セフレへのLINEは内容・頻度・既読スルー率が違う!本命とどう違うの?

セフレLINE

「相手のLINEから自分がセフレか本命かどうかわかるの?」
「本命とセフレに対するLINEの違いが知りたい!」

自分は彼にとって本命かセフレなのかわからない人も自分はセフレだとわかっている人も、男性の本命とセフレに対するLINEのやりとりの違いは気になるところでですよね。

結論から言うと、本命とセフレへのLINEは様々な点が異なります。

編集部
セフレに対するLINE内容とはどんなものなのか、LINEをする頻度やセフレからLINEが来なくなったときの対処方法まで、この記事を読めばセフレとのLINEのノウハウがつかめますよ!
セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年10月22日更新
スクロールできます
順位1位2位3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
運営歴20年以上15年以上20年以上
会員人数2,500万人1,500万人600万人
登録料無料無料無料
出会えた確率74.5%71.3%68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
目次

LINEで本命かセフレは簡単にわかる!

LINEで自分自身が彼にとって本命かセフレなのかは簡単にわかります。
具体的に本命とセフレに対するLINEで違うポイントが以下の点です。

  • LINEがくる頻度
  • LINEの内容
  • 既読スルー率
編集部
表にして見ると本命とセフレのLINEの違いが分かりやすいかと思いますので、以下にまとめてみましたよ。
ポイント本命セフレ
LINEがくる頻度多い~普通少ない
LINEの内容色々な内容会う約束のみ
既読スルー率なし~たまにある頻繁にある

表をご覧のとおり、全くセフレと本命でLINEの内容も連絡頻度も異なることがわかりますよね。
基本的に、セフレに対しては会う直前にしか連絡をすることはなく、連絡内容も日常的な会話は一切ありません。
恋人同士であれば「今日もお仕事お疲れ様。」といった感じの送っても送らなくてもどちらでも良いような連絡をすることもありますし、それに対してLINEをもらった側も「ありがとう。これから家でビールでも飲んでゆっくりするよ。」といった内容を返しますよね。
セフレ同士には日常的な会話はありません。

また、二人で会うこと以外のLINEを送った場合は既読スルーされることも多々あります。
要はセックスすること以外の内容をLINEですることはないのです。

しかし、これは一般的な話。
じつは、セフレに対してマメに連絡をしてくるセフレ同士もいるのです。

編集部
そこで、次項ではセフレに対する連絡頻度ごとのお互いのメリットデメリットを見ていきましょう。

男女別!LINEの連絡頻度におけるメリットデメリット

男女別にLINEの連絡頻度に関して見てみましょう。

恋人レベルの頻度!週2~4日LINEがくる

まずは、週2~4日ペースでセフレから連絡がくる場合のメリットを見ていきましょう。

性別メリット
男性恋人気分を味わえる、セックスもラブラブ
女性親友みたいな関係になれてセックスも楽しめる、本命になれる可能性もある

週2~4日ペースでの連絡ともなれば、まるで恋人レベルの連絡頻度です。
これだけ連絡頻度が高いセフレ同士はそんなに多くはありませんが、連絡頻度が高いことで甘いセックスをすることができ、面倒なことは一切ない恋人のような関係を築くこともできます。
しかし、連絡頻度が高いと次のようなデメリットもあります。

性別デメリット
男性本気になられてしまう可能性がある
女性本気になって玉砕してしまう可能性がある

セフレを作る理由のひとつに恋人同士のように定期的にデートしたり、お祝いをしたりといったことはせず、セックスだけできる関係なので面倒くささがありません。
ところが、どちらかが本気になってしまうと関係は変わってきます。
とくに、男性よりも女性の方がセフレの男性に本気になってしまいがちなので注意しなければなりません。
どちらも好きになれば恋人同士になれば済むことですが、どちらか一方だけが好きになってしまう相手は恋人関係を望んでいないため玉砕する恐れがあります。
自分だけが傷つく可能性が高いのがセフレに対して本気になってしまったときのデメリットなのです。

平均的!月1~2回レベル

続いては1か月に1,2回と、まさにセフレの間では平均的ともいえる連絡頻度です。
それでは、平均的な連絡頻度をとるセフレ同士にはどんなメリットがあるのでしょうか。

性別メリット
男性気楽で程よい距離感をキープでき、セックスもマンネリ化しにくい
女性本命との関係をキープしながらセフレとも関係をキープできる

程よい連絡ペースなので、お互いに本気にならずに済むのがメリット。
セックスの頻度も適度といえるので、セフレとしての関係がマンネリ化しにくいのも良い点です。
しかし、こんなデメリットもあります。

性別デメリット
男性物足りないと感じることがある
女性セックスの回数はちょうどよいが、体だけの関係だと再認識し寂しくなることもある

やはり、恋人同士と比較するとセフレは一般的に連絡頻度も会う頻度も少なくなるため、物足りないと感じることがあるのです。
とくに、女性は体の関係を持ってしまうと情がはいることはもちろん、相手に対して「好き」ではありませんが、他の異性よりは特別な気持ちをいだきやすくなります。
そのため、連絡頻度の低さが体だけの関係である現実を突きつけられた感じで寂しさや切なさを感じてしまう人も決して少なくありません。

超割り切り型!不定期

決まった連絡頻度はなく、週2日連絡することもあれば、数か月に一度といった気が向いたら連絡するタイプのセフレもいます。

性別メリット
男性かなり割り切ることができ、終わるときも後腐れなし!セックスも燃える
女性本気になりにくい、本命を探しやすい、ストレス発散できる

不定期に連絡がくるメリットは、お互いに気持ちが入りにくいのでセフレとして超割り切った関係を築くことができる点です。
また、数か月ぶりにセックスをした場合、お互いの体を欲しているので激しく燃えるような情熱的なセックスができます。
ストレスが溜まっている女性であれば、セフレとのセックスがかなりのストレス発散となるでしょう。

では、どんなデメリットがあるのかも見ていきましょう。

性別デメリット
男性関係が続いているのかわかりづらい
女性予定が立てづらい、利用されている感じがする

あまりにも自分勝手な連絡頻度なので、お互いに関係性がわかりにくくなってしまいます。
「自分はセフレだと思っているけど相手はそう思っていないかもしれない」と思って自然消滅してしまうことも。
また、女性は急に男性から連絡が来ても計画的な人であれば予定が狂ってイラっとすることもありますし、あまりに連絡頻度が不定期なので利用されている気持ちになることもあります。
ただ、基本的にはどちらもセフレ関係に縛りなくいられるのでメリットの方が大きいかもしれません。

編集部
セフレでも連絡を頻繁に取り合う仲である場合、男女共に『相手が本気になってしまったのでは?』と思いますよね。そこで、連絡頻度が高いセフレの心理にも迫ってみました!

連絡頻度が高いセフレによくある3つの心理

連絡頻度が高いセフレにはこんな心理があるのです。

  • セックスしまくりたい
  • 寂しがり屋
  • 本気になり始めている

セフレからの連絡が多い主な理由はこういったことからですが、一番多いのがセックスしまくりたいから。
男女共に性欲はありますが、一般的には男性の方が女性よりも性欲の強いイメージがありますよね。
LINE頻度は多くても、内容を見てみるとすべて今日、もしくは近日中に会えるかどうかの確認であればヤリタイだけの可能性が高いです。

また、寂しがり屋でLINEを送れる相手が少なければセフレに対して恋愛感情はなくても、友達のように感じてLINEをしまくるケースもあります。

そして、相手に本気になってしまった場合も当然ながら相手のことが気になりますし、離れていってほしくないと思うので連絡頻度は高いです。

今までは月に数回程度の連絡しかなかったのに、急に連絡回数が増えてきたのなら相手が本気になってしまった可能性が高いので相手に本心を確認してみるのも良いですが、さりげなく聞くのがポイント。

「私のこと好きなの?」と言われても関係が終わることを恐れて答えられない人もいますし、強がる人もいます。
本心は聞きにくいので遠回しに「セフレなのに本気になるってあるのかなあ?」という感じで聞いてみると相手の本音が見えますよ。

LINEじゃなくカカオトークの連絡先を教えてきたらセフレ確定!

セフレがLINEの連絡先ではなく、カカオトークの連絡先を教えてくるといった経験があるかたもいるのではないでしょうか。

編集部
カカオトークとは、LINEと同じように韓国企業によるSNSで、韓国ではLINEよりもカカオトークが連絡ツールとして利用されていますが、日本では逆ですよね。

LINEもカカオトークも、1つのスマホで複数のアカウントを持つことは基本的にはできません。
また、複数のアカウントをもてたとしても、セフレにLINEしたつもりがうっかり本命にLINEしてしまったなんてミスを犯してしまうことも十分にあること。
そのため、最初からトラブルを避けるため、また、セフレとそれ以外の人たちを分けるためにカカオトークの連絡先をセフレに教えてくる人もいます。
LINEではなくカカオトークの連絡先を教えてきた場合、セフレ確定と思って間違いありません。
この場合、カカオトークのやりとりの頻度が多くても相手はあなたをセフレとしか思っていないので、セフレに本気になってしまいそうだと思ったらすぐに距離を置いた方が傷つかなくて済みます。

セフレにするLINEあるある10選!

セフレにはLINEの内容が異なることは先述したとおりです。
そこで、セフレにはどんなLINEを送るのか、よくある例を10通り紹介していきたいと思います。

文章が超シンプル!

セフレは恋人同士ではありません。
とくに、男性は面倒くさいことは避けたいので、セフレが本気になってしまうことを一番嫌います。
男性はセフレとLINEのやりとりをすること自体面倒くさいと感じているほどなので、基本はかなりシンプルで短文のLINEです。
一回のLINEで用件を伝えるのも特徴。
「元気?明日あたりどう?」と、サッパリしたものです。
あまりに優しくしてしまうと女性が本気になってしまう恐れがあるので、無駄なLINEは極力省きます。

会う時しか連絡しない

前述したように、セフレに無駄な連絡はしないのがセフレ同士のLINEのやりとりの特徴です。
恋人同士であれば、「今日は何してたの?」といった感じで、たわいもない連絡も普通にしますよね。
しかし、セフレ同士の場合無駄な会話は基本的にないので、会う約束や予定変更といったセックスをすること以外に関する内容のLINEをすることはあまりありません。
LINE履歴を見てみるとわかりますが、相手からのLINE履歴は「今日はどう?」とか、「○○でXX時に会おう」といった内容ばかりになっているはずですよ。
試しにチェックしてみてくださいね。

スタンプで返事をする

友達同士とのLINEのやりとりでもそうですが、あまりにもやりとりが長くなってしまうと「そろそろLINEを終わりたいんだけどなあ…」と思いますよね。
そこで使えるのがスタンプです。
友達からのLINEの返答としてスタンプを送ると「締め」として利用できるため。
セフレも無駄なやりとりを極力省きたいので、スタンプで返せる内容に対してはスタンプで返すことが多いです。
セフレとのLINE履歴を見てみるとスタンプだらけになっているはずですよ。

会った後にLINEがない

カップルならデートをして別れたら帰りの電車の中や自宅に帰ってから「今日は楽しかったね。いっぱい歩いたからゆっくり休むんだよ。」など、優しい言葉をかけることが多いですよね。
お互いに楽しい時間を過ごしたのなら尚更です。
しかし、セフレの場合は会った後にLINEをすることはなく、かなりそっけない感じ。
そもそも、セックスができればよいだけの関係ですから、セックスできれば満足して終わってしまいます。

