MENU

    友達をセフレにする方法と注意点|友達とセフレになった時の上手な付き合い方

    セフレ 友達
    セフレが欲しいと思った時に、あなたはどのようにしてセフレと出会おうとしていますか。
    もしかしたら、あなたにとってベストな関係を築けるセフレはもう目の前にいるかもしれません。
    そう、あなたにとっての異性の友達こそがセフレとなる場合もあるのです。

    「え!異性の友達がセフレになるの?!」と思ったかたも、「異性の友達をセフレにできれば手っ取り早いのだけど…」といった考えを持っているかたのためにも、次のような内容をまとめてみました。

    • 異性の友達をセフレにする方法
    • 異性の友達をセフレにする際のメリットデメリット
    • 異性の友達をセフレにする際の注意点
    仲の良い異性の友達をセフレにしたいと思っている、もしくは、相手からセフレになりたいようなアクションがあるといったかたは必見の内容となっていますので、今後の二人の関係を良いものにするためにもご覧ください。
    あわせて読みたい
    セフレの作り方|出会い系サイトで初心者でも安全に作れる方法※2022年5月版 「セフレを作るには出会い系サイトがいいって聞いたけどどうやって使えばいいんだろう?」 「本当に出会い系サイトでセフレができるのか知りたい!」 セフレを探してい...
    セフレが作れるセフレ募集ランキング
    ※2022年05月16日更新
    スクロールできます
    順位1位2位3位
    【優良】
    セフレ募集
    サイト
    ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
    運営歴20年以上15年以上20年以上
    会員人数2,500万人1,500万人600万人
    登録料無料無料無料
    出会えた確率74.5%71.3%68.8%
    編集部
    オススメ度
    鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
    詳細[R18]
    ハピメはこちらセフレ募集なら♪
    PCMAXはこちら幅広い年齢層
    Jメールはこちら絶賛人妻登録中
    公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
    目次

    友達をセフレにするのはあり?なし?

    ズバリ、友達をセフレにするのはありです。
    そもそも、セフレは体の相性はもちろん、気があることも求められます。
    異性の友達であれば、当然、既に気が合っているからこそ友達関係を続けているのであって、そこに体の関係が付け加わっても、体の相性さえ良ければ良好な関係をキープできる可能性は非常に高いです。
    相談することもできて、セックスすることもできる異性なんて理想的だと思いませんか。
    友達をセフレにすることは断然ありです。
    しかし、友達をセフレにする際にはメリットデメリットもあり、さらに注意点もありますから、詳しいことは次項以降で細かく伝えていきます。

    異性の友達をセフレにする5つの方法

    異性の友達をセフレにするためには、どのような方法を使うと良いのか気になりますよね。
    そんなあなたは、次のようなチャンスを狙ってみると効果的ですよ。

    飲んだ勢いで誘う

    お酒の力を借りれば、勢いでセックスすることも可能です。
    飲む場所が自宅であれば、尚更良しと言った感じで、チャンスはいくらでもあります。
    自宅なら「泊まっていく?」なんて言って、眠る時に「一緒に寝ようか?」と言い、相手からOKが出れば、基本的にはセックスを覚悟しています。
    そのため、そのまま自然な流れでセックスに持ち込めば、特に苦労することもなくセフレ関係はスタートしますよ。

    相談に乗っている時に誘う

    たとえば、異性の友達から、本人にとってはとても大きな悩みを相談されたとしましょう。
    女性が悩みを打ち明ける時は感情移入してしまうことがあるため、涙を流した時はチャンス。
    また、涙を流さなくても完全にへこんでいる時もチャンス。
    どんどん距離を縮めて行き、ボディタッチの回数を増やしていきましょう。
    最終的には「もう我慢しなくていいよ」などと言って抱きしめ、キスに持ち込むことができればセックスまであと一歩です。
    精神的に弱っている時に優しくされると、ほとんどの人がその優しさに心が動かされます。
    その心理を利用すれば、比較的簡単に普通の友達からセフレになることができるのです。

    遅い時間から会って帰れないようにする

    遅い時間に友達と会うようにして、終電や終バスに乗れない状況を作ってみましょう。
    帰りの手段がなくなったらチャンス。
    「ずっとどっかのお店にいるのも疲れちゃうし、朝までまだまだ時間はあるからホテルでゆっくりしていこうか?」といった感じで、自然にホテルへと誘ってみましょう。
    いやらしさを感じない誘い方なので、相手も「いいよ」といった感じで疑いもなく承諾してくれる可能性は高いです。
    後は、ベッドに座って二人で会話をしたり、飲んだりして過ごしているうちに自然と距離は縮まってきますよね。
    その隙を狙って、キスをしてみたり、抱きしめたりして、セックスに持ち込むようにしていくと良いでしょう。

    二人きりで遠出して誘い込む

    二人きりでドライブや公共交通機関を使って遠出してみましょう。
    公共交通機関で行くなら、最終の時間を確認しておいて、その場にいざるを得ない状況を作れば、どこかに宿泊となるのが相場。
    ホテルや旅館の同じ部屋に二人きりで泊まって、ムーディーな雰囲気を作れば、自然とセックスに持ち込むことができます。

    ドライブの時にはちょっと嘘をついてみるのもおすすめ。
    「なんか車の調子が変化もしれない」とか、「ずっと運転していたから体がおかしくなった」などと言って、何とか宿泊へとこじつけられれば、後はもう雰囲気作りさえしっかりと作ることができれば、セックスへ持ち込むのは簡単です。
    ただし、同じ部屋は嫌だと言われるケースもありますので、そんな時には「離れて寝るから大丈夫」、「そっちの方が安いよ」、「一部屋しか空いてないって」と言って、何とか同部屋になるようにしてくださいね。

    異性の友達をセフレにする際のメリット

    異性の友達をセフレにすることで、次のようなメリットが生まれます。

    気心が知れていて楽

    異性の友達をセフレにすれば、もともと友達として始まった関係であるため、セフレになっても、今までの関係にセックスがプラスされただけといった感じ。
    今までとほとんど変わりはありません。
    気心も知れていて、異性なのにリラックスすることができるので、気楽に一緒の時間を過ごすことができるメリットがあります。

    素のままでいられる

    友達をセフレにすれば、素のままの自分を出すことができるといったメリットがあります。
    セフレになるまでに友達としてお互いの恋愛観について話していた間柄であれば、お互いに自分のことをさらけ出しやすいといえます。
    背伸びをせず、ありのままの自分で付き合えるのです。
    これまでに自分のセックスに対する考え方や性癖について話し合う機会があったならば、どちらもやりたいやり方でセックスできるのが、友達をセフレにする魅力の一つと言えるでしょう。

    何でも話すことができる

    もともと友達として様々な話をしていた関係は、セフレになった後も続きます。
    一般的なセフレにあまり心のつながりはありませんが、もともと友達として付き合ってきた者同士がセフレになると、心のつながりもあるので、何でも話すことができます。
    悩みも相談できて、性欲も満たせるなんて、セフレであれば、かなり長年続いていないと難しい関係です。
    異性の友達がセフレになれば、セフレ期間は短くても、何でも話せて安心できる存在となるでしょう。

    友達→セフレ→恋人関係に発展する可能性がある

    友達からセフレに発展することで、今まで見えなかった相手の一面を見ることができますよね。
    その結果、セフレから恋人関係に発展する可能性も高いです。
    彼氏や彼女を作るつもりはなかったのに、いつの間にかできているなんてことも友達がセフレになればあるというわけですね。

    異性の友達をセフレにする際の3つのデメリット

    異性の友達をセフレにする際にはメリットだけでなく、デメリットもいくつかあるので見ていきましょう。

    純粋な友達としての関係は続けられなくなる

    よく異性は友達になることができないと言われますよね。
    たとえ恋愛感情はなくても、友達からセフレになってしまえば、純粋な友達としての関係は続けて行くことは難しいと言えるでしょう。
    まさに、異性の友達は存在しないことを自分自身が体験してしまうことになります。

    恋人ができなくなる可能性が高い

    異性の友達をセフレにすると、とにかく気楽な関係なので、その気楽さに慣れてしまい、本命の恋人がいつまでもできなくなってしまう恐れがあります。
    20代前半と、まだまだ人生に余裕があればまだよいかもしれません。
    しかし、アラサーとなってくると、特に女性は結婚の二文字が常に頭をよぎることになります。
    セフレとの仲が心地よ過ぎると、彼氏がずっとできず、結婚したくてもできない状況に自らハマっていくことになってしまうので、注意が必要です。

    他の友達を失ってしまう可能性がある

    セフレに対してのイメージは決して良いものではありません。
    そのため、二人のことを知る周囲の人たちがあなたたちの関係を知ったら、白い目で見る人の方が圧倒的に多いでしょう。
    それくらいセフレに対してイメージはよくないから。
    また、どちらか、もしくはどちらにもパートナーがいる場合、余計に「なんでセフレなんか作っているの?!」、「なんであの二人友達だったのにセフレになっているの?気持ち悪い」と、周りの人たち同士で言われている可能性は大。
    「悪口なんか気にしない」と思っても、周りの人たちはあなたたちから去ってしまいます。
    仲良しの異性の友達がセフレになって充実したかのように見えても、それ以上に失うものが大きくなってしまうのです。

    恋愛感情をもってしまう可能性がある

    友達からセフレになると、体の関係が加わることで恋愛感情が生まれるケースは少なくありません。
    結果的に、お互いに恋愛感情が生まれれば、シングル同士の場合付き合えばよいので問題ありませんよね。
    しかし、どちらか一方がセフレを好きになってしまうと話は変わってきます。
    相手は完全にあなたのことをセフレとしか考えていないとなると、恋人関係になることはとても難しいでしょう。
    自分だけ相手に恋愛感情を抱きながらセフレとセックスするのは苦しいでしょうし、セフレとの関係を思い切って断つことも、精神的には決して簡単にはいかないでしょう。

    友達とセフレになった時の上手な付き合い方

    異性の友達とセフレになると、普通の友達関係とやはりちょっと変わってきてしまいます。
    そこで、異性の友達とセフレになってからトラブルなく続けるための上手な付き合い方のポイントを7つ紹介していきましょう。

    恋人のように束縛・独り占めしてはいけない

    異性の友達とセフレ関係になった後、平常通りに付き合っていくにはやや気をつけることがあります。
    特に男性がよくやってしまうのが、彼氏ではないのに女友達のことを彼氏のように独占したり束縛してしまうこと。
    これは絶対にNGです。

    セフレはあくまでもセフレ。
    恋愛感情がない割り切った関係であることが暗黙の了解となっています。
    少しでもセフレを束縛したり、独占しようとすると、相手は「なんで恋人でもないのにそんなことするの?」と、一気に冷めてしまうので、絶対にセフレのプライベートを干渉しないようにしましょう。

    絶対に秘密の関係でいること

    特に、お互いの共通の友達や知り合いにセフレとの関係を話してはいけません。
    セフレに対して多くの人が良い印象を抱いていないからです。
    周りの友達があなたたちの関係を知ったら、ほとんどの場合、あなたたちから距離を置いていくでしょう。
    多くの友達を失うなんて耐えられませんよね。なので、絶対に二人の関係を他人に話さないようにしてください。

    また、他人に言えない秘密の関係であることはメリットともなります。
    なぜなら「秘密」といったワードが、二人がセックスをする際に興奮材料となり得るからです。
    誰にも言えない関係だからこそ、二人でいる時には燃え上がることができますよね。

    変化を見せないことが重要

    友達と肉体関係を持ってしまった。
    肉体関係を持つ前と持った後とでは、相手に対しての感情や評価など、マイナスもプラスもひっくるめて変わってくることでしょう。

    しかしながら、これを態度を出すような真似をしてはいけません。
    あくまでも肉体関係を持つ前の付き合い方に変化を見せないように心がけるべきなのです。

    自分の所有物といったような態度にいきなり変化をしてしまう。
    他にも、これまでに遊んでいた内容と大きな変化をもたらす。

    更に会う頻度を増やしたり、逆に急激に減らしたりといった変化を見せるなどなど。
    こういった変化を肉体関係を行った直後などにすぐに見せてしまうと、相手も当然に意識してしまうことになります。

    結果として本命になりたいという願望が生まれてきたり、どうして付き合ってくれないんだろうといったような恨み節に変わったり、ヤリ捨てされたというような被害者意識をもたらしてしまうことにもなりかねません。

    臨機応変に対応する

    相手が無理だと言ったら会えないと思うようにしましょう。
    無理強いは絶対にしないでください。

    体の相性が良く、セフレと常にセックスしたいと思うこともあるかもしれませんが、セフレは本来フレキシブルに対応できる関係が求められます。
    そのため、相手が会えないなら「そっか、わかった。また時間がある時にね」と返してあげましょう。
    「なんで今日会えないの?」「この間は今日会えるって言ったじゃん!」といった感じで相手を責めることはNGです。

    好きな異性の話を隠さないこと

    これは本気になられないための伏線として必ず行っておくべきことです。
    既に本命の恋人がおり、それを相手のセフレ女性も把握しているのであれば、そこまで意識することもないと思います。

    ただし、セフレという立場では満足できなくなり、略奪愛に走ってしまう女性も少なくありませんから、本命がいるということをはっきりと伝え、一定の距離感を保つようにしたいところです。

    ある意味でひどいことをしているかもという罪悪感を高く感じる方もいらっしゃるでしょうが、あくまで友達という範疇を超える存在にはならないとあなた自身が感じているのであれば、しっかりとした線引きはしておくべきでしょう。
    これこそが本当の優しさであり、後々に必要以上に相手を傷つけないための最低限のモラルといえるのではないでしょうか。

    干渉しない

    それまでは全くしていなかったのに、相手の行動を把握しようと質問をしたり、連絡の頻度が多くしたりなどをする男性も多いものです。

    友達としての関係をキープしたいと思っている上で、恋人になるつもりはさらさらなく、セックスも楽しみたいというのであれば、必要以上に干渉などはせず、気遣いを持って、その友達と付き合っていく必要があるでしょう。

    セックスをする時には思い切り楽しむ

    二人だけにあり、友達も自分とのセックスをまんざらでもないようであれば、セフレとして徐々にその関係を発展させていきましょう。

    セックスをするとなれば、思い切り楽しみ、本命とは出来ないセックスをするのは、一般的なセフレとの付き合い方となんら変わらないことと言えるでしょう。

    ヤルためだけの関係は避ける

    上記の変化を見せないと共通していますが、セックスのためだけに会うという関係は避けましょう。
    普通に遊んだり、食事をするのはグループで遊ぶときだけで、二人きりの時は確実にやるという関係は、あまりおすすめ出来ません。

    異性の友達以外にセフレを作る方法

    異性の友達をセフレにするのは、リスキーなことでもあり、あまりおすすめすることはできません。
    そこで、ここでは異性の友達以外にセフレを作る方法をいくつか紹介していきましょう。

    ナンパする

    居酒屋やバーなどで一人飲みをしている異性は狙い目です。
    お酒が入っているとお互いに気持ちが大きくなっていて、色々なことに寛容になります。
    話が盛り上がれば、会ったその日のうちにホテルへ行けることも多いですよ。
    最初からホテルがあるエリアなどを押さえておくと、スマートにセックスへ進むことができます。

    街コン・恋活パーティー

    あなたも参加したことがあるのではないでしょうか。
    今や、街コンや恋活パーティーといったイベントが各地で開かれており、多くの参加者が集っていますよね。
    街コンや恋且つパーティーは恋人探しを目的としてやってくる人がほとんどですが、友達を作る目的のイベントもあるので、そういったイベントに参加して異性と知り合えば、仲良くなってセフレになることもできます。

    相席居酒屋

    最近では、出会いの場として相席居酒屋がとても増えていますよね。
    恋人作りを目的としていっている女性もいれば、異性の友達が欲しいと思っているかたも来店しています。
    フランクなノリなので、体目的の出会いを求めている男女も少なくありません。
    ただし、一人で行くよりも二人で行くのがおすすめ。
    必ずと言っても良いほど二人以上で来ている人が多いので、一人だと出会いにくいのです。
    二人で行けばどんどん気になる異性にアタックできるのも良いですよね。

    出会い系サイトやアプリ

    やはり、今の時代は何と言っても出会い系サイトやアプリでセフレを探すのが一番スマートで短時間でセフレが見つかる方法としておすすめです。
    その他の方法は、どこかに足を運ばなければならず、セフレになるまでにも時間がかかれば誰かと出会えるかどうかも確実ではありません。
    出会い系サイトやアプリを利用すれば、その日のうちにセフレと出会って待ち合わせてセックスできる可能性も高いです。
    また、安全性も他の方法より高いので、友達以外をセフレにする際には出会い系サイトやアプリで探すと便利ですよ。

    異性の友達をセフレにする際の注意点

    異性の友達がセフレにする際には十分に注意する必要があります。
    それでは、どんなことを注意するべきなのかを見ていきましょう。

    周りの友達には二人の関係を隠し通す

    繰り返しとなりますが、他人から見てセフレに対するイメージは決して良くありません。
    ましてや、共通の友達同士が付き合っているなら「おめでとう!」と、祝うことはできますが、セフレになったなんて聞いたら「なんでセフレなの?」と、祝うどころか疑問や否定する心しか生まれないでしょう。
    また、二人がセフレだと知ったら、周りの共通の友達は徐々にあなたたちから離れてしまう可能性は大。
    そんなことになったらセフレ関係だってお互いに楽しめませんし、友達を失った悲しみの方が大きいですよね。
    ですから、周りの友達、特にお互いをよく知る共通の友達には徹底して二人の関係を隠すようにしてください。
    念には念を入れて、まったく関係のない友人であっても、あまりセフレとの関係は話さないようにしましょう。
    どこからどうやって二人の関係が漏れるかわからないからです。

    さらに、第三者に喋らないだけでなく、行動にも気をつけましょう。
    自分たちは気をつけていたつもりでも、知り合いが誰もいない場所で会う約束をしたつもりが、実は知り合いの一人が二人のいる現場を目撃してしまい、関係がバレるといったこともあります。
    また、見えない場所でイチャイチャしている所を見られてしまったなんてこともあるので、外では「普通」の友達の関係を徹底するようにしましょう。

    避妊はマスト!妊娠のリスクがあることを忘れてはいけない!

    セフレに限らず恋人関係でもそうですが、避妊することは絶対です。
    特に男性は、女性が「避妊して」と頼まないと避妊はしないなんて絶対にありえないのでやめてくださいね。
    男性からも女性からも積極的に避妊するようにしましょう。
    そもそも、セフレに恋愛感情はありません。
    望んでもいない妊娠をしてしまったら、お互いにとってトラブルとなります。
    男性はお金を出せば終わると考えていても、女性は心にも体にも傷を負うことになることは絶対に忘れないでください。
    セフレを作るのであれば、男女共に責任あるセックスをすることは当然のことです。
    「ナマじゃないとやった気がしない」とか、「ゴムをつけるのが面倒」だなんて考えはすぐに捨てましょう。
    その気持ちよさも一瞬の快楽でしかありません。

    配偶者がいれば不倫となる

    セフレと浮気や不倫は異なると言われています。
    そのため、浮気相手や不倫相手のいる配偶者とセフレも、配偶者がいてセフレを作っている人からしたら浮気でも不倫でもないというでしょう。
    しかし、第三者から見れば、セフレとのセックスも浮気や不倫相手とセックスすることと変わりません。
    お互いに恋愛感情がなくても、配偶者のいる人が別の異性とセックスをしていることは浮気や不倫と同じなのです。
    だからこそ、パートナーにセフレがいるなんてことは言いませんよね。
    やましいことをしている気持ちがあるからこそ、パートナーに言えないのではないでしょうか。

    異性の友達をセフレにするのはリスキー!出会い系サイトやアプリでセフレを作ろう

    異性の友達をセフレにすることで、気楽な関係といったメリットはありますが、周りの友達に二人の関係がバレた時のリスクは大きいです。
    友達を失う可能性は決して低くありません。
    異性の友達をセフレにするよりも、出会い系サイトやアプリを使ってまったく知らない異性をセフレにする方が安全で、友達を失うリスクも低いです。
    リスクを回避するために、異性の友達をセフレにするのではなく、まずは出会い系サイトやアプリをチェックしてみてはいかがでしょうか。
    異性の友達よりずっとセフレ向きの異性が見つかる可能性は高いですよ。

    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる