セフレとの中出しのリスクと中出しOKのセフレの作り方は?デメリットも紹介!

セフレ中出し

「中出しさせてくれるセフレが欲しい!」
「中出しOKのセフレと出会う方法が知りたい」

一般的に、セフレ同士で中出しセックスすることはありません。
しかし、より気持ちの良いセックスをするために中出しOKのセフレが欲しい人はこんなこと考えます。

中出しOKのセフレはもちろん少数派です。

この記事では中出しのセフレを作る方法や中出しセックスのリスク、メリットデメリットといったことをまとめてみました。
セフレに中出ししたい男性は必見の内容ですよ。
中出しセフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年05月09日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 19年以上 15年以上 18年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

セフレとの中出しはリスク度マックス!

セフレとの中出しセックスをすること=妊娠する可能性も高いということです。

セフレ同士には一般的に恋愛感情はありません。
そのため、妊娠となった時にどちらも焦ることになることは目に見えていますよね。
よく「安全日だから大丈夫」、「生理中なら妊娠しない」なんて言いますが、安全日の計算がずれていれば妊娠する可能性はありますし、生理中でも妊娠の可能性は決してゼロではありません。

しかも、体外へ出てしまった精子はすぐに死んでしまいますが、女性の体内へと入った精子の寿命は比較的長いので、セックスした日に卵子へ到達しなくても、セックスした日から数日経って卵子に到達して妊娠してしまうケースもあるのです。

そもそも、外出しのセックスであってもゴムをつけていなければ妊娠のリスクはあります。
なぜなら射精する前にも精子は漏れているから。
中出しとなると射精を女性の体内で行うのですから、どれだけ妊娠のリスクがアップするかは想像に難くありませんよね。

セフレ同士の間柄ではお互いに妊娠は望んでいませんよね。
そのため、セフレ同士のセックスで中出しなんて絶対に厳禁です。

次項では中出しをした時の妊娠の確率について見ていくので、どれだけ中出しがリスキーなことなのかを理解していただきたいと思います。

タイプ別!妊娠する確率

セックスの避妊の度合いによって妊娠する確率はまったく異なります。
そこで、ここでは、避妊のやり方別に妊娠する確率をまとめてみました。

早速、中出しや外出しといった、やり方別に妊娠する確率を表にまとめたので見ていきましょう!
やり方 妊娠する確率
中出し 85%
外出し 4~20%
ゴムあり 3~15%

1年間に中出しセックスをした場合の確率が85%となります。
ご覧の通り、中出しは妊娠する確率が断然高く、妊娠しない方が奇跡といっても良いでしょう。

ただし、毎日セフレ同士がセックスするといったことは物理的に難しいですし、当然、セックスの回数が減ることでこの確率も減少することは言うまでもありませんよね。

だからといって、「どうせセフレと会うのは月1ペースだから中出ししても妊娠しないだろう」なんて安易な考えを持たないでくださいね。

1回の中出しセックスで妊娠する可能性も十分にあるからです。
セックス=妊娠する行為」なので、常に妊娠のリスクがあることは頭にとどめておかなければいけません。
紹介した妊娠する確率はあくまでも参考としてとらえ、中出しセックスは常に妊娠のリスクがあることを覚えておきましょう。

中出しさせてくれるセフレを探す方法

一般的に、中出しをOKするセフレは少ないです。
そこで、中出しセックスをOKしてくれるセフレの見つけかたを紹介したいと思います。

SNSを利用する

「SNSでどうやってセフレを探すの?」と思われましたか。
じつは、結構SNSでセフレを募集していることが多く、中でもTwitterは1人が複数のアカウントを持つことも可能ですし、実名で登録しなくても良いのでよく利用されています。

まずは自分の好きなジャンルを決めて好きなグループをフォローしていきますが、女性だけをフォローすると下心があることは見え見え。
そのため、適度に男性もフォローすることがポイントです。

フォローした相手のツイートをいいね!したり、リツイートしたりして相手のツイート関心があることをアピールします。
これを何度か繰り返し、相手に自分のことを把握されたらDMを送ってみましょう。
いきなり「セフレになって!」なんて送ってはいけませんよ。

「直接話がししたいと思ってDMしてみました。ぼくもあなたのツイートに同感です」と言った感じでスタートしてみましょう。
そこから徐々に距離を縮めてTwitterではなくLINEなどでやりとりをしたり、実際に会っていくことで仲が深まりますよね。
だいぶ距離が縮まってかたらホテルに誘ってみると、すんなりOKしてくれる可能性は高いですよ。

ネットの掲示板を利用する

インターネットで「セフレ 掲示板」といった感じで検索すると、セフレを募集している掲示板がずらりと出てきます。

ただし、SNSもネット掲示板を利用するのも身元がバレる可能性があるだけでなく、未成年にあたってしまうこともあり、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性も高いです。そのため、SNSもネット掲示板もあまりおすすめできません。では、何がおすすめなのかというと、次に紹介する出会い方なのです。

出会い系サイトやアプリを利用する

SNSやネット掲示板を利用したセフレ作りは非常に危険です。
そこで、安全にセフレを探す方法としておすすめなのが出会い系サイトやアプリを使うこと。
18歳未満の出会い系サイトやアプリの利用はできません。

法律により、年齢確認が義務付けられているため出会い系サイトやアプリを使ってセフレ探しをすれば未成年にあたることはないのです。
未成年との性行為は犯罪となりますが、18歳以上との性行為は犯罪となりません。

SNSや掲示板はしっかりとした年齢確認がないので、ただ中出しできるセフレが欲しいだけなのに警察沙汰担ってしまう可能性もあります。

そんな出会い系サイトでは、ピュア掲示板とアダルト掲示板都があります。
セフレを探すには基本的にアダルト掲示板ですが、中にはピュア掲示板に「友達」探しをしている書き込みがあります。

この「友達」探しこそ、書き込みをよく見るとセフレ探しをしていることがわかるので、アダルト掲示板だけでなくピュア掲示板もたまにチェックしてみると良いでしょう。

セフレと安全に中出しセックスをする方法

セフレと安全に中出しセックスをする方法、つまり、妊娠せずにセフレと中出しセックスを楽しむ方法を紹介しましょう。

低用量ピルを飲む

一番に頭に思い浮かぶのがこの方法でしょう。
低用量ピルを飲んでもらうことで、中出ししても妊娠することはありません。
ただし、日本では低用量ピルが市販されていないため、産婦人科で処方してもらう必要があります。
生理痛がひどいかたや生理のサイクルを変えたいといったかたは定期的に飲んでいますよね。

インターネットで購入できる低用量ピルもあるようですが、海外の製品が多いです。
そのため、日本のピルよりも強いと感じて体調を崩してしまうこともあるので、産婦人科での処方をおすすめします。
そもそも、ネット販売されている海外のピルは違法販売である可能性が高いので購入は避けるべきです。

アフターピルを飲む

もう1つピルには種類があり、それがここで紹介するのはアフターピルと呼ばれるピルになります。
先に紹介した低用量ピルは、日頃から飲み続けるものです。

アフターピルは、アフターモーニングピルと呼ばれており、中出しをした後に飲むことで妊娠を抑制する効果があります。
アフターピルも、日本では低用量ピルと同じように産婦人科で処方してもらう必要があります。
ちなみに、海外ではどちらのピルもネットや薬店で購入することができる場合が多いので、利用する女性も多いです。

ただし、アフターピルはいつ飲んでも良いというわけではありません。
基本的には中出しをした後48時間以内にアフターピルを飲む必要があります。

もちろん、早く飲むに越したことはなく、中出しをした後、12時間以内にアフターピルを飲めと妊娠する確率は0.5%になるといった研究結果が出ていますので、利用するなら早めに飲むことを心がけましょう。

アフターピルを飲んだ数日後に生理がくれば、妊娠はしなかったと判断することができます。

また、アフターピルは急激に女性の体内のサイクルを変化させるものですから、副作用が強いことがデメリットです。

深い倦怠感を感じたり、激しい腹痛や吐き気といったものを模様することが多いので、アフターピルを飲む日は会社を休んだり、逆算して休日にアフターピルを飲めるように中出しセックスをするのが良いでしょう。

パイプカットをする

上記2つの妊娠しない中出しの方法は女性が行わなければならないものでしたよね。
しかし、パイプカットは男性が行うものです。

パイプカットとは、精子の通り道を遮断すること、まさに通り道(パイプ)をカットすること。
パイプカットをすれば精子が出なくなるため、妊娠することはありません。

ここで男性として気になるのが、気持ちよさに変わりはないのかということ。
パイプカットをした後も精液が出なくなるわけではなく、精液は出ます。

精子が混じってない精液なので、気持ちよさはパイプカット前と変わりません。
ただし、一度パイプカットをしてしまうと元に戻そうと思ってもできないこともあるので、パイプカットする際には、絶対に今後も妊娠する予定がないといった男性だけが利用するようにしましょう。

セフレが中出しセックスをOKする心理

女性にとって中出しはとてもリスクの高い行為です。
それなのになぜ中出しをOKするのか、女性の心理をチェックしてみましょう。

もしかしたら、女性からの甘い誘いはあなたをはめるための作戦かもしれませんので、女性の心理をここでしっかり押さえておくことをおすすめします。

本命狙いの可能性がある

セフレ同士に恋愛感情はご法度。

しかし、女性がセフレの男性に対して恋愛感情を持ってしまったとしましょう。
女性としてはやはりセフレではなく彼女に昇格したいところ。
そこで、中出しをOKします。

なぜなら、妊娠を口実として付き合うことができればと思っているから。
「ピルを飲んでいるから中出しも全然大丈夫だよ」とか、「今日は安全日だから中出ししていいよ」なんて誘いは男性の心は動いてしまいますよね。

女性の言葉を鵜呑みにした結果、女性は妊娠に成功し、あなたに付き合いや結婚を迫る可能性は高いでしょう。
あなたが女性との付き合いや結婚を拒んで中絶を望んでも、彼女はそう簡単に納得しません。
納得させるにはお金や時間もかかることになるので、女性からの甘い誘いには要注意です。

お金目的かもしれない

もともと知り合いの女性とセフレになって中出しをOKしてもらった場合はこのケースにあまりあてはまらないでしょうが、SNSや出会い系サイトを利用してセフレを作った場合、お金目的で中出しをOKした可能性も高いです。
援助交際でも、基本的にはゴムありセックスが暗黙の了解。
しかし、中には中出しOKとする女性もいます。

もちろん、相場はゴムありよりも高いので、同じセックスでもお金になるのです。
セフレを出会い系サイトなどで募集する女性はこの事実を知っています。

普通にセフレを募集している書き込みで、やりとりをしてみたら中出しもOK。
早速女性に会って中出しセックスをしたものの、行為の後に「中出しは3万円ね」なんて請求される可能性も高いです。
出会い系サイトなどで出会ったセフレが中出しをOKした場合、「お金を後で請求するなんてことはない?」と確認を取った方が良いでしょう。

男性に尽くしたい

自分のことよりも、男性に尽くすことが好きだといった女性は少なくありません。
たとえセフレであっても、一緒にセックスを楽しむために、男性が中出しを望んだらOKするのが尽くす女性の特徴。

リスクがあることは十分承知しているものの、男性に尽くすことがこういった女性にとって快感・幸せなので、中出しをOKしてしまうのです。
もちろん、決して自分は中出しをしてほしいとも思っていないのですが、男性が喜ぶしてしまいます。

セフレと中出しセックスをするメリット

特に、男性はセフレと中出しセックスをすることでメリットを感じることがあるでしょう。
では、中出しセックスでどんなメリットがあるのかを紹介していきます。

気持ちがいい

中出しセックスの最大のメリットともいえるのが、気持ちよく感じることではないでしょうか。
といっても、男性のみが気持ちよくなるだけで、女性は中出しに対して気持ちいいと感じている人は少数派といえます。
男性は女性の中で果てることに快楽を感じることができるので、中出し普段よりも満足度の高いセックスができるのがメリットです。

セックス中に冷めることがない

中出しセックスのもう1つの魅力が、冷めることがないこと。
よく言いますよね。

挿入前にお互い気持ちよくなっているのに、コンドームをつけている時間にムードも気持ちも一気に冷めてきてしまうと。
ところが、中出しの場合コンドームをつける時間がカットされます。

そのため、冷めることなく絶頂に達することができるのがメリット。
最初から最後までお互いに最高の状態がキープできるというわけですね。

セフレと中出しセックスをするデメリット

最初にお伝えしたように中出しセックスはリスクのある行為です。
ハッキリ言って、セフレと中出しセックスをすることはデメリットが多すぎます。
では、具体的にデメリットとなるポイントを見ていきましょう。

妊娠するリスクがある

何度も伝えているように、中出しセックスの最大のデメリットは妊娠するリスクがあること。
セフレが妊娠することは男性にとってもある程度リスクはありますが、女性にとってはかなりのリスクとなります。
「妊娠したら堕ろせばいいや」なんて安易な考えを持っていませんか。

妊娠に気づくのが遅ければ中絶することはできません。
そうなったら、子供を育てていかなければならず、今までの生活とは180度違う生活が待っています。

また、中絶することができても、中絶することで体へ大きな負担がかかることは言わずもがな。
この中絶がきっかけで、将来妊娠したくても妊娠しにくい体になってしまうことだってあり得ます。

体だけでなくメンタル面でも負担がかかることは必至。
女性にとって望まない妊娠が身体ともに負担となることは絶対に忘れないでください。

お金がかかる

セフレが妊娠した場合、中絶するにしたって出産や育児をするにしたってお金がかかるのは当然のこと。
想定外の出費となってしまいます。

また、場合によっては中出しOKの女性はお金が欲しくて中出しOKにしている可能性が大。
セフレから中出しセックスをすることでお金を請求される可能性もあるので、事前に確認した方が良いでしょう。

訴訟のリスクがある

セフレが中出しセックスにより妊娠してしまいました。
相手かあなた自身、もしくはどちらにも配偶者がいて妊娠したことがバレてしまった場合、それぞれの配偶者から訴訟を起こされる可能性もあります。

浮気相手や不倫相手と同様に、セフレにだって慰謝料を要求することはできますから、訴訟を起こされるだけでなく、大金が必要になったり、最悪の場合、離婚や今ある地位を失うこととなります。

一時の快楽のために中出しセックスをすることで、今あるすべてのものが失われてしまう可能性があるのです。
離婚すると、「あの人離婚したんだって。セフレ妊娠させたらしいよ」などと噂が社内や近所でもたつこともあるでしょう。

噂が立つと、普通の人ならその場にいるのが辛くなってきますし、肩身の狭い思いをしなければなりませんよね。
そのため、仕事や家も失ってしまうなど、悪いケースが起こることも考えられます。

性病にかかるリスクがある

コンドームをつけていても性病にかかるリスクはありますが、中出しはコンドームをつけている時よりも性病にかかるリスクが高いです。
性病にかかるだけなら薬で治るからまだ大丈夫かもしれません。

もちろん、性病にかかっている時には大変な思いをするでしょうが、HIVに感染する可能性もあります。
極めて稀なケースではありますが、可能性としてはゼロではありません。

HIVにかかったら最後に待っているのは死です。
一時の気持ちよさを求めた結果、命を失うこともあるので、やはり中出しセックスはリスクしかないといえます。

また、あなたが性病にかかったことで配偶者にセフレの存在がバレることもあります。
その結果、配偶者からは色々と責められることはもちろん、一生あなた自身が配偶者に負い目を感じながら生活しなければならない、もしくはセフレを含めて離婚や訴訟に発展する可能性もあるので気をつけましょう。

セフレとの中出しセックスはリスクが高すぎるから絶対にNG!

出会い系サイトやアプリを使えば中出しをさせてくれるセフレは簡単に見つけることができます。
しかし、セフレ同士で中出しセックスすることは決しておすすめできない行為ですし、絶対にNGです。

もちろん、男性がパイプカットをしていたり、女性が子宮を摘出しているなど、物理的に絶対妊娠しない状況であるなら別ですが、妊娠を希望していないのであれば必ず避妊をしてセフレとのセックスをしましょう。

男女共に無責任な中出しセックスをするならばセフレを作るべきではありません。
セフレといった割り切った関係を築きたいのなら、避妊はしっかりとしてリスクを避けるべきです。

【コメント受付中】セフレに中出しして子供ができたらどう責任とるの?

セフレ関係を持ち続けている人がいるのですが、行為の度に思っていることがあります。男性はセフレに中出しして子供ができたらどう責任を取るのでしょうか?

>>コメントを見る<<

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメント一覧 (9件)

  • 確かに中出しは男性にとっては気持ちのいい行為です。奥さんとは違う女性とセックスすること自体新鮮な感覚を持てますし、逆にいえば女性にとっても旦那さんと違う男性とセックスことが刺激になったりします。それでも中出しはお互いにリスクが高いことは確かです。そうまでして中出しをしたい欲求が相手にあるのなら、もはやセックスフレンドではなく、本命にしてしまった方がいいのではと思います。男性と女性では中出ししたあとの気持ちは違うと思いますが、理性を保てない行為はやはりリスクが高すぎると思います。

  • 恋人同士でも妊娠を望まないなら中出しセックスをするのは相当リスクがある事ですのでセフレともなれば尚更の事だと思います。
    セフレと言えばセックスの目的がお互いの性欲を満たす事が第一で情と言う部分では希薄な面もありますが、相手がいてくれるからこそ満たされる訳ですので1人の人として大切に想う事は当たり前だと思いますし最低限のマナーは守らなければいけません。
    中出し、ゴムあり、外出しの妊娠をする確率を一覧表でまとめてあったのは大変わかりやすく良かったと思います。例えゴムありでも妊娠するリスクが外出しとさほど大差がない事というのは驚きましたが、ゴムを正しく使っていない事も一因なのかなとも思いました。

  • 気持ちいいことをしたいという考えの元に多数あるリスクを背負って中出しまで漕ぎ着けるのは相当な労力だなと感じます。
    中出しをする時点で人によって程度は違うにしても覚悟はできていると思います。
    そもそも顔や体型などの外見、セックス時の相性など好みであるから行為に及んでいるので、子どもを産み結婚をするという選択肢を取る方が多いのではないかと考えます。
    私だったらそうします。性格が悪ければ中出しのリスクを負う覚悟は生まれませんし、できてしまったらしょうがないと思って中出しにまで及ぶので、特段結婚に踏み切る勇気はその時点でできているのではないでしょうか。

  • 割り切った関係でこそ成立するセフレですので、中出ししたi男性と、中出ししてもらいたい女性が最初から出会えるシステムを作るべきです。そうしないと、あとあと面倒なことになります。妊娠すると当初とは違う感情がホルモン的に生み出される可能性がでてきます。ピルやミレーナのような子宮内装置システムを挿入している女性で、中だし可能と最初から出会いサイトで提示していれば、今よりも素敵なセフレ男性とたくさん出会えるのではないでしょうか。途中から中出し問題でもめるのではなく、話し合いのもと、最初から可能として、出会いを募集すればいいと思います。

  • 快楽と責任は表裏一体で、「中出ししたい」と考えるならやはり後のリスクを考えるべきでしょう。つまり「責任を取る」覚悟で出すもの出すのが正当な男だと思います。割り切りの関係でもお互いにリスクを承知して行動するので、それで子供ができたら堕胎費や養育費を出すのは快楽に対しての責任です。妊娠リスクを避けたいなら、男がピル代を出すくらいしても良いと感じます。いずれにせよ、気持ち良い体験、時間をもらっているんだから対価を払うのは当然と思います。

  • いくらセフレとはいえ、子供が出来たとなるとそれなりの責任は取ると思います。
    やはり、中出しをしたということは自責する大きな理由にもなるとも思いますし。
    このことから、責任を取るという答えに個人的にはたどり着きます。
    ただしこの、責任を取るという行動がどのような答えになるかというのはまた別のお話です。
    例えば、入籍をして子供を生みあなたと共に育てていくというのも責任の取り方の1つでしょうし、
    それとは間逆に堕胎を迫られてしまうかもしれません。
    ですから、あなたの望むような答えの出し方をするかどうかは分かりませんが、
    責任という意味合いにおいては果たすのではというのが正確な答えといえるでしょう。

  • 責任をとるとは思いにくいです。
    セフレという身体のみの関係ですから、
    いくら「あなたとだけしか中出しをしていないしセフレもいない」と主張をしても、それを信用するか分からないからです。
    下世話な言い方となってしまうかもしれませんが、
    「子供の父親は本当に自分なのか」というところで問題が生じてしまうのではないでしょうか。
    完全に割り切った交際をしているというのであれば、
    それぞれのほかの人間関係や環境についてはよく分からないというところが多いかと思います。
    セフレに対して信用があるというとそうではないでしょう。
    ですから、スムーズに「自分が責任を取ります」という流れを作ることは非常に難しいのではないでしょうか。

  • 子供が出来たということ。そして中出しをしたという事実を考えると
    自分が何とか責任を取らなくては・・・とセフレも思うのではないでしょうか。
    しっかりとそして冷静に話し合いをすればおそらく責任を果たしてはくれると思います。
    セフレという関係ですので、そうした話を切り出しにくいという背景もあると思いますが、
    もしこのような状況で戸惑いを感じているというのであれば早い段階で話をするべきでしょう。
    また、相手に話をするときに責任の所在を明らかにするということも重要なポイントとなります。

  • どのような言われ方をするのかでセフレが責任をとるかどうかというところが大きく変わってくるのではないでしょうか。
    中出しをした自分に責任がある・お腹に宿った子供が間違いなく自分の責任でもある。
    そのように感じるような話の切り出し方をされれば取らざるを得ないというのが正直なところでしょう。
    ですから、積極的に責任を取るというよりも致し方なく責任を取るという表現のほうが正しいようにも感じます。
    本来であれば、悩んでしまうような相手と望まない事象を作ることはしてはならないというのが個人的な考えではありますが。
    子供が出来たら責任をとるの?という事に対する単純な答えとしては「取る」というのが考えです。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる