MENU

    セフレを断られた後の気まずい空気を一瞬でなくす魔法の言葉

    x「セフレになろう」と誘って断られた後の気まずい空気を一瞬でなくす魔法の言葉

    「もしかしたら、この人は自分のセフレになってくれるかもしれない」
    そんな予感めいたものが心の中に生まれて、相手に関係を求めてみた。

    そのような方もいらっしゃるでしょう。
    それがセフレ関係への第一歩のアクションでもあるかと思います。
    しかしながら、全てのケースが上手く行くとは限りませんよね。

    相手にその気が無かったなどという場合においては、
    一瞬にして気まずい空気が漂ってしまうなどという事もあるでしょう。

    では、ここでそんな空気を一瞬でなくす言葉について考えてみましょう。

    セフレが作れるセフレ募集ランキング
    ※2024年05月29日更新
    スクロールできます
    順位1位2位3位
    【優良】
    セフレ募集
    サイト
    ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
    運営歴20年以上15年以上20年以上
    会員人数2,500万人1,500万人600万人
    登録料無料無料無料
    出会えた確率74.5%71.3%68.8%
    編集部
    オススメ度
    鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
    詳細[R18]
    ハピメはこちらセフレ募集なら♪
    PCMAXはこちら幅広い年齢層
    Jメールはこちら絶賛人妻登録中
    公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
    目次

    明るく謝る

    そのまま無かったことにする・スルーしてしまうというのでは、
    気まずい空気になってしまった以上は難しくなってくるかと思います。

    そこで、やり過ごしたりせずに「まずい」とおもったらすぐに謝ることをオススメします。

    このとき、神妙な面持ちで謝ってしまうことによって、
    その空気をより一層重たくしてしまうことにもつながりかねません。
    ですから、なるべく明るく振舞って謝るように心がけてみてください。

    断られた側からしてみると、なかなか難しいと思われるかもしれませんが
    今後の関係を考えたときには良い方法なのです。

    そして、謝る具体的なものは「変なこといってごめんね」などと
    比較的にあっさりとしていて短く・分かりやすい言葉がよいでしょう。

    長い言葉をチョイスしてしまうと、回りくどくなりすぎてしまったり
    説明やいいわけをしているように聞こえてしまうケースもあるのでご注意ください。

    流す場合には

    「冗談だから」などと流すのも方法の1つとしてはあります。
    このときもやはり、明るく伝えるようにしましょう。

    相手によっては「本当に冗談だったのかも?」なんて思ってくれる場合もあるようです。
    こうした言葉を使うときのポイントですが、「すぐに次の話題へ移ること」です。

    テンションを切り替える言う意味合いでも有効的ですし、
    気まずくなりすぎてしまうまえに楽しい話題にシフトすることで比較的に後をひきにくいことと思います。

    かなり引いているなどという場合には
    「本気に思っちゃったらごめん」と謝る言葉も付け加えておくと良いでしょう。

    頭を考えないで済むことに誘う・見せる

    これは切り替えを早くするためにも有効的ですし、気まずい雰囲気になったときにまず
    「頭を使わない方法を選択する」ことでそれ以上の重たさにならずに済むという心理効果があるのです。

    「あ、そうだ」などといって写真を見せるですとかDVDを見るなどと
    一気に空気ごと変えるような物事に誘ってみるのも良いでしょう。

    相手への配慮

    「気分悪くさせてしまってごめんね。ごめんの意味を込めてお茶でも飲みに行こうか」
    などという相手への配慮を見せる言葉と前向きな行動をあわせると良いでしょう。

    こちらは、できれば早い段階での行動をとっていただくのが望ましいかと思います。

    自分自身もなかなかテンションが切り替えにくいということもあるかもしれませんが、
    相手のほうが居心地が悪いと思っている可能性が高いものです。

    ここは少し踏ん張って配慮と前向きさを心がけてみてください。

    友達を呼ぶ?などという第三者介入のお誘い

    セフレというワードを聞いたことで、相手によっては身を硬くしてしまっているなどという場合もあるでしょう。
    そうした気まずさからは第三者を入れることで解決する場合もまた多いのです。

    とはいえ、無言のうちに呼んだりするのは相手の心を無視したことにも繋がってしまいますので良くありません。

    「友達でも呼ぼうか?」などと声をかけてみてください。
    こうすることで空気の流れを変えることがしやすくなるかと思います。

    反省の気持ちを真摯に伝える

    真摯に伝えることによって、相手の心にも届きやすいですしまた許してもらえる可能性も高くなることでしょう。

    「少し調子に乗りすぎてしまった申し訳ない」ですとか
    「感情に任せて言ってしまった。これからこのようなことが無いようにする」
    などという反省の言葉を伝えるというのも良い方法ではないでしょうか。

    ストレートな方法ではありますが
    真摯な反省の態度や言葉をなかなか相手に見せられないなどという方も多いようです。

    ですから、改めてこうした言動を取り入れてみるというのも良いのではないでしょうか。

    まとめ

    今回は、セフレ関係を求めて断られ気まずい状況になってしまった。
    そんなケースにおける対処法となる言葉についていくつか考えていきました。

    小細工などは基本的に有効的ではありませんので、上記のような極力シンプルで相手の心に届きやすく
    テンションが切り替えやすいことを意識していただくと良いかと思います。

    これでもし、まだ空気が変わらないというのでしたら次の手段を考えるですとか、
    少し時間をおいてからまた話をするなどというスタンスも良いかと思います。

    つながり続けていたい人間関係だなどという場合には、
    上記のようなことを取り入れて実践してみるというのはいかがでしょうか。

    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次