予定をキャンセルするときの連絡・返事がそっけない

セフレとの予定は恋人との予定よりも重要なものではありません。
そのため、本命がいる場合や配偶者がいる場合、本命や配偶者の都合によってあなたたちセフレ同士の予定も左右される可能性はあります。
予定を変更・キャンセルするときにはもちろんセフレ同士でも基本的に連絡はありますが(常識外れやあなたのことを適当に見ている場合は無いケースもある)、連絡もそっけないものです。
「ごめん、今日ムリ。また時間があるときに連絡する。」といった感じ。
逆にあなたが予定変更やキャンセルをするLINEに対しての返信もスタンプや「OK」程度とかなりあっさりしています。

既読スルーした後に別の話を振ってくる

セフレからきたLINEを既読スルーするセフレは多いです。
しかも、既読スルーしてからだいぶ経って相手からLINEが来ても、一切既読スルーしたLINEの内容には触れることなく「今日会える?」とか「時間があったら明日の〇時にXXで。」など、普通に誘い話をしてきます。
まるでセックスの話以外はしないとばかりの態度。
完全にセフレはセフレとしてお互いに本気になってしまわないために割り切っているのです。

女性からのLINEには冷たい

男性のセフレは自分からLINEをするときにも簡潔なLINEですが、会いたいときになかなか女性から連絡が無ければしつこくLINEしてくることもあります。
しかし、女性からLINEが来たときには既読スルーももちろんありますし、いつも以上に短い言葉しか帰ってこないことが多いです。

会えないと機嫌が悪くなる

セフレに対しては女性として見ているものの扱いは思いやりに欠けていたり、雑な男性もいます。
とくにどうしても女性がセフレに会えないときに断ると、「え、なんで?仕事なら早く終わらせられない?」とか、「オレ、これから忙しい時期はいるから次いつ会えるかわからないんだけど。」と、ややキレ気味。
相手の気持ちなんてほとんど考えていません。
こういう男性は逆に自分の都合が合わなくなり、女性が「会いたかったのになあ」と言ったら「仕方ないじゃん、親友と会うことになったんだから。」と、自分の都合で予定を変えることに対してわびることもなく、逆ギレ状態で返します。

エッチな内容のLINEを送ってくる

恋人同士の仲にはエッチな写真や動画を送り合って「今度会ったときにこんなことがしたい」とやるカップルもいるかもしれませんが、完全に少数派だと言えるでしょう。
しかし、セフレに対してはエッチな内容のLINEを送る男性は多いです。
「次会った時はこのプレイをしよう」、「こんな道具試してみない?」というようにセックス関連の内容を頻繁に送ってくるケースもあります。

終わったと思ったら連絡してくる

最後に会った時からだいぶ経って、完全に関係は終わったと思っていたのにセフレから連絡がくることがあります。
突然フェイドアウトしたのに、数か月、ときには数年たってから「元気?なんか〇〇をしていたらふと思い出したから連絡してみた。」と、シレっと連絡してくることもよくあるケース。
相手にとってセフレは完全に関係を終わらせるものではなく、どこか片隅にキープしておきたい存在で、今はとくに必要ないけどいつかまた関係が持てたらと自分本位な考えを持っているからです。

セフレからLINEが来なくなる理由

セフレからLINEが突然来なくなってしまうといったケースはよくある話。
なぜLINEが来なくなってしまうのかは次のような理由が挙げられます。

  • セフレに飽きられてしまった
  • 本命ができた
  • 本命にバレた
  • 単純に忙しくて時間がない

セフレからLINEが来なくなる理由について細かく見ていきましょう。

セフレに飽きられてしまった

セフレから連絡が来なくなってしまう最も多い理由がセフレに飽きられてしまったから。
飽きたと言ってもあなた自身に飽きてしまったケースもあれば、セックスをすること自体に飽きてしまうケースもあります。
あなたに飽きてしまった場合、このまま連絡が来ないケースがほとんどですが、セックス自体に飽きてしまったのなら一時的な場合もあるので、しばらくするとまた連絡がくる可能性は低くありません。

本命ができた

今まではセフレしかいなかった彼に彼女ができたことも考えられます。
じつは、彼女がいてもセフレがいる男性の多くはセフレと彼女にすることに対して区別をつけている人が多いです。
また、彼女ができたらセフレとの関係を終わらせてけじめをつけるタイプの男性も少なくありません。
彼女とのセックスがあまり合わない場合やヤリすぎて飽きてしまった、また、彼女とすぐに別れてしまった場合は「つなぎ」としてあなたに連絡してくる可能性があります。

本命にバレた

本命がいてもセフレを作る男性はよくあることです。
もちろん、セフレがいることは本命には言いませんし、バレないようにうまくやっています。
しかし、女性の勘や嗅覚は男性が考えている以上のものがありますよね。
そのため、セフレの存在が本命にバレてしまうことも決して少なくないケース。
本命の方がセフレよりも大切な存在なんで、本命との関係をキープするためにセフレとの連絡を断ち切ることがあります。
セフレの存在がバレた直後は女性の目を気にしてセフレと連絡しませんが、ほとぼりが冷めてきたらまた連絡してくる男性は少なくありません。

単純に忙しくて時間がない

単純にセフレと会う時間もないほど仕事や自分のことで忙しいことも考えられます。
ただ、このケースは稀と言えるかもしれません。
というのも、忙しいと疲れやストレスがたまるもの。
ストレスが溜まってくるとセックスでストレスを解消しようと思う傾向が強いのでセフレを誘う頻度も上がりやすいのです。
そのため、忙しくてセフレに連絡しない場合は少ないケースと言えますが、バリバリ働くビジネスマンであればありえます。
この場合は仕事が落ち着いたら連絡してくるので気長に待っていると良いでしょう。

セフレからLINEがこなくなったときの対処方法

では、セフレから連絡がこなくなったときにどのように対処すればよいのかを紹介していきます。

気長に待つ

まずはこれ。
そもそもセフレとは不定期に会う関係ですから、ただ単にいつもよりLINEがこない期間が長いだけかもしれません。
「どうする?今度はいつ会う?」と聞いてしまうと、「うぜー」、「面倒くせー」と思われてしまう可能性もあるため、ここは会えない期間を充電時間として考えて気長に待つのが最善の策です。

間違いLINEを装う

あまりにもセフレからLINEがこなければ、別の人にLINEを送ったふりをしてさりげなく「あ、ごめん。送り間違えちゃった。元気してる?」のようなLINEを送ってみましょう。
このLINEに対して返信が無ければ意図的に連絡を絶ったことはほぼ明らかです。
既読スルーになった場合も同じ。
もしかしたらこのLINEをきっかけにあなたのLINEの連絡先をブロックする可能性も高いです。
返信があれば、まだあなたのことをセフレとしてキープしておきたい気持ちは男性にあると言えます。

思いを直球で伝える

あまり遠回しの表現はすきではない、もしくはセフレからの連絡が来なくていても立ってもいられない人はストレートに思いを伝えてみましょう。
「最近会ってないけど、どうした?」、「どうして連絡をくれなくなっちゃったの?」、「もう会えないの?」と言った感じで連絡をくれないことに対する質問をしてみましょう。
必ず質問形式にすることがポイント。
質問形式にしないと相手もLINEを返しづらいですし、質問形式にすることで返信をしなければならない感じになるので返信がきやすくなります。
いずれの質問に対しても何の返答もなければ完全にフェイドアウトしてしまったととらえてよいでしょう。

セフレへのLINEは一目瞭然!頻度も内容も全然違う!

セフレに対するLINEは本命とはまったく異なるものです。
LINEする頻度はもちろん、LINEの内容もかなりそっけないもの。
誰が見ても本命ではないということがすぐにわかるようなLINEになっています。
自分自身が彼にとってセフレなのか本命なのかわからない場合は、この記事を参考にして今までのLINE履歴をチェックしてみましょう。
すぐに本命かセフレかがわかります。
既にセフレであることがわかっている人は彼に対するLINEの仕方も「こんなものでいいのか」と参考にしていただけると幸いです。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる