MENU

    清純派セフレが性感マッサージ始めて来たから押し倒して激しいセックスをしちゃった【有村架純似】

    1
    俺のセフレはめちゃくちゃ可愛い上に、大学で陸上やってるらしくスタイルも超いいヨシノちゃん20歳です。
    有村架純似でおっぱいも大きくって、しかも清純派っぽいのに実は超エロいんです(笑)
    実家は豊能町みたいですけど、通いやすいっていうのと一人暮らししていてって理由で大阪市天王寺区に住んでます。

    俺は両親が離婚してるってこともあって、元々の地元は堺市西区なんですが、中区にいたこともありますし、牧方市にいたこともあります。
    現在は阿部野区に一人暮らしをしています。
    年齢28歳、職業は某チェーン店の中間管理職をやってます。
    1番辛いポジションです(涙)
    俳優の岡田将生っぽいってヨシノちゃんには言われてます。

    プライベートより仕事が忙しすぎて…

    そもそも出会い系サイトにはあんまり興味はありませんでした。
    年齢を重ねるごとに異性との接点が少なくなっていくのと、仕事が忙しくプライベートに時間を避けなくなってきたことによって、出会い系サイトを使って効率よく女性に会えたらと思い登録しました。

    セフレを探すようになったのは最近です。
    付き合っても時間が取れなければ別れるのは目に見えてますから、お互いに都合がいいときにだけ会えるセフレならいいだろうと思って、PC☆MAXという出会い系サイトを使ってます。

    ヨシノちゃんとのPC☆MAXっていう出会い系サイトで知り合いセフレになりました。

    LINEでめちゃくちゃ仲良くなりました

    line11
    最初は出会い系サイトでの絡みだったんですが、ヨシノちゃんにLINEを教えてもらってからはLINEでばかり連絡し合ってます。

    ヨシノちゃん:「いつ頃なら会えそうです?」
    俺:「ごめんね、仕事忙しくってさ…」
    ヨシノちゃん:「大変そうですね…あんまり無理しないで下さいね!」

    心優しい言葉にかなり癒されてました。
    でも、このまま会えないままでいたら、他の人と会ってしまうのではないかという不安がこみ上げてきました。

    なので、ちょっと無謀かなとも思いましたが、ヨシノちゃんに自宅の住所を教えることにしました。

    俺:「時間避けそうにないから、ヨシノちゃんさえよかったらいつでも来ていいからね」
    ヨシノ:「いいんですかお邪魔しちゃって?」

    俺:「0時過ぎとかじゃないと帰ってないと思うけど(笑)ヨシノちゃんなら大歓迎だよ!」
    ヨシノ:「わかりました♪」

    翌日に来るとは思ってませんでした

    上司と部下の板ばさみ…本当やってらんねぇっていうのが本音です。
    仕事に疲れ、今日もヨシノちゃんとちょっとLINEで通話して寝よう…そう思ってアパートの玄関前に来ると…

    俺:「ヨシノちゃん!?」
    ヨシノ:「えへへ来ちゃいました(笑)お疲れ様です♪」

    一瞬呆然としてしまいました。

    ヨシノ:「大丈夫ですか?」

    ハっとし、食事もまだだったってこともあって、深夜ではありましたがラーメンを食べに出かけました。

    ラーメン好きとは意外!

    2
    時間も時間だったので、好きなものが食べられる時間帯じゃなかったってのもあると思いますが、何が食べたいと聞くと即答でラーメンって返ってきました(笑)
    なんか…そういうのも可愛いなって思っちゃいますよね(照)

    ヨシノ:「お仕事っていっつもこんな遅くに終わるんですか?」
    俺:「そうだね…今1番しんどい時期かなー」

    ヨシノちゃんの癒しは効果絶大でした。
    話してるだけでも元気になってきます。
    アッチの方も(笑)

    ヨシノ:「よかったらマッサージしてあげますよ!こう見えて結構上手なんです♪」

    違うマッサージに発展しないか…
    そんな思いもありながら、もちろん快諾しました(笑)

    性感マッサージに発展(笑)

    3
    ヨシノ:「どうです?」
    俺:「いや~本当上手!元気になってきた気するよ!」

    するとヨシノちゃんがある一点を見つめていました。

    俺:「あ、あはは…こっちも元気になっちゃった(苦笑)」

    すると…
    何も言わずそっと手を出してきて触り始めてきました。

    俺:「ヨシノちゃん?」
    ヨシノ:「えへへ(笑)こっちも…?なんちゃって(照)」

    こんな可愛い子にこんなことまでさせて黙っていられるはずがありません。
    我慢ならずヨシノちゃんを押し倒していました。

    俺:「ご、ごめん!でも…もう我慢できない!」
    ヨシノ:「私も(照)」

    深夜2時ということも忘れ、隣の部屋の人の迷惑も考えず、激しいセックスをしました。
    明日というか、今日も仕事だってことはすっかり忘れ…朝方までずっとヨシノちゃんと愛し合いました。

    どうして俺のセフレになったのか理由はわかりません

    ヨシノ:「昨日は大丈夫でした?」
    俺:「うん、なんとか乗り切ったよ(笑)」

    またマッサージに行きますねというヨシノちゃんの言葉…。
    彼女ってわけでもないのでセックスフレンドなんでしょうけど、どうしてそこまで俺なんかのために来てくれるのか今でも謎です。

    キャバ嬢の感想

    体の相性が良かったからまたしたいと思ったんかなヨシノちゃん(笑)
    数時間続けてヤルってきっとそうやと思う。
    相性悪いのにそんな時間やってたら苦痛でしかない(笑)

    出会い系サイトで新しく体の相性がいいセフレ見つけよかな(笑)
    私の癒しが欲しい思う男の人おるかな?(笑)

    Q.
    『セフレに癒しとか、体の関係以外を求める人って結構おるんかな?』

    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!
    今回使用したサイト:PCMAX PCMAX
    公式URL:https://pcmax.jp/

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる