MENU

    セフレが妊娠した!男女それぞれの本音と対処方法(やるべきこと)は?

    セフレが妊娠

    そもそもセフレ同士に恋愛感情はありません。
    しかし、セックスを謳歌してしまったことによりセフレが妊娠しまったなんてケースは決して少なくはありません。

    本当にセフレ相手は妊娠しているのか、彼女が妊娠している子供は自分の子なのか、はたまた自分の子供であった場合どうすればよいかのかといったことを見ていきます。

    セフレの女性と男性のそれぞれの本音と、妊娠した時の対処法といったことまでここでは解説していきますので「セフレを妊娠させちゃった男子」も「妊娠してしまった女子」も必見です。
    セフレが作れるセフレ募集ランキング
    ※2024年07月22日更新
    スクロールできます
    順位1位2位3位
    【優良】
    セフレ募集
    サイト
    ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
    運営歴20年以上15年以上20年以上
    会員人数2,500万人1,500万人600万人
    登録料無料無料無料
    出会えた確率74.5%71.3%68.8%
    編集部
    オススメ度
    鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
    詳細[R18]
    ハピメはこちらセフレ募集なら♪
    PCMAXはこちら幅広い年齢層
    Jメールはこちら絶賛人妻登録中
    公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
    目次

    セフレが妊娠!男性の本音が知りたい!

    セフレが妊娠したと聞かされた男性たちは一体どんな風に思っているのか、彼らの本音をのぞいていきましょう。

    編集部
    ここでは実際にセフレが妊娠した経験を持つ男性の口コミをまとめてみたので、今まさにセフレが妊娠してパニクっている男性は必見ですよ!
    うわ…マジか。お金は自分が出すから何が何でも中絶してくださいとお願いするしかない。ぶっちゃけイタイ出費だけど仕方ない。
    そもそも、セフレだから子どもを産ませることはできない。でも、中絶費用を出すのは男のけじめだと思うし、女性に負担がかかる分、男はお金で解決することしかできない…。
    セフレを作るような女性だし、セフレは自分だけとは限らない。もしかしたら誰の子かわからないのかもしれない。
    『本当に俺の子だよね?』と聞いてしまった。だって、数える程度しか中出ししてないし…。
    セフレってお互いがセックスしたいからそういう関係になったわけだから、中絶してもらうことはもちろんだけど、中絶費用は折半が妥当だと思う。男だけに責任を押し付けてほしくない。
    男側に責任があることはわかっているけど、責任を取ってほしいと言われても無理だなあ…。
    中絶したくないから結婚してなんて言われたけど絶対無理でしょ。そもそも好きって感情はないし。それを承知でセフレになっているのだから結婚を求めないでほしい。
    『どうしようか?』とセフレに聞かれたけど、『中絶してくれ!』なんて言ったら、『え、ありえない…。そんな風に言うなら産んでやる!』とか逆ギレされそうだから本音が言えない…。なんで男に答えを求めてくるんだよ…!
    編集部
    まさに男性の本音といった感じの口コミだと思いませんか?また、女性からしたら『やっぱり男性はこんな風に思っているのか』と思ったはずです。

    上記の口コミから言えることは、セフレから妊娠を告げられた際に喜ぶ男性はいないことです。
    また、次のような気持ちになる男性が多いこともわかりました。

    • 中絶費用は出す(中絶してほしい)
    • 自分の子どもかどうかを疑う
    • 責任はお互いにあると思っている
    • 本音を伝えることができない

    男性から見ても女性から見ても「そうだよね」といった感じの、イメージ通りの男性側の気持ちですよね。
    ただ、言葉にされると女性としてはあまり聞きたくないものばかりでもあります。

    編集部
    次項では、男性に対して妊娠してしまった女性側の本音について迫っていきたいと思います。

    セフレとの子どもを妊娠!その時の女性の本音は?!

    それでは、セフレとの子どもを妊娠してしまった女性の本音はどうなっているのかを見ていきましょう。

    うわー…ヤバい。絶対妊娠しないと思ってたのに。中絶すればいいか。中絶費用は相手に請求すればいいや。
    妊娠したって知ったら、どんな態度をとってくるんだろう?どうやってあの人に伝えればいいんだろう?
    妊娠したなんて知ったら絶対に誰の子かを聞かれる気がする。彼の子だってわかるように用意しておかなきゃ!
    責任とってくれるのかなあ…なんか逃げられそうだなあ…。
    『デキちゃったみたい』と伝えたら結婚しようかといわれた。相手の本音がよくわからない!本当に結婚したいと思っているのか、私を試しているのか…。
    妊娠していることを相手に告げたらLINEをブロックされた。ありえない。自宅とか勤め先も知らないから連絡のしようがなくてお先真っ暗。
    編集部
    男性も女も、共に妊娠発覚に喜んでいないことがわかりますが、男性もセフレの妊娠を知って不安を感じつつも自分本位な不安ばかりを抱いています。一方、女性側は不安を感じつつも、相手がどう出てくるのかを考え、たとえ相手が中絶以外のオプションを出してきても、相手のことを信頼しきっていないところがあります。

    妊娠した!女性が男性に妊娠したことを告げる際の注意点

    セフレとの子どもヲ妊娠したことがわかり、男性に妊娠の事実を伝える際に注意したいことをまとめてみました。

    直接会って話す

    口コミにもありましたが、セフレから妊娠をLINEや電話で聞いて、そのまま連絡先をブロックしてしまうケースは決して少なくありません。
    そのため、必ず会ってから妊娠したことを告げてください。
    会って相手に妊娠したことを告げることで男性の気持ちも顔に出るので、どうしたらよいのか大体把握はできます。
    女性としては男性がどんな表情になるかはイメージできているものの、本当にショックを受けた顔をされると、女性側が傷つくといったデメリットもありますが、直接会えば連絡先をブロックされて二度と会えなくなるようなことはありません。
    ただ、とりあえず会って伝えて、次に会う時までに答えを決めようとしてしまうと逃げられる可能性があるので、必ずその日のうちに決断しましょう。
    相手の自宅や職場を知っている場合は、自宅や職場に行くこともできるのでその日のうちに決断する必要はありませんが、お腹の赤ちゃんが成長すると中絶できなくなるので早めに動くのがベストです。

    『おれの子?』と言ってきた時の準備をしておく

    男性の口コミにもありましたよね。
    「おれの子なの?」と、セフレは女性に聞いてくることがあるのです。
    いや、セフレでなくても男性は相手が妊娠させてしまった現実から逃れたいため、「おれの子なの?」といった言葉を発言しがちです。
    セフレであれば尚更。
    そこで、女性は相手がこう言ってくることを想定して、色々な答えを準備しておきましょう。

    編集部
    女性側は男性が納得するような『自分の子』である『証明』を準備しておく必要があり、『証明』となるような例を紹介していきましょう。
    • 前回の生理がいつからいつまでだったのか
    • 危険日はいつだったのか
    • 危険日にセフレとセックスした日にち
    • 生理が来るはずの日にち

    ただし、これだけでは納得してもらえない可能性ももちろんあります。
    そのため、お腹の子がセフレの子であることだと証明するような証拠はできるだけたくさん用意しておきましょう。

    セフレが妊娠した!女性から男性に妊娠を告げられた時の注意点

    セフレが妊娠したと聞かされた時に、男性が逃げるような行為は絶対にNG。
    そこで、男性がセフレから妊娠を告げられた時にはどうすれば良いのかまとめてみました。

    常に冷静になる

    当然、セフレである女性も妊娠したことに焦っていますが、男性も全身震えるような焦りと恐怖を感じるのではないでしょうか。
    しかし、常に冷静を保つことは絶対。
    感情的になってしまったら話がまとまりません。
    また、感情的になったことで女性側が法的手段を取ったり、あなたが望まない選択肢を選ぶこともありますので、常に冷静を心がけてください。
    感情的になることで、お腹の赤ちゃんの運命にも十分作用してくることは忘れてはいけませんよ。

    自分の意見はしっかりと言う

    ハッキリ言って、ほとんどの男性がセフレに女性の妊娠を知って中絶してほしいと思っているはずです。
    しかし、女性の気持ちを考えればそんな簡単に言えることではありませんよね。
    とはいえ、女性は男性からのハッキリとした言葉を必要としています。
    中絶してほしいなら男性からきっぱりとした言葉を聞きたいのです。
    ほとんどの女性が、セフレから中絶してほしいと告げられた時に「もうこの関係は続かないな」と思うでしょう。
    もちろん男性も。
    それでも、お腹の子どもに対してのけじめはしっかりと二人でつけるべきですから、自分の意見を男性はしっかりとセフレに伝え、しっかりとケアすることも忘れないでください。

    中絶費用は男性が全部持つ

    セフレが妊娠した際に中絶費用は男性が全部持ちましょう。
    口コミを見ていくと、「男性も女性も責任は同じだから折半」とありました。
    たしかにその通りなのです。
    しかし、男性よりも女性は身体的ダメージが大きいのが中絶です。
    中絶して終わりではなく、中絶する前にも後にも大きな負担を伴います。
    お腹の中に赤ちゃんを宿すことは決してない男性にとっては、こんなダメージを経験したことがないのでわからないでしょう。
    しかし、好きな人との子ではない赤ちゃんに対しても、自分のお腹の中に命が宿った瞬間から女性は母親になります。
    言ってしまえば、母親が自らの手で自分の子供に手をかけてしまうので、少なからずメンタルにも影響がありますし体への負担も大きいので、一定額を出すだけの男性とはくらべものにはならない苦労が待っているのです。
    お金では計り知ることができない苦痛を伴います。
    そのため、中絶費用くらいは一時的なダメージしかない男性が全部払うべきです。

    では、一体セフレが妊娠した時にどのように二人で対処するべきなのかといったことを次項では見ていきたいと思います。

    セフレの妊娠がわかった時にする4つのこと

    セフレの妊娠がわかった時に二人がするべき4つのことを見ていきましょう。

    一緒に病院へ行こう

    今の時代、最初に妊娠を知る方法として最も多く使われているのが、市販されている妊娠検査薬です。
    妊娠検査薬には色々とありますが、結果が出るまでに数分と書かれているものがほとんど。
    しかし、妊娠していればすぐに妊娠線が出ますし、これは安くても高くても、どの妊娠検査薬を使っても同じことなので、値段やメーカー、性能にこだわらず、すぐ手に入る妊娠検査薬を使って女性が調べてみましょう。
    ただし、妊娠検査薬のケースにも大きく書かれていますが、妊娠検査薬の性能は99.9%です。
    「メーカーが責任逃れのために100%と書かないだけでしょ!」と思いますよね。
    もちろん、そういったケースもありますが、実際に、妊娠検査薬を使って陽性反応画出たにもかかわらず、産婦人科で検査すると妊娠していないといったケースもあります。
    なぜなら、ストレスや女性ホルモンの乱れによって妊娠検査薬の反応も変わるから。
    そのため、女性が妊娠検査薬を使って妊娠を判断しただけなら基本的には妊娠と判断して良いのですが、妊娠していないといったケースも少なくないので、男女共に病院へ行きましょう。
    一生に病院へ行って妊娠したかどうかを確認できれば「絶対」ですよね。

    すぐに決断しよう!

    セフレが妊娠した時にほとんどのセフレカップルの選ぶ道が中絶。
    「中絶なんていつでもできるから、時間に余裕のある時に女性が病院に行ってやってくればいい」なんて思っていませんか。
    お腹に宿った命は日に日に大きくなっています。
    興味のあるかたは、インターネットでお腹に宿った赤ちゃんが、毎週どんな感じで成長しているのか写真でわかるようになっているので見てみましょう。
    女性はもちろん、男性でなくても早く決着をつけなければと思うはずですよ。

    お互いどうしたいの?

