

    だいぶ前からメディアではいわゆる「オネエ」と呼ばれるゲイの人たちの活躍が目覚ましいですよね。
    そんなオネエたちのスタート地点と言えば新宿二丁目をはじめとするゲイバーです。

    オネエたちの多くが店子(ゲイバーの店員)やドラァグクイーンとして活躍してきました(メディアで活躍するオネエの中には現役の人も多いです)。

    また、あまり知られていないかもしれませんが、新宿二丁目はレズのかたたちのたまり場でもあります。
    そのため、ゲイバーだけでなくレズバーも新宿二丁目にはあり、客同士はもちろん、客と店主がプライベートな関係となることも。

    編集部
    お互いにお酒が入っているため、ホテルへ誘うことはそんなに難しいことではありません。

    紹介してもらう

    今やあなたの周りにも色々なセクシュアリティをもつ人がいますよね。
    そのため、友達の友達をあたれば同性愛者がいることもよくあることです。

    ですから、友達や家族・知り合いにめぼしい人を探している人を紹介してもらいましょう。
    ただし、紹介してもらうときには「セフレが欲しいから、同性でセフレになってくれそうな人を紹介して」なんて言わないでくださいね。

    そんなことを言って自分の大切な友達を紹介するような人はほとんどいません。
    ですから、「だれかゲイ(レズ)の人がいたら紹介して」と、軽く伝えるのがベスト。

    編集部
    そして、当人同士がセフレ関係を求めているなら簡単にセフレとなることができますが、もちろん、紹介してもらった友人には二人がセフレ関係であることを秘密にしておいた方がもめごとは防げます。

    同性の友達とセフレになる

    異性の友達とセフレになることも少なくないので、同性の友達とセフレになることもできなくはありません。
    ただし、完全に相手が同性もいけることを確かめられた上で口説かないと、「え、友達だと思っていたのになんで?」と、相手は思ってしまいます。

    編集部
    セフレとして付き合えないのであれば、セフレはもちろん、友達としての関係もキープできなくなってしまう可能性があるので十分に気をつけなければなりません。

    紹介サービスを利用する

    同性愛者のためのパートナー紹介サービスがリザライのように紹介サービスを利用するのもおすすめです。
    なかなか自分が同性愛者、もしくはバイであることをカミングアウトすることができない人も多いですよね。
    カミングアウトしていないと堂々と同性のセフレを探すこともしにくいと感じていませんか。
    そんな人におすすめなのが同性愛者のパートナーを紹介してくれるサービスです。

    編集部
    費用はかかりますが、時間がないかたやいまいち出会い方がわからないといったかたには助かりますよね。

    出会い系サイトを利用する

    これまでにいくつかの同性のセフレを作る方法を紹介してきましたが、正直言うと、どの方法もリスクがあり、時間とお金がかかることもあるので、あまりおすすめできません。
    「そんなことを言われてしまったらもう同性のセフレを作るには自力で何とかするしかない」と思いましたよね。

    安心してください。
    そんなに労力を使わずとも同性のセフレを作る方法があります。
    しかも、安全性が高く、時間やお金も無駄にすることはほとんどないのでおすすめの方法です。
    そんなおすすめの出会い方とは出会い系サイトを利用すること。

    一昔前の出会い系サイトといえば、サクラだらけで安心して利用することはできませんでしたよね。
    しかし、現在ではどのサイトでも24時間監視体制にあり、怪しいと思ったユーザーはすぐにアカウントを凍結させるといった安全対策が取られています。
    インターネット環境が整っている状況で出会い系サイトを利用すれば、自宅や通勤や退社する途中、はたまた会社のお昼休みといった隙間時間に効率良くセフレを見つけることができるのです。

    出会い系サイトを利用する際には、一般的に女性は無料で男性は有料ですし、女性の場合はオプション料金を追加することもできますが、追加しなくても十分に楽しむことができます。
    男性も、無料で新規登録をした後にさらにいくつかの登録を済ませると無料ポイントをもらい、無料ポイント内でセフレを見つけることも可能です。

    編集部
    出会い系サイトはご存知のようにいくつもありますが、同性のセフレが作りやすい出会い系サイトをいくつかピックアップしてみました!
    Tinder

    カリフォルニア発の累計会員数5,000万人以上を誇る世界最大級の出会い系アプリがTinderです。
    カリフォルニアといえば、同性婚が法律で認められていた州でもありますよね。
    そんな同性愛がオープンな土地で誕生したTinderですから、同性のユーザーも少なくありません。
    しかも、Tinderのユーザーはエッチ目的で利用している若者が多いので、セフレも簡単に見つけやすいことが特徴です。
    男女ともに基本的にはメッセージのやりとりが無料なので、「とりあえず出会い系使ってみるか」といったスタンスで気軽に始めることができます。

    編集部
    海外発のアプリとあって、日本在住の外国人と出会える可能性も高いですよ。
    ワクワクメール

    ワクワクメールは出会い系サイトの中でもエッチ目的の人が多く、出会い率も95%以上と高いサイトです。
    累計会員数は1042万人を突破し、益々出会いやすくなっています。
    女装が好きな男子やニューハーフ、バイやゲイ、レズといった多種多様なセクシュアリティのユーザーが登録しているので同性のセフレを探すことも決して難しくありません。
    真剣な出会いよりもワンチャンやセフレ目的で利用するユーザーが圧倒的なので、この点も同性のセフレを探すのに向いているポイント。

    編集部
    男性は新規登録すると、最大1,200円分のポイントがもらえるので無料ポイント内でセフレを見つけられるチャンスがあります。
    ハッピーメール

    ハッピーメールは累計会員数2,500万人以上ものユーザーを誇る国内最大級の出会い系サイト…というよりも、国内最大の出会い系サイトと言って間違いないでしょう。
    ハッピーメールは他の出会い系サイトと比較すると、爽やかな感じの出会いを求めている人も少なくないのですが、圧倒的会員数を誇るため、同性のセフレを探す人も多いことが予想されます。
    平均利用年齢層も20~40代と非常に幅広くなっているので、あなたの好みの年代の同性のセフレを探すことが可能です。

    編集部
    ハッピーメールはプロフィール閲覧が無料でできるだけでなく、新規登録時に男性は最大1,200円分のポイントがもらえてお得に利用することができます。
    Find f

    運営者本人もレズビアンのマッチングサイトがFind fです。
    様々なメディアに取り上げられているので、レズビアンのかたはとくに知っているかたも多いでしょう。
    セクシャリティといった細かい検索をすることができるので、より理想的なセフレを見つけることができます。
    また、嬉しいのはメッセージのやりとりが基本的に無料でできること。

    編集部
    お金も時間も無駄にせずに理想に近いセフレが見つかるのですからとてもお得でスマートですよね。
    PCMAX

    セフレ探しにはPCMAXも欠かせない出会い系サイトです。
    平均利用年齢層は30~40代と、一般的な出会い系サイトと比較するとやや高くなりますが、アラサーやアラフォー、はたまた年上好きにはうれしいですよね。
    PCMAXには主婦や人妻といった普段はなかなか親密な関係になりにくいユーザーが多く、アブノーマルな関係や同性のセフレを求めるユーザーも多いのでおすすめです。

    編集部
    ちょっと激しめの同性のセフレがほしいといったかたにも向いています。
    Jメール

    Jメールには様々なタイプのユーザーがいるので、同性のセフレを作るのにもとても便利な出会い系サイトです。
    そんなJメールは九州で誕生した出会い系サイトということもあって、地方の出会いに強いサイトでもあります。
    もちろん、首都圏での出会いにも十分に利用できるので、首都圏在住のかたにもおすすめです。
    Jメールが同性のセフレを作るのに向いているポイントとして、掲示板が活発であることが挙げられます。
    とくに、夜21時前後から掲示板にはセフレを求める書き込みが活発にアップされるので要注目ですよ。
    一般的に出会い系サイトでのセフレ探しは掲示板で行われるため、掲示板が活発であることは非常に重要なポイント。

    編集部
    Jメールはまさにセフレ探しにうってつけの出会い系サイトなのでぜひ利用してみましょう。

    同性のセフレを作る際の注意点

    異性のセフレを作る際にも注意が必要ですが、同性のセフレを作る際にも当然注意は必要なので、どんな点を注意すべきかまとめてみました。

    本命にはバレないようにする

    同性のセフレを求めている人であっても、異性や同性の本命の存在がいることは多いです。
    当然ですが、セフレを作るのであれば本命にはバレないようにセフレ関係は続けることはマストと言えます。
    本命がセフレを持つことに賛成しているのであれば問題ありませんが、セフレを持つことにOKを出す恋愛フリースタイルタイプの本命はほとんどいませんよね。

    ですから、本命にセフレがいるとバレてしまうと、トラブルに発展する可能性が高いので注意しましょう。
    もし、相手やあなた自身が結婚しているのであれば、さらにトラブルが大きくなることは間違いなし。

    セフレがいるだけでなく、セフレがまさか同性だったなんて知ったらパートナーのショックは大きいです。

    編集部
    パートナーが体調を崩すこともあり得ますし、離婚や慰謝料の請求といった大きな問題に発展することもあることを覚えておきましょう。

    性病に感染する可能性がある

    同性に限らず、異性とのセフレ関係を結ぶ場合も性病には注意しなければなりません。
    とくに、男性同士のセフレ関係はHIVに感染する可能性があるので要注意です。

    ゲイやバイであることをカミングアウトしている男性著名人もそうでない男性著名人も、HIVやエイズになってしまったことで、同性と性行為をして病気をもらったことがバレるケースは海外でよく耳にしますよね。

    女性同士のセックスは道具を使った挿入はあっても、体の一部を相手の体に挿入することはありません。
    だからといって、HIVに感染しないということはありませんし、性病にかかることはもちろんあります。
    ご存知のとおり、現時点でHIVは不治の病です。

    HIVを治す薬の開発は常に行われており、一度効果のある薬ができたと発表されたもののその後進展はありません。

    編集部
    そのため、セフレとセックスをしたことでHIVにかかって最終的に命を落とす可能性もあることを覚えておきましょう。
    関係を持つ前に性病はないかといった確認をしておくと安心かもしれませんね。

    同性のセフレを作るなら出会い系サイトが簡単・便利!

    同性のセフレを作りたいと思っているかたは紹介したような出会い系サイトや出会い系アプリを使うのが便利でおすすめです。
    紹介したサイトの中には同性との出会いに特化したものもありますので、利用すれば素敵なセフレを作ることができるでしょう。

    ただし、同性のセフレは出会い系サイトを利用すれば簡単に、効率的に出会うことができますが、セフレを作ることはリスクもつきものです。
    編集部
    同性のセフレをもつ際の注意点は本記事で紹介しているので、注意点を踏まえた上で安全に同性のセフレを作りましょう。
    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる