セフレの作り方

セフレの作り方

「セフレ」それは、夫婦や恋人でもなければ愛人でもない、第三の関係と言えます。実はセフレを作る方法は、恋人を作る以上に気を遣わなければなりません。ここでは、セフレ候補の作り方から関係に至るまでを説明していきましょう。

最初に候補を作ろう

「セフレの作り方」として最も重要なのは、候補者を作ることです。まずは、周りを見てみましょう。異性として、性的な魅力を感じる相手はいませんか?必ず何人かはいるはずです。このように、面識のある異性の中にも候補になる相手はいます。

たとえば、友達を介して知り合うこともあるでしょう。さらに言えば、友達の中にも異性はいるはずです。こうやって見ていくと、いくらでも候補者になり得る異性はいるでしょう。問題は、これらの異性をどうやって引き付けるか、自分の魅力を分かってもらうか、というところでしょう。

セフレ候補者は、できれば面識がある方が良い

セフレ候補者を探すときには、いろいろな方法があります。ここでは、最近の事情も交えながら説明していきましょう。

セフレの作りはネットが主流?

セフレの作りはネットが主流?

最近は、ネットを使った「セフレの作り方」が主流になっています。一面識もない知らない者同士がネットを使って知り合いになっていきます。ネットは現代社会にマッチした便利なツールなので、必ずしも、これが悪い方法だとは思いません。

しかし、1つだけ気になるのが、相手のことを何ひとつ知らないということです。もちろん、知らない方がいいときもありますが、悪い言葉で言えば「使い捨て」の関係に思えなくもありません。だからこそ、ネットを使うという人がいるのも実情です。

セフレの作り方の一つとしては知り合いに頼むのもあり

セフレの作り方の一つとしては知り合いに頼むのもあり

自分で、「セフレが欲しい・作りたい」と周りの友達に伝えると、「この2人を会わせたら喜んでもらえるかも」ということになるかもしれません。この場合あくまでも、当事者同士が、誰からも「いい人」として通っていることが条件です。

この方法で大事なのは、周りの友達にさりげなく相談してみることです。たとえば、「最初はデートからのつもりだし、気が合わないなと思ったら普通の友達として付き合うつもりだから、紹介して」こんな感じで依頼してみましょう。

セフレの作り方として、人間として恥ずかしくない生き方をするためにも、相手のことを良く知ってから関係を構築しましょう。また、ネットで知り合ったとしても、デートを重ねて相手のことがある程度分かってから話をすすめるのがいいでしょう。

男性が誘うのがベスト!

たとえば、気に入った女性(男性)がいて、その異性と一度セックスしてみたいなど思うことはあるでしょう。しかし、女性はいくらムラムラしているといっても自分から誘うことは躊躇するでしょう。そこで、お互いに頑張りたいのが下記の2つです。

セフレを作りたい男性は自分からアプローチする男気を持とう

セフレを作りたい男性は自分からアプローチする男気を持とう

気になった異性、興味がある異性とセックスしてみたいという気持ちは、お互いにあります。そんなとき、男気のある人ならば何とかしてお目当ての女性と、セックスに持ち込もうとするものです。

自分からセックスに誘って女性にOKさせるにはどうしたらいいか?いきなり「セフレになろう」などでは、お話しになりません。ここで、女心をくすぐるような、セリフの1つでも考えましょう。

効果的なセフレの作り方は、下記の2つ!

  1. 普段と真逆の面を見せること
  2. 恥ずかしがらずに一気にセックスまで持っていくこと!それが男性の取るアプローチすること

セフレが作りたい女性は男性が誘いやすい環境を作ってあげよう

セフレが作りたい女性は男性が誘いやすい環境を作ってあげよう

でも女性の場合はちょっと違います。気になる男性がいて、その男性とセックスしてみたいと思ったとしても、自分からセックスに誘うことはできません。そこで、「お目当ての男性にセックスに誘わせる」というのがいいでしょう。

では、男性に「誘いたい」という気持ちにさせるためには、どうしたらいいのでしょうか?これも男性と同じで、普段と真逆の「女」を感じさせるといいでしょう。たとえば、ファッション、メイク、髪型などで、普段の真逆を演出するのです。

面識があり、日常を知っている相手をセフレにしたいなら、自分の非日常を見せることで興味を持たせることができます。また、相手に自分のパートナーにはない面を見いだすことで、友達関係を壊さずに、「セックスだけ」の関係を成立させることができます。

「セフレの作り方」を説明してきましたが、面識のある場合や紹介であれば、相手もそのつもりで会いにきてくれます。ということは、お互いの合意がしやすく成立、不成立どちらの場合でも誰も傷つかずにすみます。つまり、不成立でも異性の友達が増えることになります。

セフレってどんな関係?

セフレってどんな関係?

セフレと言っても、最近では一緒に食事やレジャー、釣り、ゴルフなどの共通の趣味があれば一緒に楽しむカップルも珍しくありません。そのため、関係自体は普通のカップルと大きく変わらない場合もあるようです。

一般的な意味を考えよう

今さらですが「セフレ」とは何なのか?簡単に分かりやすく説明しておきましょう。

セフレとは?

セックスフレンドの略語で、セックスを楽しむことを目的に交際している男女(または同性)の関係を指す俗語です。セックスのみで、恋愛ではなくあくまで友達でありながら性的関係を持つ異性、(または同性のこと)のことを指します。

最近は社会構造の変化などにより、女性の社会進出が著しくなってきています。そのため、言葉の意味も少しずつ変わってきているようです。セフレは、「男性のため」というよりは、対等な関係を楽しむというところに落ち着いてきています。

男性にとってのセフレのイメージや最近の事情

男性にとってのセフレのイメージや最近の事情
男性の一般的な「セフレ」に対するイメージとはどんなものでしょうか?調べてみました。

  1. 恋愛感情や結婚を意識しなくてもいい
  2. お互いのルックスの好みで相手を選べる
  3. 特定の相手がいても、カラダの相性がよければいい

ほとんどの人が浮気の延長や、都合のいい関係と考えている現状があります。男性の場合は、選ばれた者、端正なルックスと、女性だけでなく男性にも好かれる人間力、ちょい悪だけど面白いというようなイメージかもしれません。

現在は男女ともに晩婚化がすすんでいるため、セックスだけの相手がいるというのが男女問わず珍しいことではなくなってきています。

以前なら男性側から見ると、理想的な女性との交際という感がありました。そのため、以前は男性のための関係という感じで、「セフレがいる」というだけで、周りの男友達から羨ましいと思われたりした時代でした。

女性にとってのセフレのイメージや最近の事情

女性にとってのセフレのイメージや最近の事情

女性の一般的な「セフレ」に対するイメージとはどんなものでしょうか?調べてみました。

  1. 人に言えない秘密の関係
  2. 他人に知られたら、ふしだらと思われる
  3. 恋愛に煩わされることなく性欲を満たせる

男性ならそのような相手がいることを自慢するところですが、女性はほとんどの場合、自分から公言することはありません。だからといって、それを否定するわけではなく、興味はあるようです。一昔前はパートナー以外の相手がいることは、男性にとっては一種のステータスでした。

しかし、前述した晩婚化の影響で結婚や恋人などに魅力を感じない女性が増えてきたようです。そのせいか、「肉食系女子」などという言葉が一般化してきました。現在では女性でも男性のセフレを求める時代になっています。

不倫や浮気とは違うの?

不倫や浮気とは違うの?

相手を求める人の中には、既婚者もいれば恋人がいる人もいるかもしれません。ここでは、トラブルにならないために、それぞれの場合について説明しておきましょう。

浮気の定義

浮気や不倫の一般的な定義を見ていきましょう。

浮気とは?不倫とは?

特定の相手(夫、妻、恋人)がありながら、心が他の異性(同性)に向かってしまうことを浮気と言います。そして、片方、または両方が既婚者の場合は、一般的に浮気ではなく不倫ということになります。

セフレは浮気(不倫)とどう違うのか?

セフレは浮気(不倫)とどう違うのか?

ここで、それぞれの違いについて説明しましょう。

恋愛感情があるか?ないか?

遊び上手な人というと語弊があるかもしれませんが、そういう人は本来のパートナー以外に恋愛感情を持ち込みません。セフレは浮気とは違い、単純に関係を楽しみたいということなので、体の相性が良く、好みのルックスであれば、性格などは関係ありません。

結婚という前提があるか?ないか?

浮気の場合は、パートナーと別れて新たに結婚を前提にした関係に発展することも、十分にあり得ます。しかし、セフレは基本的には恋愛感情を持たないので、結婚ということはあり得ないと考えるのが普通でしょう。

セックスだけが目的?

浮気や不倫の場合は、セックスだけでなく恋愛感情もあるので嫉妬心があり、相手を束縛しようとします。しかし、セフレならば相手のために時間を空ける必要もなく、お互いの空いている時間にセックスをするだけです。カラダのつながりだけで、ココロのつながりはないので嫉妬することもありません。つまり、特定のパートナーに束縛されるのを好まない傾向があるようです。

まとめ

「セフレ関係」について説明してきましたが、男性はもちろんですが最近は女性も積極的に相手を求める時代になっています。一昔前とは違って、恋愛自体が面倒くさいという人たちが増えてきています。そのためセックスだけではなく対等な立場での「友達」関係を楽しむ時代になってきています。

セフレ女性に男性は好きという感情はある?

セフレ女性に男性は好きという感情はある?

「セフレだから」「割り切った関係だから」と言っても男と女ですから、何がおこるか分かりません。もちろん、お互いがダメだと思っていても、相手を好きになることはよくあることです。場合によっては、トラブルに巻き込まれることも考えられますので、男性は簡単に「好き」とは言いません。

男性はセフレに対し恋愛感情はないのですか?

セフレという関係を不思議に思っている女性は少なからずいます。なぜなら、カラダの関係がありながら、恋愛感情がないのが信じられないということです。彼女たちの中には、好きでもない男性にカラダを触られることを苦痛と感じている人もいます。では、男性はどう思っているのでしょうか?

男性はセフレを好きにならないように努力する

男性はセフレを好きにならないように努力する

セフレのいる男性には、特定のパートナーがいることも結構あります。特定の相手ができて余裕ができると、他の女性に興味を持つこともあるでしょう。そんなときに、性欲を満たすだけの相手を持ちたいという気持ちになるかもしれません。「本来のパートナーとの関係は守りたい。

しかし、他の女性とセックスはしたい」というような複雑な心境の中で、男性は相手に恋愛感情を抱かないように努力します。それでも、男性も人間ですから、努力はしても「情」というものがあります。

当人同士が割り切って歯止めをかけることができれば、セフレ関係は成立しますが、男と女ですから男性としては、体の関係を持てば相手に恋愛感情を抱くことも十分あり得ます。

セフレで女性は満足できるのか?

セフレで女性は満足できるのか?

人それぞれ十人十色で、いろいろな考え方があって当然でしょう。女性にも3種類あります。ここで、それぞれのタイプを説明しましょう。

好きな人以外とは、手をつなぐのもイヤなタイプ

今となっては古風な考え方かもしれませんが、セフレ関係に不信感や嫌悪感を抱いている人もいます。

恋愛が面倒だが性的欲求は満たしたいタイプ

彼女たちは、完全にそれだけを楽しむ目的で割り切ってセックスだけを楽しむタイプです。お互いのプライバシーにも興味を持たず、会えばホテルに直行のパターンです。

メインはセックスだが友達として付き合えるタイプ

関係のメインとするところはセックスですが、普通のカップル(夫婦、恋人)がやるような、レジャーやスポーツなども一緒に楽しみます。その他にも男同士の友達のような、相談し合うような関係もあります。昔なら、愛のないセックスだけの関係を否定する女性が多かったようですが、最近はそうでもないようです。

これは、「女性がふしだらになった」ということではなく、オープンな付き合いを問題ないと思うようになってきたという社会的風潮があります。

愛がなくても男性はセックスできる?

愛がなくても男性はセックスできる?

結論から言えば、男性は愛がなくてもセックスはできます。それでは、よく聞くセフレに関する女性の疑問として、次のようなものが挙げられます。

特定の女の子と継続的にセックスだけの関係がある場合、好きになるの?

多かれ少なかれ、好きという気持ちがなければ継続的に付き合うことは難しいのではないでしょうか?

カラダの相性とか、都合がつきやすいだけで、セックスできるの?

プライベートでの将来的展望が一緒に持てる女性と、カラダの相性とは全くの別の問題だと思った方がいいでしょう。

なぜ、彼女や奥さんがいるのに他でセックスできるの?

浮気心や性的欲求を満たすことが目的の場合は、スリルを味わいたいという気持ちは男女問わずあるでしょう。

セフレの彼女以上に大切な存在があれば、男性はセックスだけの関係を望むことになるでしょう。しかし、相手を「好き」という感情は間違いなくあるでしょう。

セフレ女性に告白されて好きになるケースもある

セフレ女性に告白されて好きになるケースもある

基本的にセフレに恋愛感情を持たないのがお互いのルールかもしれませんが、人によっては告白されると恋愛感情を持ってしまう場合があります。もちろん、特定のパートナーがいてもそうなってしまうこともあるのが、男と女の面白いところです。

恋人や夫婦でも、ある程度長く付き合っていれば、マンネリ化やセックスレスなどの問題が生じてくるでしょう。そのすき間にピッタリはまった告白ならば、恋愛感情を持ってしまうことはあり得ることです。

「セフレ女性に男性は好きという感情はある?」ということで説明してきましたが、友達として成立している場合は、男性は相手を気に入っているわけです。そのことからも、好きという感情がないわけはありません。つまり、人間的に魅力がある人は「情にもろい」ところがあります。

セフレor恋人!?自分はどっち?

セフレor恋人!?自分はどっち?

自分は恋人として付き合っていても、相手のちょっとした言動や行動で不安になることは、誰にでもあるでしょう。彼女や彼が自分のことをどう思っているのか?知りたい気持ちは誰にでもあります。ここでは、相手の気持ちを態度や言動で見極める方法を紹介していきましょう。

本気かセフレ?態度で見極める方法

既婚者や彼女がいるのに、都合よく遊べる女性を探すような「遊び人」もいます。そのため、パートナーに疑問を感じ、思い悩むこともあるでしょう。しかし、本気とセフレの違いは言動にでるので、見極めて不安を解消しましょう。

会話中の体の動きはどうか?

ベッドの中は別として、好きな人の話は目を見て体の向きを変えてでも、真剣に聞こうとするのが普通です。ところが、真剣に付き合う気がない場合は、もともと相手に関心がないので話をしていても時計を見たり、スマホをいじったりするなど落ち着きがありません。

特別シャイな人もそうなると思いますが、付き合っていればそのくらいの判別はできるでしょう。つまり、目を見て体の正面を向けて聞こうとする姿勢があれば、脈はあると思っていいでしょう。

メールの返信で分かる本気度

好きな人からのメールには返信が早く文面も丁寧です。逆に人間はどうでも良い相手のメールに対しては、「面倒くさい」など自分の感情が先に立ち返信を後回しにします。セフレの場合も、自分の都合しだいで、返信も遅めでそっけない文面です。そして、「寝ていた」「忙しかった」などと言い訳をする場合がほとんどです。

並んで歩いているか?

好きならば、並んで歩きたいと思うのが普通です。そして、女性を安全な側に導きます。しかし、セフレの場合は、手をつなぐことも腕を組むこともなく、「知り合いに見られたくない」という心理が働くことで、微妙な距離感ができます。

知り合いと偶然、会ったときは?

知り合いと偶然、会ったときは?

カップルで街を歩いていると、彼や彼女の知り合いとバッタリということもあるでしょう。ここで、普通のカップルならば、恋人として紹介するはずです。ところが、セフレの場合はバレるのを嫌がり、紹介しないか、或いは友達として紹介します。

人が人を好きになると、遊ばれていると自分で分かっていても、事実から目を背けたい気持ちが働きます。「いつかは」という淡い期待を持っていても、裏切られることもあるでしょう。しかし、恥ずかしがりやの人もいますので、本心を聞いてみないと分からないことがあるのも事実です。

恋と愛の違いからセフレと恋人の違いを考える?

恋と愛の違いは?

両者の違いはどこにあるのか?一般的に「セフレは性的関係が中心」、「 恋人は人間関係が中心」という見方が大半です。ここでは、「恋」「愛」の観点からもセフレと恋人の違いを説明していきましょう。

恋と愛の違いは?

2つの違いを説明するとなると、頭では分かっていても言葉にするのが難しいということもあるでしょう。ここで、分かりやすく比較しましょう。

「恋」

  1. 1人でもできるもの
  2. 相手を本気で好きだと思う
  3. 自分の欲(性欲)を相手にぶつける
  4. 不安が付きまとう

「愛」

  1. 2人でないとできないもの
  2. 相手の嫌いなところまで含めて好きになること
  3. 相手の幸せさえあれば自分も満たされる
  4. 安心感に満たされている

上記のことからも分かると思いますが、セフレは「恋」、恋人は「愛」と言えば分かりやすいでしょう。このことから、相手の感情が「恋」なのか「愛」なのか自己診断はできます。ただし、相手も人間ですから一概には言えませんが、彼や彼女の言動と行動から見当はつくはずです。

友達以上恋人未満?理解できる?

友達以上恋人未満?理解できる?

ちょっと古いですが、CMで「友達以上恋人未満」というのがありました。これは、日本人特有の曖昧な表現です。まさに、これこそがセフレゾーンだと考えると分かりやすいと思います。しかし、これを理解できない人もいるはずです。

良い、悪いは別にして、束縛をされるのもするのも嫌う人がいます。こういう人は、「自由を楽しみたい」という思いが強いわけです。しかし、相手に対する愛情がないわけではありません。

たくさんいるカップルの中には、曖昧な関係のまま付き合っている人達が、相当数いるのも実情です。そのため、片方が恋人だと勘違いしてショックを受けるようなこともあるかもしれません。

本当に幸せな恋愛を求めるなら、本気であなたを思ってくれている人と付き合うべきでしょう。こちらがどんなに誠意を見せても、遊ぶために平気で嘘をついている人間かどうかを、見極めることが必要です。決して言葉や一時的な優しさに振り回されないようにしましょう。

セフレが作りたい・欲しい!恋人じゃなくて・・・という女性たちの本音

セフレが欲しい!恋人じゃなくて・・・という女性たちの本音

普通の女性の中にも少数ですが、積極的に「セフレが欲しい」という強者もいます。ほとんどの女性が「恋人が欲しい」と考えている中、敢えて「セフレが欲しい」と考える女性は、どんな人でしょうか?ここでは、エピソードも交えながら説明しましょう。

セフレが作りたい・欲しい女性はどんな人?

「セフレが作りたい・欲しい欲しい女性」は、派手で社交的な遊び上手な女の子というのが、一般的なイメージでしょう。もちろん、そういう人もいますが、必ずしも全員がそのような女性ではありません。中には、少数ですが好奇心が強い若い女の子やおとなしい寂しがりやの女性もいます。

恋愛に失敗した女の子

恋愛に失敗した女の子

  1. 恋人と別れたばかりで優しくされたい
  2. 誰かとつながっていないと不安
  3. 過去の恋愛がトラウマになりセックスだけを求めたい

やはり、失恋直後は寂しさもあり男性と付き合うことを、恐れる女の子もいます。そのために、性的欲求をうめるだけの関係を求めるようになるようです。

セックスに溺れる女の子

セックスに溺れる女の子

  1. 彼氏はいるけど他の人ともセックスがしてみたい
  2. 恋人に束縛されるのはイヤ。まだ遊びたい
  3. 年上の男の人とのセックスにハマってみたい

このタイプは恋人のいる若い女の子に多いようです。セフレのことがバレなければいいというような、快楽に溺れてしまうタイプです。中には、人妻にもこのようなタイプの女性がいます。

寂しがり屋のロマンチスト

寂しがり屋のロマンチスト

  1. 男の人に抱かれているときが幸せ
  2. 好みの男性が望むなら、セックスだけでも構わない
  3. 寂しさを分かってくれる男性とつながっていたい

寂しがりやの女性たちは、「恋愛が怖い」「恋愛経験があまりない」など遊び下手なのが特徴です。そして、一般的にはインターネットでつながりを求めようとします。たとえば、SNSや出会い系サイトの掲示板などで深入りしなくてもすむ相手を求める傾向があります。それは、「自分が傷つきたくない」というのが本音のようです。

セフレのいる女子はどう考えているの?

セフレのいる女子はどう考えているの?

こういう女性も大きく分けると2種類のタイプに分かれるようです。

恋人いない、セックスのみの女子

恋人いない、セックスのみの女子

よく、「男女の友情は存在するのか?」という議論がありますが、実際には成立する場合もあるようです。ここで、女子の話を見てみましょう。

セックスはするけど完全に友達関係(24歳 OL)
3年付き合った彼氏がいたのですが、半年前に別れました。なんか、疲れちゃって、恋愛相手はいらないけどセックスはしたい。そんなときに、幼なじみに再会しました。彼には結婚前提の彼女がいたのですが、なんとなくその日にそうなってしまいました。

別に好きではないし、揉めるのも面倒くさいのでスルーしていたのですが、彼女のことで相談を受けてから、彼といい関係になりました。仕事終わりに飲みに行ったり、カラオケに行ったりして楽しんでいます。私は、飲むとエッチしたくなるので、そのときは彼にお願いしています。

お互いに嫉妬することも、彼に振り回されることもないので、フリーの生活を楽しんでいます。恋愛に疲れた女性にはセックスありの友達関係も成立するようです。彼にパートナーがいればのめり込むこともないので、エネルギーを使うこともありません。さらに、寂しいときには、疑似恋愛も満喫できます。

恋人とセフレを使い分ける女子

恋人とセフレを使い分ける女子

恋人がいてもセフレが欲しい欲張りな女性がいます。結婚するまでに「いろいろな男性とエッチしてみたい」そういう女性もいるようです。

結婚は彼氏と!でもセックスは好き(27歳 ショップ店員)
彼氏がいるのにセフレがいるのは、いけないことですか?お互いに付き合っている大切な相手がいるから、セフレとは心がつながるわけではありません。大切な彼氏には言いだせないノーマルじゃないセックスも楽しんでいます。年上の彼氏は頼りがいがあって優しいので、絶対に別れたくありません。だけど、1つだけ不満なのが、セックスです。

彼氏とのエッチが最高に気持ちいいのは認めます。それは、心がつながっているからだというのも分かっています。でも、もっと刺激が欲しいと思っています。

まとめ

このように、大切なパートナーは結婚を考えるような、「心の支え」。セフレは満たされない性欲をうめるための存在です。お互いのパートナーとの関係が良好に保てるならば、これもアリかもしれません。彼女たちの話を聞くと、セフレと上手く付き合うことができれば、そんなに悪い関係ではないことが分かります。

自分の心の安定や、パートナーとの仲を円満にできるのなら、いいことでしょう。しかし、片方もしくは両方がのめり込んだり、関係がバレたりするようなことになれば、タダではすまないことは肝に銘じておきましょう。

セフレにしやすい女性の7つの特徴

セフレにしやすい女性の7つの特徴

男性から見て「セフレにしやすい女性」には特徴があります。悪い言い方をすれば「都合のいい女」ということになりますが、彼女たちは自己分析が苦手なようです。そんな弱点を逆手にとって、相手を騙すようなことはやめましょう。あくまでも、お互いの同意の上での関係を持つのが理想ですが、すくなくとも対等に付き合うようにしましょう。

気に入った女の子をセフレにできる?

気に入った女の子をセフレにできる?

男性にとって「都合のいい女」とはどんな人でしょうか?彼女たちの特徴を見ていくと見えてくることがあります。それは、現在の生活に満足していないという部分が少なからずあるようです。

セフレ女子の7つの特徴、複数当てはまれば合格!

セフレ女子の7つの特徴、複数当てはまれば合格

それでは、彼女たちの分かりやすい7つの特徴を挙げていきましょう。複数当てはまればチャレンジする価値は十分あります。ここでは、注意点も合わせて説明しましょう。

(1)露出の多いファッションを好む
ファッションの好みは人それぞれですが、男性を楽しませてくれるような露出の多い服装の女の子はいいかもしれません。中には、見た目と性格が全く反対の人もいますが、「恥ずかしさを感じていない」「見られたい」とも解釈できます。しかし、思い込みで相手に失礼のないようにしましょう。

(2)ルックスや肩書きにこだわる
プライドが高く上昇志向の女性も、意外とセフレ関係に持ち込むことができます。もちろん、2番手、3番手の関係になるかもしれませんが、セックスさえできれば構わないでしょう。男性からすれば、かえって都合が良いくらいです。そこで、注意したいのは、彼女たちの面子を潰すようなことはしないようにしましょう。

(3)押しに弱い、断れない
仕事でもプライベートでも、押しに弱い、断れない人はいます。そのような女性は好きではない相手にでも、誘われると食事やお酒を飲みに行ってしまいます。そこで、押しの強い人であれば、その日のうちにセックスまでいってしまうこともあるでしょう。しかし、あまりしつこくすると、長期的なセフレ関係は望めません。

(4)惚れやすい、尽くしたい
自分に好意を寄せてくれる男性には、そこまで好きでなくても好意を持ってしまうような人もセフレにしやすい女性といえます。そういう女性は男性の想いに応えたいと、一生懸命に尽くそうとします。どちらかといえば、セフレよりは結婚に向いているタイプかもしれません。できれば、男性も決まったパートナーがいない方が、良い方向に向かう可能性もあるでしょう。

(5)恋愛に依存する恋愛体質で寂しがり屋
「彼氏がいないと不安」「寂しい」というような、男性や恋愛への依存度が高い人もセフレにしやすい女性といえます。このような人は、特定のパートナーがいないと精神的に正常を保てないと思い込んでいる特徴があります。

男性はそのつもりはなくても、彼女たちは「恋人同士」であると思いたいところがあります。彼女たちは、結構ハードルが低めなので、目的は果たしやすいかもしれません。しかし、たまには「恋愛ごっこ」をしてあげるなどの、優しさを見せてあげましょう。

(6)相手に妻や彼女がいても構わない
恋愛に執着しない人は、自分が2番手でも一向に構わないという感覚があります。もちろん、彼女たちもセックスが目的ですから、セフレにしやすい女性といえます。しかし、口が軽い特徴があります。

また、他人の彼氏を欲しがる人もセフレにしやすい女性といえますが、男性が本来のパートナーとの関係をしっかり保つことが必要です。このような女性は、自分の彼氏になった途端に興味がなくなるのが特徴です。

(7)自分に夫や彼氏がいても構わない
セックスが好きで、浮気をすることでスリルを味わいたいという女性は、少なからず存在します。このような女性は自分の生活は守りたいので、セックス以上の関係は求めていません。そのため、セフレにするには最適かもしれませんが、バレた場合は大変なトラブルを背負うことになるでしょう。

以上の7つのタイプの特徴を挙げましたが、彼女たちは、「寂しさ」をうめるためにセフレに甘んじる場合があります。そのことを考えれば、男性は自分勝手にならず相手の気持ちを考えられる懐の深さが必要です。

自分の立場を認めたくない!「都合のいい女」

自分の立場を認めたくない!「都合のいい女」

前述で挙げた7つのタイプの特徴の他にもう1つ、ほとんどの「セフレにしやすい女性」に当てはまることがあります。それは、自分の立ち位置が分かっていない場合が多いということです。

どういうことかというと、「自分が彼にとって何番目なのか?」分かっていません。 たとえば、「仕事が忙しい」「彼の家に行ったことがない」などのように、明らかに男性が逃げの姿勢だとします。

ところが、彼女たちは自分の都合のいいように考えてしまう傾向がありますが、実際のところは、自己分析した結果を認めたくないということでもあります。 今回は、「セフレにしやすい女性の7つの特徴」というテーマで説明しました。

それらをよく見てみると、精神的安定を求める場合が少なからずあるようです。それを頭に入れながら女性に接してみて下さい。いいセフレ関係を構築するためにも、できる範囲で女性の望みも聞いてあげましょう。

セフレにしやすい男性の7つの特徴

セフレにしやすい男性の7つの特徴

女性にとって理想のセフレは、都合の良い時に呼び出せて、自分の欲望を満たしてくれる存在でしょう。しかし、相手にも思惑はあるので、完璧に自分の思い通りにはなりません。女性にとって大事なのは、セフレにしやすい男性を慎重に選ぶことです。そんなセフレにピッタリな男の見極め方を教えします。

どんな男ならセフレ関係を楽しめる?

女性にとって「都合のいい男」が、セフレにしやすい男性ということになります。しかし、人選を間違うと、逆にストレスをため込むことになりかねません。そこで、下記の7つの特徴から、都合のいい男(セフレにしやすい男性)の選び方について検討してみましょう。

(1)遊び上手で女慣れしている
恋愛経験豊富で、女の扱いが分かっていることは、セフレにしやすい男性の条件の1つです。このような人は場数を踏んでいて、経験があるので女の気持ちが分かります。そのため、臨機応変に動き、いわゆる「モテる男」という部類に入ります。しかし、結婚を前提にした付き合いとなると、女性が苦労することになるかもしれません。

(2)秘密を守れるのは絶対条件
「秘密厳守」これは、男性に求める絶対条件といえます。いわゆる、ヤリタイだけの「遊び人」は、セックスを楽しむだけならいいのですが、このような人は自慢話として周りに話す可能性があるので、知らぬ間に噂が広がるリスクは高いでしょう。

(3)セックスがうまい!研究している
セフレにしやすい男性の条件として、女性が望むことはツボにはまったセックスでしょう。それができる男は、快楽で満足感を与えてくれるだけでなく、ココロの安定をもたらしてくれるます。しかし、気を付けないとセックスに依存してしまうことになるかもしれません。

理想としては、場数を踏んだテクニシャンですが、若い男の子でも情熱があれば、ココロが通じるものがあります。それが、「女性を喜ばせたい」という研究心につながり、女性好みのセックスを仕込むことができます。

(4)妻や彼女がいて、仕事ができる(経済的余裕がある)
社会的地位があって、家庭のある男性も相手としてはいい条件といえます。もちろん、経済的に余裕がある必要がありますが、このような男はスマートな遊び方を知っているので、女性としても気分よく付き合うことができます。

そういう人は家庭も大事にするので、適度な距離感を保とうとしますし、秘密を漏らすこともありません。しかし、女性も心地よい関係に甘えて、無理なおねだりや恋愛感情を持ってはいけません。

(5)経済的余裕があるバツイチ
経済的余裕があるバツイチもセフレにしやすい男性といえます。やはり、結婚に懲りている場合が多いので、彼らも性的関係を満たすだけの相手を求める特徴があります。会う度にけち臭いデートではやる気も失せてします。せっかくエッチをするのだから、贅沢なデートがしたいと思うでしょう。恋愛感情がないのなら、男性の経済的余裕は大事なことです。

(6)褒め上手である
性的関係オンリーといえども、性的な快感だけでなく、精神的にも気持ちよくして欲しいと思うでしょう。たとえば、仕事や特定のパートナーと嫌なことがあっても、褒め上手の相手がいればストレス発散にもなるでしょう。

(7)精神的に大人で心の余裕がある
セフレとして付き合っていくにあたって、相手に求めたい絶対条件の1つとして「精神的に成熟した大人であること」が挙げられます。男にとって「少年の心を持ち続ける」というのも大事なことです。しかし、それだけではダメで、大人の雰囲気と少年の心の2面性を上手に使い分けることができこそ最高の相手です。

まとめ

セフレにしやすい男性の条件を見ていきましたが、全てが当てはまるパーフェクトな人はいないでしょう。そこで、女性側が優先順位を付けて、外せないところを決めて選びましょう。あくまでも、関係は女性の合意がなければ成立しません。

年下の男の場合は慎重に!

年下の男の場合は慎重に!

年下の男を「かわいいから」という理由だけでセフレにしてしまうと、女性の方が泣くことになるかもしれません。なぜかといえば意外と若い男の子にハマってしまう女性がいて、お金の援助を求められるということになりかねません。

それでは、対等とはいえませんし、長く関係を続けることは難しくなるでしょう。
あくまでもセフレとして付き合っているのにどちらかが、恋愛関係を求めてくるということが実際には少なくありません。それをさけるためには、最初に「セックスだけ」という確認を取っておきましょう。

女性にとってセフレは、日々の生活での疲れを癒しリフレッシュするためにも大事な存在です。セフレにしやすい男性というのは、言い変えれば「安全で都合のいい男」ともいえます。しかし、男性のプライドを守ってあげることも考えてあげましょう。そうすることで、お互いに幸せに生きていくことができます。

「セフレの品格-プライド-」という漫画でセフレについて学べる!?

「セフレの品格-プライド-」という漫画でセフレについて学べる!?

「セフレの品格-プライド-」ちょっとショッキングなタイトルですが、この漫画作品は電子書籍でたくさんの人に読まれています。あっという間に読み終えてしまうような、面白い作品です。では、この漫画を「セフレの参考書」になるかどうか検証してみましょう。

「セフレの品格-プライド-」登場人物紹介とあらすじ

この漫画を知らない人のために、主な登場人物紹介とあらすじを紹介しておきます。

キャラクター紹介

主な登場人物3人を紹介します。

  1. (抄子) 20歳と28歳の時に結婚して離婚、バツ2で最初の夫との間に娘がいる。一輝とのセックスが忘れられず、関係を続けている。
  2. (北田一輝)イケメンで金払いもよくて誠実。産婦人科の跡取り息子でバツ1、抄子にセフレになることを持ちかけます。結婚に辛い過去があり恋愛に臆病になっている 。
  3. (華江) 資産家の夫を持つ抄子の同級生。抜群に美しい容姿を持つ彼女は、一輝と不倫関係にある。乳がんで乳房を失い夫とはセックスレスの関係 。

あらすじ

抄子と一輝は同窓会で再会し、いい雰囲気になってそのままホテルに行って、関係を持ってしまいます。抄子は恋人として付き合っていきたいのですが、一輝にはそんなつもりはまったくなく、「セフレ」としてやっていくことを望みます。彼女はショックを受け、一輝を軽蔑します。ところが、その夜のセックスが忘れられずズルズルと関係を続けてしまいます。

彼は、辛い結婚生活を経て離婚。そのショックからパイプカットしてしまいます。そんなとき、セックスレスで悩んでいた華江と関係ができます。

その関係を抄子の知るところとなりますが、華江の性格と夫との問題に触れることにより、一輝を通して連帯感を持つまでに至ります。さらに、抄子は彼の優しさに触れ、お互いの距離がどんどん縮まります。しかし、2人の仲を壊すようなトラブルが次々に起こります。作品としては、ハラハラドキドキ、まるでジェットコースターのようなストーリーで、現在も進行中です。

「セフレの品格-プライド-」参考になる?

あくまでも、娯楽としての漫画ですから日常ではあり得ない、ドキドキ感を味わえるのがこの作品のいいところです。読んでみないと分かりませんが、実際には紹介した以外にもたくさんの登場人物とのしがらみもあります。そこで、この作品が実際に参考になるのか考えてみましょう。

大人だって恋がしたい!

この作品を読んでいると、恋愛は若い人だけのものではないということを、改めて考えさせられます。若かろうと、アラサーだろうと、アラフォーだろうと、アラフィフだろうと機会さえあれば、恋愛がしたいということが分かります。

自分の置かれた立場での中で、男女の関係を楽しむことができるのが「セフレ」です。このような、男女のセックスだけの関係が自分の生活を守り、疑似恋愛で心の安定をもたらすわけです。

やはりピュアさは大事!

この漫画は一見、昼ドラのようなドロドロとしたものを感じるような描写もあります。しかし、よく読んでいくとお互いを信じあうようなピュアな部分も読み取れます。おそらく、セフレに抵抗のある読者もいらっしゃると思います。

ところが、読んでいくと登場人物のピュアさに引き込まれていく感があります。日常に置き換えれば、特殊だからこそ「損得勘定なし」で付き合えるピュアな関係に魅力を感じるのかもしれません。

男女で依存するものが違う?

漫画を読んでいて気がついたのが、男女で心の安定を保つため依存するものが違うということです。男性は、セックスに依存するために関係を維持しようとします。ある研究によっても男性のセックス依存症は女性の3~5倍に当たります。

それに対して女性は恋愛に依存して、精神的に満たされることに喜びを感じています。そのため、女性の方が好きになりやすいので、男性は傷つけないようにうまくコントロールしてあげることが必要です。

この漫画で、実際のセフレ関係にも役立ちそうなことの一部をあげていきましたが、この他にも役立ちそうな名言などもたくさんあります。覚えておきたいのは、男女の仲は奥が深くセフレ関係は、その中でも特に難しい付き合いです。

ご覧の通り「セフレの品格-プライド-」は、テンポよく面白い作品です。また、考えさせられる内容もあり、「セフレの参考書」として教訓を得ることができます。しかし、恋愛感情を持っていてはセフレ関係は成立しませんが、相手の立場を考えて優しさを持つことが、関係を長続きさせる秘訣ということを学べます。

セフレの作り方!男女のセックス特徴まとめサイト『セフレNews』について

セフレの作り方!男女のセックス特徴まとめサイト『セフレNews』について

セフレ募集出会い系サイト・出会系アプリ&セックスフレンド(エッチ)体験談【セフレNews】では、世の中のセフレに関するニュース・雑学・悩み・体験談などを掲載しています。

日本人は昔から品格を気にする人種のため、セックスなど性に関するとこを他人には聞きづらいという方が多いです。しかし、大人になると誰でもセックスに興味を持ちます。

「家族や友達に、セックスのことを相談したいけど変な目で見られそう・・・」などと思いできないという未婚者が多い中、SEXがしたいけど相手がいない、今の相手じゃ物足りないなどの悩みを持ってネットを使ってセックスフレンドを求める肉食系男子や女子もいます。それと反対に、セックスレス状態の夫婦の割合も増えているのが現状で、溜まっている性欲解消のためにセフレが募集できるSEX特化出会い系サイトなどに登録をする人は珍しくありません。セフレがいる芸能人も多いです。しかし、どんな事情があれSEXフレンドがいる人を理解ができない世代のセフレってどんな関係?人達も大勢います。

当サイトでは、「セフレがいる人達」と「セフレという関係を理解できない人達」がそれぞれの意見をお互いに少しでも理解出来るような日本にすることを目標とした、セフレ専門情報サイトです。

管理人が思うセフレに対する考え方

管理人が思うセフレに対する考え方

日本では「セフレ」と聞くとあまり印象はよくありませんが、海外では、結婚していてもパートナー以外とセックスすることをOKしているところが珍しくありません。なので世界的に見るとSEXフレンドを作ることは何ら珍しいことではないのです。

日本人はもっとセフレに対してオープンになるべきだと思います。セフレがいても何も恥ずかしいことはありません。人によってはドン引きする人もいるかもしれませんが、嫉妬する人よりは少ないのではないでしょうか?

SEXフレンドがいる方は自分に正直に生きているだけなので、胸を張って生きていいと思いますよ。

セックスフレンドがいる、いない関係なく外国のように一人一人の考えを尊重する価値観を持つ日本人男女が増えることを望みます。

最近の記事

都道府県ごとのセフレの特徴

  1. 女性向けの豆知識

    それはないでしょ・・・女子が引いた「ありえないキスの仕方」3選
  2. 男性向けの豆知識

    女性の気分が徐々に高まる上手な下着の脱がし方・3ポイント
  3. 女性向けの豆知識

    モテる男は体系から!女子がセフレにしたいと思う体系ランキングベスト5
  4. 女性向けの豆知識

    意外と好きな女子が多い!?「朝エッチ」のスゴイ魅力
  5. 女性向けの豆知識

    「また同じ・・・」女性にガッカリされず理想のエッチの流れを再現する方法
セフレ