    セフレが妊娠した時に男女共にしてはいけないことが、どちらかに答えをゆだねること。
    小さな命の行方を決めるなんて、お互いにとって大きな「仕事」、「責任」となりますよね。
    「二人で作った」命の行方を考えることも、当然二人の仕事です。
    そのため、じっくり二人でお互いにどうしていきたいのか、宿った命をどうしたいのかだけでなく、今後の自分たちの行方についても考えていくべきでしょう。
    中絶する、シングルマザーになる、もしくは結婚するといったことが決まった場合、何はともあれ必要なのがお金。
    経済的なことは絶対にクリアしておきましょう。

    今後のことを話し合う

    中絶するとなればセフレのどちらがお金を払うのか、もしくは折半なのかといったことを決める必要があります。
    また、中絶するとなれば、女性は中絶した後、基本的にその日に自宅に帰ることができるケースが多いようですが、自宅に帰れても体に不調が発生する可能性は高いです。
    中絶したその日でなくても、翌日やそれ以降に体への支障を感じることもあるでしょう。
    そのため仕事に行くこともできなければ、普通の生活をすることもできない可能性は十分にありますよね。
    そんな風になった時の慰謝料ではありませんが、ケア料金、また、医療費といったことも必要とされる可能性は十分にあります。
    もし、セフレが出産するとなった場合、各地方自治体が出産給付金を出していますが、基本的に基本料のみ。
    週末や夜間、また、帝王切開となった場合には実費が発生するので、出産費用はどうなるのかといったことは、シングルマザーを選択した女性に関してはしっかりと相手の男性に確認しておきましょう。

    セフレが妊娠した時の3つのオプションと対処法

    セフレが妊娠した時にはどんな選択肢があるのか、また、それぞれの選択肢を選択する際の対処法について紹介していきます。

    中絶する

    セフレが妊娠した際に、ほとんどのセフレたちが選ぶ選択肢が中絶です。
    現代では妊娠したくてもできない人たちがたくさんいる中、せっかく授かった大切な命を自らの手で失うことは心だけでなく、女性は身体的な苦痛も伴います。
    しかし、「デキちゃったから生むしかないや」といった無責任な考えで子どもを生んで、結果的に育てられなくなってしまうといったことを考えれば懸命な選択だといえるのではないでしょうか。

    繰り返しになりますが、中絶の場合、男性はお金を出せばそれで終わるかもしれません。
    しかし、女性は心身共に非常に大きな負担やリスクが伴います。
    二人で選んだ中絶という選択肢であっても、中絶する女性に対して軽薄な態度で接するようなことは絶対にやめてください。
    最初から最後まで優しく接し、しっかりと女性の心と体のケアもしてあげましょう。
    中絶直後にセックスに誘うなんてことも絶対にしてはいけませんよ。

    編集部
    セフレが妊娠した時に中絶を選択する人がほとんどだと思います。中絶を選択する際にはどんな風に対処すべきか細かく見ていきましょう。
    中絶は早めに行う

    中絶を決めたのであればできるだけ早く行うことが先決です。
    なぜなら、赤ちゃんは日々お腹の中で成長し、赤ちゃんが大きくなればなるほど母体に負担がかかるからです。
    もちろん、負担がかかる分、痛みも大きくなります。
    また、妊娠が発覚した瞬間から女性は普段と異なる感情や気持ちを抱きがちです。
    お腹の赤ちゃんと過ごす時間が長ければ長いほど、中絶する気持ちが薄れやすくなるため、できるだけ早めに処理するようにしましょう。
    さらに、お腹の赤ちゃんが大きくなると、身体的ダメージはもちろんのこと、中絶費用も高くなってくるので早めの行動がベストです。

    中絶する時も後も男性は女性をケアする

    中絶することは決して気持ちの良いものではありません。
    何度も伝えているように、身体的ダメージを伴うことで、小さな命をダメにしてしまったことへの罪悪感を一生背負っていくことでもあります。
    ハッキリいって、男性にとって宿った命を失うことにダメージはほとんどいないでしょう。
    しかし、女性は手術を受ける側。
    術前も術後も不安はつきまといますし、不安定な状態も続くことが考えられます。
    セフレだからといって、女性に一人で中絶してもらって、その後も勝手にしてくれといった態度はやめましょう。
    できれば中絶時にも一緒に病院で付き添ってあげ、術後もできるだけそばにいて心と体のケアをしてあげることをおすすめします。

    セフレと結婚して子育てをしていく

    特に、長年セフレとして関係をもっていると、体だけの関係ではなく心のつながりも生まれてきますよね。
    また、やはり情がわいてくるものです。
    そんなセフレ同士は、お互いを恋愛対象として見ることができることもあれば、人として尊敬できるような相手である場合、結婚して一緒にできた子どもを育てることを選択するといった方法もあります。
    決して多いケースではありませんが、男性の中には「セフレだけど、自分が妊娠させたのだから責任をとる」と考える人もいるのです。
    もちろん、女性も結婚して一緒に子育てをしていくことに同意する必要があります。

    編集部
    セフレが妊娠し、セフレと結婚して子育てをしていくことを選択したセフレカップルたちはどのように対処していけばよいのかを見ていきましょう。
    お互いが幸せになるようにしていく

    特に、セフレに対して恋愛感情はないのに責任を取るために結婚を決意した二人は、愛がない状態ですよね。
    それでも結婚するのであれば、お互いが幸せになれるようにしなければなりません。
    二人でどのようにしていくことで幸せになれるのか、どのようにすれば幸せな出産ができ、子どもと一緒に幸せになっていくことができるのかをじっくりと話し合いましょう。
    子どもができると、特に女性は180度人生が変わると言われています。
    人生がまるっきり変わってしまう女性を男性がどうサポートしていくのかを話し合うことも重要ですよ。

    両親たちにも納得してもらえるようにする

    結婚は本人同士だけの問題ではないとよく耳にしますよね。
    結婚は「家」同士の問題だと言われています。
    つまり、セフレが妊娠してお互いに結婚を決めたものの、双方の両親たちが許してくれるかはわかりませんよね。
    そもそも、できちゃった婚を心から喜ぶ親はいません。
    そのため、双方の両親たちが納得してくれるような結婚の理由を用意しておかなければなりません。

    経済的なことを話し合う

    結婚して子育てをしていくには当然ながらお金が必要です。
    セフレ同士ですから、あまりお互いの収入や職業に関して今までつっこんだ話をしたことがなかったはず。
    しかし、結婚する前に経済的な事をしっかりと話し合っておかなければ、お金が原因で喧嘩となり、幸せな結婚や子育てとは縁遠いものとなっていまいます。
    もちろん、お互いに現在借金などがないことも確認しておかないと、不仲の原因となるので確認しましょう。

    シンママとしてやっていく

    セフレとの子どもを妊娠し、出産を決意したものの、結婚という選択肢は選ばずシングルマザーになるといったケースもあります。
    昔と違って今はシングルマザーも珍しくありませんよね。
    「こんなにシングルマザーがいるってことは自分も簡単にできることだ」と考えるかもしれません。
    しかし、一人で自分だけでなく子どもと生活するお金を稼いで、子育てもして家の子ともするというのはかなりハードなことで、あなたが今想像している以上に大変です。

    「お金のことはセフレに要求すればいいや」と思っても、払ってくれる保証はありませんし、未婚のまま母親になる場合と離婚したためにシングルマザーとなった母親とでは国から受けられる補助も全く異なります。
    「一人で育てていけばいいか」と考えていたら、全く想像していなかった状況が待ち受けている可能性は高いので、一度冷静になって一人で考えることはもちろん、セフレともじっくりと話し合うべきです。

    編集部
    シングルマザーになることを決心した際にはどんな対処をとるべきか、詳しく見ていきますよ!
    セフレ同士で養育費について話し合う

    セフレから養育費をもらう場合、セフレとしっかり話し合いましょう。
    女性側から一方的に「月に〇万円振り込んでくれればいいよ」なんて言われても、男性側も納得しませんよね。
    しっかりと男性が養育費を払う気があるのか、また、養育費を払ってくれるなら月にいくら払うのかも確認しましょう。
    注意点としては、口頭で決めるのではなく、しっかりと決めたことは書面にし、サインももらっておくこと。
    言った言わないといった問題になるケースはよくあるので、書面にしておくと証拠となります。
    もちろん、セフレに一切頼らないのであれば養育費について話し合う必要はありませんが、逆に男性側が後から女性に色々言われたくないがために、養育費について聞いてくることはあるでしょう。

    生活費について考える

    子どものうちはあまり生活費もかかりませんが、おむつ代や保育園代といった、今まで自分で出したこともない費用が発生します。
    さらに、子供の年齢を重ねるごとに食費や教育費といった生活費全般がどっとアップします。
    おむつ代や保育園代がかからなくなったと思ったら、それ以外のことでお金がかかるようになるだけでなく、今まで以上の出費が発生するため、シンママの場合、生活費について先を見据えておかなければなりません。
    先のことを見据えた職に就かなければ子供を養っていけないので、非常に重要なことです。

    妊娠なしのセフレ関係を築くためには避妊がマスト!

    そもそも、恋愛感情のないセフレ同士なのですから、もしものことを考えて避妊をしてセックスすることはマスト。
    もちろん、避妊しても避妊具の使い方によっては避妊できずに妊娠してしまうケースもあります。
    避妊具を使った上でのセックスでも妊娠してしまうことがあるのは、使い方がマニュアル通りではないから。
    そのため、適切な避妊具の使い方を用いてセックスをするようにしてください。
    そうすればセフレの妊娠歯避けられ、今まで見てきたような問題は避けられます。

    また、セフレ同士の妊娠を避けることで、女性の身体へのダメージも防ぐことができますし、せっかく宿った命を無駄にしないといった大きなメリットがあります。

    「セフレが妊娠」お互いが後悔しないために学んでおくべき避妊の仕方

    セフレが妊娠をして後悔をしないために、ここで改めて避妊の仕方について考えて行きましょう。

    正しいコンドームの使用法

    今更という方もいるかもしれませんが、本当に正しくコンドームを使っているのでしょうか。
    例えば「最後は装着する」という場合もあるかもしれません。

    途中からコンドームを使用するというのではなく、最初の挿入段階から装着していただくことこそが正しい避妊の仕方といえるでしょう。
    コントロールできているように感じていても、途中からとなると妊娠のリスクは一気に高くなってしまうのです。

    ピルの使用法

    今では、女性側においても避妊の意識というものが高まっています。
    セフレとの時間を過ごすためにピルを服用しているという方もいらっしゃることでしょう。
    慣れてくると、適当な感覚で服用する方も出てくるようですが、用法と用量は守るようにしてください。

    医師の指示に従って服用するからこそ、妊娠というリスクを避けることが出来ますし、自分自身の健康も守ることが出来るのです。

    安全日でも避妊をする

    よく「安全日には妊娠をしない」といわれています。なので、安全日には避妊対策をしないという方もいるかもしれません。
    しかし、これは賢明な方法とは言いがたいでしょう。

    確かに、妊娠する可能性は低い時期ではありますが、確実ではありませんので常日頃から避妊に対する意識を持つようにしましょう。

    外出しは避妊ではない

    外で出すから大丈夫。
    そのような考えをお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか。
    膣内に射精をしないから安心と思っていても、非常に危険な方法ということができるのです。

    後悔をしたくない・トラブルに進展させたくないというのであれば、このような誤った対策法は改善していただくのが良いでしょう。
    必ず「避妊具」と呼ばれるものを使用するようにしてください。

    コンドームのチェック

    爪を立てないようにする・袋から取り出すときに袋と一緒に引っ張らないようにする、
    裏表を正しく装着するという正しい使用方法についても改めて見直しましょう。

    セフレとは避妊がマスト!妊娠はお互いのリスクが高すぎる

    セフレ同士でセックスを楽しむのは個人の自由だといえるでしょう。
    しかし、女性を妊娠させるようなセフレ関係は無責任です。
    たとえ妊娠がわかって結婚を選んだとしても、お互い100%望んだことではないので幸せになれる可能性は高くありません。
    無駄な悩みや人を傷つけることがないよう、セフレと楽しむ際には避妊がマストです。
    避妊ができなければセフレを持つべきではありませんし、セックスをする資格もないといえるでしょう。

    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次