男性向けの豆知識

セフレと別れたあとにやってはいけない意外すぎる5つのこと

あなたは大丈夫?セフレと別れたあとにしちゃイケない意外すぎる5つのこと

一期一会。

この言葉はセフレにも当然当てはまります。

体の相性がよく、頻繁にセックスしていた相手。
でも何らかの影響で別れてしまうことも少なくありません。

しかし、その後「まさか!?」というような展開になってしまうこともあるのです。

ここではあなたは大丈夫?
セフレと別れたあとにしちゃイケない意外すぎる5つのことについてお話していきたいと思います。

■別れた後に一切連絡しない

別れた後に連絡しないって普通そうじゃないの?
と思う方が多いと思います。

確かに一般的な恋愛においてはそうかもしれません。
ですが、セフレという関係に関して言えば、恋愛とはまた違ったものとなります。

ケースバイケースがあるのは当然そうですが、
一切連絡を取らなかったことによって生じたトラブル例(一部)をあげます。

1. 自分の知らないところで悪評が広まっていた
2. 彼女(妻)にバラされた

1.に関しては面倒だなと思うかもしれませんが、
きちんとした別れ方をしなかったのが原因になることが多いようです。

あなたの勝手な都合で音信不通になってしまった際に起こりやすいです。

悪評はSNSであったり身内であったり様々な形ではありますが、
まわりまわって被害を受けるということも少なくないようです。

セフレという関係であったとしても、建前で構いませんからきちんと別れを宣告してあげた方が賢明です。

2.に関しては、少なからず恋愛感情があった場合に起こります。

こちらも1.と同様、自分の勝手な都合で音信不通になった場合に起こりえることだそうです。

■セフレ自慢

男性はよく何人とヤったなどという数を競ったり、こんなセフレがいた!
などまるで武勇伝のように言いたがる人が多いです。

それが男性にとってのステータスであると思ってしまう気持ちはわからなくもありません。
しかし、このことによって婚約破棄されてしまった男性が意外にも多いということです。

特に田舎に多いようですが、人口が少ないこともあってか、
知人の知人は友人であったりする可能性が非常に高いです。

つまり、自分で言った発言によって自分の首を絞めてしまっているという現象が起きてしまうのです。
都会であっても、社内でそのようなことが起こっていた場合、似たような結果になることがあるそうです。

■またセフレになろうとする

元セフレとまたセフレになることも珍しいことではありません。

正確な統計をとったわけではありませんが、およそ50%の確率で被害に合う男性がいます。
被害というよりも自業自得になるかもしれませんが…。

元セフレとセフレでない期間に、そのセフレに彼氏や夫ができている可能性があります。
それを知らずにそのままセフレとして再開してしまってという展開です。

もちろんセフレという関係は、相手に彼氏や夫がいても関係が無いと言えば関係は無いのかもしれませんが、
当時セフレだったときと同じ境遇ではないことを認識しておく必要があります。

■セフレの画像をネットに掲載

ついつい何気なくやってしまいそうな行為です。

別に誰がやったんだかわかんないからいいだろう…と
安易な行動をとってしまい訴訟問題にまで発展してまったこともあります。

匿名性の高いネットですが、警察や裁判所などから開示を求められた場合はその限りではありません。

誰でも簡単に利用ができ、利便性もずいぶんと良くなってきたネット…
無法地帯と化してしまったかのようにも見えますがそうではないということです。

男性としてネタくらいにしか思っていないことでも、
された側にしてみれば傷つくのは当然ですし、違法行為でもあります。

悪気があったかなかったかという問題ではなく、その行為をしてしまったかどうかがポイントとなるため、
そんなつもりは無かった…と弁明しても無駄に終わる可能性が高いです。

掲載したい気持ちもわかりますが、個人的に楽しむか削除することを推奨します。

■関係を終わらせようとしない

1度できたセフレとの関係を解消するのは口惜しいと思う男性もいるでしょう。
女性側から別れを告げられ、それを受け止めきれない男性がストーカー化することも珍しくないようです。

セフレとはもともと性的関係であって、恋愛関係ではありません。
むろん恋愛関係であったとしても、必要以上に追う行為はストーカー行為になります。

ましてやセフレという関係、一般的にはあまり公表しにくい間柄であるにも関わらず、
そのように追う行為が周知されてしまうと、自分の立場が危うくなる可能性があります。

会社に○○のような被害に合っているので何とかして下さいと言われ、
出世街道に乗っていた男性が左遷させられたこともあるようです。

■まとめ

ふーんそんな程度か…と思った方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、これは全て実際に起こっていることの中から抜粋したものですから、
軽視しすぎるのは危険かもしれません。

特にネットにセフレの画像を掲載する件で問題になっていることが、ここ最近とても急増しています。
なりすましの件でニュースになったことをご存知の方も多いことと思います。

皆さんも知らず知らずのうちにやってしまっている…だなんてことはないでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 玉裏まで丁寧に舐めてくるセフレのマンコはかなりの名器だけどピストン攻撃で連続イキ…
  2. カーセックスでセフレのグチョグチョマンコのGスポを刺激したら潮吹きしたから手マン…
  3. 手コキしながらバキュームフェラしてくるセックスレスの人妻SEXフレンドが ゴムな…
  4. 痴女!淫女!ビッチ!どの言葉もピッタリなセフレのアソコは快楽が半端ない名器【松井…
  5. 街中の路地で俺のチンコにフェラする痴女セフレはM字になってクチュクチュさせながら…

関連記事

  1. 男性向けの豆知識

    彼女を感じやすい女にしたくない?イキやすい体質にする3つの方法

    彼女とのセックスに満足しているという方は多いと思います。しかしなが…

  2. 女性向けの豆知識

    一緒に解決してあげよう!セックスに消極的な彼が抱えるデリケートな3つの問題

    セックスに消極的な男性は色々とデリケートな問題を抱えています。…

  3. 男性向けの豆知識

    年下のセふれを手軽に作る方法10選

    女心は難しいと言いますが、普段の何気ない言動のせいであっさり嫌…

  4. 男性向けの豆知識

    女子がついついヤリたくなっちゃう「男性のエロく感じる仕草」5選

    ついヤリたいと思う気持ちは男性ばかりではありません。女性でもふとし…

  5. 女性向けの豆知識

    緊急調査!セフレとのエッチで一番興奮したシチュエーション・BEST5

    セフレという存在は良いものです。なぜなら面倒な感情を抱かず、ただ本…

  6. 女性向けの豆知識

    好きな人をデートに誘って断られた後の気まずさをサラっと流せる究極の言葉

    好きな人に対して意を決してデートに誘った。しかしながら断ら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

セフレの作り方「都道府県別」

  1. 【Jメール】エッチ体験談

    見た目とは違うエロ過ぎるギャップに初回のSEXから興奮しっぱなし
  2. 男性向けの豆知識

    持ち帰り目的でクラブに行くときに役立つ軽い女の7つの見分け方
  3. 【Jメール】エッチ体験談

    結婚してると内緒で土屋太鳳そっくりピチピチ10代の女の子とセフレになれたワケ
  4. 【Jメール】エッチ体験談

    23歳も年下の美人におじさんのねっとりSEXを気に入られてセフレに
  5. 男性向けの豆知識

    実はエロい子ほど信用できる!?セックス友達向きの優秀な女性の3つの見分け方
セフレ