マンネリSEXはたった3つの工夫で改善できる~夫婦編~

1436758993199762セックスは最初の内こそ大興奮してしまい、毎日でもしたいと感じることが多いでしょうが、長い年月を重ね、もう何度と身体を重ねていくと、そこに出てくるのは、ただの作業といったようなマンネリ化の波でしょう。

恋人同士であれば、様々なところに出かけるなどの対処方法も思いつくといえるでしょうが、結婚をし、夫婦となった場合のマンネリ化は、なかなかに解消することが難しいものです。

しかしながら、これを放置することによって、お互いがお互いに性欲をしっかりと解消出来なくなり、セフレの関係を作ったり、ドロドロの不倫関係に足を踏み入れるなんてことが実際に起こっている時代なのです。
ここでは、マンネリSEXはたった3つの工夫で改善できる~夫婦編~と題して紹介していきましょう。

まずはここから

いくら長年連れ添った夫婦でも、SEXのマンネリを解消する方法は、恋人のそれと何ら変わりません。
つまり、これまでにしたことがない新しいものをSEXの中に取り入れるということです。

これまである程度のプレイはしてきたし、その上であまりハードめのプレイとなれば、パートナーが拒否するといった手詰まり感を感じている方は多いものではないでしょうか。
こういった場合、まずはSEXに関しての話をしてみることから始めましょう。

これって意外と盲点で、特に夫婦になってから時が経っていればいるほどに、お互いに関してのSEX観やSEXに関しての情報交換などを行うことはなくなっているものです。
こういったものを会話の中に登場させることから始めてみましょう。
一番気持ち良いと感じる体位の話しや、お互いのセックスに関しての不満だっていい。

夫婦として人生を共にすると決めたからこそ、こういったデリケートな部分での秘密をなくすことが何よりもマンネリを防ぐためのコツなのです。

攻守交代

大抵のSEXの場合、男性がリード、つまり責める側になり、女性はそれについていくというか、受け入れる側に回るものです。
挿入行為の前に、フェラチオや手コキ、パイズリといったアクションを起こす場合もありますが、それはあくまでも男性が要求をして、興奮を高めるためのいちアクションです。

そうではなく、SEXにマンネリを感じているのであれば、完全に攻守交代をしてみましょう。
女性側がリードをして、何もかもを行っていくのです。
旦那さんはそれに従うだけという攻守逆転のSEXをするだけでも、いつもとは全く違う感覚になり、マンネリを感じることはないでしょう。
旦那さんを押し倒し、服を脱がせて、チャックを下げ、ズボンを下ろして全裸にしていきなり咥え込む。
積極的な妻にいつもとは違う興奮を覚えるのではないでしょうか。

場所を変える

意外かもしれませんが、ちょっとした旅行先の旅館などでするSEXといつもしている自宅の部屋でのSEXは、感覚が違ってきます。
ですから、時にはラブホテルなどにコストは掛かれど出かけ、そこでプレイをすることもおすすめです。

特にラブホテルがおすすめなのは、そういうことをする場所だということがお互いに分かる場所だからです。
他にも自宅ならベッドではなく、リビングだったり、バスルームといった場所でするのもありですよね。
ちょっとした場所の変化で、これまでとは特別に違ったプレイをしているわけでもないのに、興奮度がまるで違って刺激を感じるということは十分にあるのです。

ドライブデートでは、わざわざラブホテルに行くのもいいですが、車の中でしてしまうということも、マンネリ化を予防するための一つの方法です。
もちろん野外であまりにも大胆なアクションを起こしてしまうと、警察のご厄介になってしまうケースもありますから、注意が必要ですが…。

まとめ

このようにほんのちょっとした工夫をすることによって、長年連れ添った夫婦間に起こりえるSEXのマンネリ化を解消していくことが出来るのです。
マンネリを感じてしまっているケースでは、年齢も重ねているし、何度もSEXをしているのだから、それは当たり前のこととして、ダラダラと過ごすのはおすすめ出来ません。

もしもこういった状態を放置し、奥さんでも旦那さんでも、どちらかが不義理なことをして違った他人のSEXの関係を持ったとしても、それは何の文句もいうことが出来ないとはいえないでしょうか。
そもそもマンネリ化した夜の営みをないがしろにしてしまっていた自分達が悪いのです。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる