【セフレ 別れ】セフレとの別れの理由10選と後腐れない別れ方

セフレ 別れ
セフレとは、いつでも会いたい時にセックスを楽しめる関係。
恋人同士のような面倒な感情も付き合いもいらない、気軽な関係と言えます。
しかし、そんな気軽な関係でも、いつしか別れはくるもの。

そこで、この記事では、セフレが別れにいたる理由やセフレの別れの告げ方、また、セフレと別れる際の注意点といった内容を届けていきます。
今まさにセフレとの別れを考えているかた、どのようにセフレに別れを切り出そうか悩んでいるかたは、この記事を読めば、悩みの解決につながるはずですよ。
セフレが作れるセフレ募集サイト
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール公式:ハッピーメール PCMAX公式:PCMAX Jメール公式:Jメール
運営歴 19年以上 15年以上 18年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
目次

セフレと別れにいたったよくある理由10選

セフレとの別れにいたった理由は人それぞれですが、主な理由は大体限られています。
そこで、ここではセフレと別れにいたったよくある理由を10個挙げてみました。

恋人ができた

恋人がいても、内緒でセフレとの関係をキープしている人も少なくありませんが、結婚したいと思うような相手であったり、恋人を傷つけたくないと思っている人は、恋人ができたらセフレとの関係にけじめをつける人も少なくありません。
ただ性欲だけを満たしたかった人の場合、恋人ができたら心も体も満たされますから、恋人ができたらセフレと別れるケースが多いです。

恋人にセフレの存在がバレてしまった

前述したように、恋人がいてもセフレをキープしている人は少なくありませんし、パートナーにまったくセフレの存在がバレていないといったかたも多いのは事実です。
しかし、セフレの存在がバレてしまうケースも少なくなく、恋人から別れを切り出された、もしくは、恋人から「セフレか恋人のどちらかを選べ」と言われ、恋人の方が大切だと思っている人がほとんどですから、セフレに別れを告げます。
こういった場合、セフレには「恋人にバレたから関係を終わりにしたい」と、正直にセフレへ告げるケースがほとんどです。

セフレが干渉するようになってきた

セフレは恋人ではありませんし、恋愛感情をもつことはご法度。
お互いに割り切った関係を望んでいるからこそ、セフレの関係をキープできるのです。
しかし、体の関係を長い間続けていれば情がわいてくるのは自然の流れですよね。
その結果、時を重ねる度にお互いに体だけの関係ではなく、メンタル面でも支えになってきます。
時には、セフレに対して恋愛感情が芽生えてしまうのもよくあるケース。
異性の話をし始めたセフレにやきもちをやくような発言をしたり、プライベートにまで干渉するようになってしまうセフレも少なくありません。
セフレをセフレとしてしか見ていない相手にとって、これは割り切った関係とは言えませんし、このままセフレを続けていくのは難しいと判断するのが筋です。
セフレ間で恋人や夫婦のような束縛や干渉は絶対にNG。
プライベートに立ち入るようになった時点でセフレは別れを考えます。

セフレとのセックスに飽きた

何度も体を重ねていればいるほど、飽きがくるものです。
もちろん、気分を変えようと努力もしたでしょう。
ノーマルプレイから時には大人のおもちゃを使ってみたり、いつもはしないようなプレイを取り入れてみたりと…。
しかし、時が経てば経つほど、同じ人とのセックスに飽きはつきもの。
この場合、大体お互いに飽きが来ている状態なので、自然消滅することも多いですが、どちらからともなく「もう会うのはやめようか」といった感じでスムーズに別れるケースもよくあります。

新しい楽しみができた

特に、普段から一つのことに没頭するタイプのかたは、新しい楽しみができたらセフレと会う時間がなくなるため、セフレに別れを告げることがあります。
時間があったからこそセフレとのセックスを楽しんでいましたが、それ以上に好きなことができて楽しめれば新しい興味を優先するのです。

相手が本気になることはないと悟った

先述しているように、セフレとの関係は割り切った関係が絶対であり、恋愛感情をもつこむことがNGであることは暗黙の了解です。
しかし、もともと好きな人が恋人にはなってくれず、セフレなら良いということでセフレになることを好きであるがためにOKする人もいますよね。
体の関係を何度も結んでいれば、いつかはセフレにも情がわいて、自分のことを恋人にしたいと思ってくれると考えるからです。
ところが、セフレになってだいぶ経つのに、相手は自分をセフレ以上の存在として扱ってくれないだけでなく、態度も好きな人に対する態度ではないことに気づくと、「相手は本気にはこのままなってくれない」、「この人は渡しをセフレ以上に見てくれない」と悟ります。
セフレを続けていれば、いつかは相手の気持ちが変わって恋人になれると思っていたものの、この先相手の感情が変わらないとわかった瞬間に、セフレとの別れを考えるのです。
セフレのことが本気で好きだった人は別れを切り出すのにも非常に悩むでしょうが、相手はあなたをセフレ以上にしか見ていません。
そのため、別れを切り出されても、あっさりと関係は終わるでしょう。

相手が自分に恋愛感情を持ち始めた

自分に対して恋愛感情を相手が抱いているかどうかは、なんとなくわかりますよね。
セフレが自分に恋愛感情を持ってき始めたことを感じた際、先手を打ってセフレへ別れを告げる人もいます。
繰り返しになりますが、セフレ同士に恋愛感情は不要。
恋愛感情がない割り切った関係だからこそ、気楽に体を重ねることができるのです。
それが、どちらか一方に恋愛感情が生まれてしまうと、今までのようなバランスのとれた関係を続けることはできません。
セフレへの独占欲が生まれたり、プレイにも変化が出てきて、セフレに恋愛感情を持っていない側としては負担にしか感じなくなってしまうのです。
気軽な関係でいられないことを悟った瞬間にセフレの別れは訪れます。

転勤や引っ越し

様々なタイプのセフレがいますが、基本的には、いつでも会えるような近距離でセフレ関係を築いている人がほとんど。
例えば、よく北海道へ出張に行く東京在住者が、北海道にセフレを持つことはあるかもしれませんが、度々行くような場所でもないエリアにセフレを作る人は多くありません。
そのため、セフレが地方や海外へ転勤となったり、引っ越しすることになったら別れる傾向は強いです。
別れるというよりも、自然消滅といった流れが多いといえます。

都合の良い存在ではなくなってしまった

セフレは、言い換えると、都合の良い存在とよく言われています。
たしかにそうですよね。
会いたい時だけ連絡して会ってセックスして、特にデートをする必要もなければ、恋人のように機嫌を取る必要もありません。
面倒なことなんて一切ない関係なのです。
最初はセフレも自分にとって都合の良いセックスをしてきたものの、時が経つにつれて、「今度はこんなプレイしてみようよ」とか、「次回は雰囲気変えてコスプレしてプレイしない?」などと注文が多くなってきたら、損なプレイを望んでいないセフレにとっては都合の良い存在とは言えませんよね。
むしろ、相手のことを負担にしか思えなくなってしまいますから、別れる原因となります。

このままではいけないと思うようになった

セフレの存在は、親友にも言えない人は少なくないでしょう。
そのくらい、一般的にセフレがいることは自慢できたことではありませんし、決して健全な関係とは言えません。
また、セフレとの間には恋愛感情も無いので、結婚につながることも通常はないので、適齢期を過ぎた女性は特に、「私はこのままセフレと過ごしていて良いのだろうか」と、思ってしまうものです。
決してセフレとの関係は悪くはなく、むしろ良好であっても、自分の年齢や未来のことを考えてセフレとの関係にけじめをつける人もいます。
もちろん、男性でも人生には色々な転機がありますから、悩んだ末にセフレと別れることを決める男性も少なくありません。

セフレとの別れ方

いくら恋人とは違う割り切った関係のセフレであっても、別れる時にはどうすれば良いのか考えてしまいますよね。
そこで、ここではセフレとの別れ方について紹介していきたいと思います。

はっきり別れを告げる

最短でセフレとの関係を解消するためには、はっきりとセフレに別れたい旨を伝えることです。
関係が長ければ長いほど、情もわいてきているでしょうから、なかなか別れを切り出せないかもしれませんが、「彼氏ができたから別れたい」、「この関係を続けて行くとじぶんのためにはならないから」と、きっぱりと別れの理由を告げましょう。
一番別れ方としてはハードな思いをすることになるかもしれませんが、あなたのセフレに思いが伝われば、すぐに関係を解消できる方法です。

連絡頻度を徐々に下げる

そもそも、あまりセフレ同士が頻繁に連絡することはありませんが、会う前には必ず連絡することになりますよね。
今まで会うペースが2週間に1度ペースで会ったのなら、3~4週間に1度のペースにしていき、最終的にはゼロにしていくと、自然消滅することができます。
時間はちょっとか借りますが、別れを告げる時の何ともいえない重い気持ちになることはなく、相手も、徐々にフェイドアウトしていくセフレに対して「ああ、もう終わりだな」と、自然と受け入れることができ、不快な気持ちも少なくて済むでしょう。

会うのがつらいならLINEや電話で!

恋人同士でも、面と向かって別れを告げるのは辛いからLINEや電話で別れたというかたも多いですよね。
LINEであれば、相手からの返信までの時間にドキドキするでしょうし、電話でも相手の声を聴いた瞬間に言えなくなってしまう可能性もあるかもしれません。
ですが、直接会って話すまでの時間ドキドキすることはなく、気が変わってしまうことも少ないです。
思い立ったらいつでも別れを告げられるLINEや電話を使って、「もうあなたには会いません」と一言告げる方法もあります。
もちろん、相手が納得できるような理由を用意しておく必要もありますよ。

セフレと別れる際の注意点

セフレと別れる際にはそこまで悩む必要はありませんが、問題に発展しないためにも、以下のような注意点は押さえておきましょう。

感情的な別れ方はNG!

セフレとの別れの理由が、その場の喧嘩や口論の流れであったり、別れを切り出したら相手が感情的になってきたため、別れを一方的にしたなんてかたもいるでしょう。
しかし、これは危険です。
なぜなら、職場や自宅を知っていればセフレが押しかけてくることも考えられるため。
もしかしたら、もっと怖いトラブルに発展する可能性もあるので、感情的な別れ方はせず、別れを切り出す際はお互いに冷静な時にしましょう。

LINEや電話番号のブロックはしない

セフレに別れを切り出すのは、セフレであっても、やはりちょっと胸が痛いもの。
別れを告げないために、LINEや電話番号のブロックをすれば自然消滅するのではないかと考えている人はいませんか。
絶対に辞めましょう。
LINEや電話番号をブロックしても別れたことにはなりません。
そして、LINEや電話番号をブロックしただけだと、相手から怒りを買ってしまい、結果的にトラブルに発展する可能性も決して低くありませんから、絶対に別れは告げましょう。

嘘の別れの理由を告げる

本当は恋人ができたからセフレと別れたいのに、「これから仕事が忙しくなるから関係を終わりにした方がいいと思うんだ」と告げたとしましょう。
こんなことを言われた相手は、「そんなのセフレだから仕方ないよ。今まで通り、適当に会えばいいんじゃない?」などと、関係をキープしようとする言葉を投げかけられることがあります。
これでは、別れたくても別れられませんよね。
スパッと別れるためには、本当の別れたい理由を説明し、相手に納得してもらうことが重要です。

セフレと別れる時には冷静に!正直な別れの理由を告げよう!

セフレとの別れる時にはお互いが冷静な状態であることはマスト。
お互いが感情的になっている時に別れを告げるとトラブルに発展する可能性が高いです。
そして、セフレときっぱり別れるためにも、正直な別れの理由を伝えましょう。
そうすることで、相手もわかれに納得してくれるため、きれいな別れ方ができます。
別れを伝える時にはお互い一瞬辛い思いをするかもしれませんが、二人が新たな道へしっかりと進むためにはきっぱりとした別れが必要であることを忘れないでくださいね。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる