セフレの期間ってどのくらい?平均期間とセフレを長続きする方法

セフレの期間
あなたはセフレとどのくらいの期間を過ごしていますか。
まだ数週間といった人もいれば、もう何年もセフレ関係を続けているなんてかたもいるはずです。
じつは、セフレの平均期間は1~3年。
平均と言ってもかなり幅がありますし、平均以下の期間しか続かなかったかたも、また、平均を超す長い期間セフレだったかたもいます。

そこで、この記事では、セフレがいた期間やセフレと終わってしまった理由、また、セフレと長続きするためのコツといった内容をまとめてみました。
セフレが作れるセフレ募集サイト
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール公式:ハッピーメール PCMAX公式:PCMAX Jメール公式:Jメール
運営歴 19年以上 15年以上 18年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
目次

みんなのセフレ期間を調査してみた!

セフレがいるかた、いたかたのセフレ期間について詳しく調査してみたので、見ていきましょう。

セフレ期間

半年以下

セフレをもった経験がないかたにとっては、セフレとの関係は半年以下が多いはずと、思った人がほとんどではないでしょうか。
しかし、意外や意外。
セフレとの関係が半年以下というのは、ちょっと短めなのです。
身体の相性がよくても気が合わない、逆に、気が合っても身体の相性がよくないといった場合、早めに見切りをつけて次のセフレを求めた方が時間の無駄は省けますよね。

半年~1年程度

特に、10代や20代前半となると、恋人と半年~1年付き合えば長いと思ってしまいますよね。
セフレの場合、これでもちょっぴり短め。
でも、セフレに依存しないためにも、セフレへ感情移入しすぎないためにも、特に気持ちが流されやすい人はこのくらいで関係を終わった方が割り切った関係で終わることができるでしょう。

1~3年

冒頭でも触れたように、セフレ期間で最も多く、平均期間が1~3年。
もうここまでの期間を過ごせば、体だけでなく、メンタル部分でも頼れる、支えてくれる関係となっていることは想像に難くありませんよね。
心身共にパートナーともいえる関係が築けたのに終わってしまう理由については、恋人ができた、相手が遠くに引っ越すことになったといった理由が挙げられます。

セフレの関係が終わってしまう理由については、詳しく後程紹介するのでチェックしてくださいね!

3~5年

3~5年は、セフレ関係としては長いです。
もう恋人と言っても良いくらいの関係になっているといっても過言ではないのですが、そこはセフレです。
わりきった関係をお互いに望んでいるため、深く干渉することはNG。
言い換えれば、心身共に相性が良く、深く干渉しない関係を続けられれば、セフレ関係を長く続けることができると言えるでしょう。

5年以上

3~5年でもセフレとしてはとても長いと感じますが、5年以上も関係を続けている男女もいるのです。
相当体の相性も良く、気が合う、また、お互いを信頼しきっているからこそ続けられるのでしょう。

セフレの関係が終わってしまう8個の理由

セフレの関係が終わってしまう理由には以下のようなことが挙げられます。

  • 単純に飽きた
  • 生活環境が変わった時
  • 恋人ができた
  • 相手がしつこい・干渉するようになった
  • 体の相性が合わない
  • 気が合わない
  • 恋人にセフレの存在がバレた
  • 相手が本気になることはないと悟った

それでは、それぞれの別れの理由について詳しく解説していきましょう。

単純に飽きた

会う頻度が多ければ多いほど、また、関係が長ければ長いほどマンネリ化して、お互いに新鮮味が薄れてしまうのはセフレでなくてもよくあることです。
セフレの場合、お互い割り切った関係であることを前提として関係を続けていることがほとんど。
そのため、新鮮味が薄れた瞬間に終わってしまうケースは多いです。
恋人の関係とは異なるため、急に連絡を取らなくなるなど、自然消滅型が多いのも特徴と言えるでしょう。

生活環境が変わった時

例えば、セフレが地方や海外に転勤になってしまった場合、会いたい時に会うといったことができなくなるので、関係が終わることはよくあります。
また、それだけでなく、勤め先の部署が変わって忙しくなり、セフレと会う時間が取れなくなったり、新しいことを始めたとなった時にはセフレとの関係を解消する傾向が強いです。

恋人ができた

恋人がいても、内緒でセフレとの関係をキープしている人も少なくありません。
しかし、結婚したいと思うような相手であったり、恋人を傷つけたくないと思っている人は、恋人ができた場合、セフレとの関係を終わりにしようとする人が多いです。
お互いにある程度の年齢であれば、「恋人ができたからもう会わない」などと相手に伝えてセフレ関係は終わります。

相手がしつこい・干渉するようになった

セフレは恋人ではありません。
お互いに割り切った関係を望んでいるからこそ、セフレなのです。
しかし、体の関係を長い間続けていれば情がわいてくるのは当然のこと。
長い期間セフレを続けていると、お互いに身体だけの関係ではなく、メンタル面でも支えとなる関係となっていることがほとんどです。
そのため、ちょっと異性の話をしただけでも「なんでそんな奴の話をするんだよ」とか、会う予定をドタキャンしたことに対して「どこの男と会うんだ」と、干渉するようになってしまう人も少なくありません。
これでは割り切った関係とは言えませんよね。
恋人や夫婦であるかのような束縛や干渉をされると別れたくなってしまうのです。

体の相性が合わない

セフレ関係が長く続かない人の特徴でもありますが、体の相性が合わなければ絶対にセフレ関係は続きません。
セフレ=セックスを楽しむ関係ですから、体の相性が合わない異性と一緒の時間を過ごしても意味はないですよね。
こういったタイプは、関係が始まって早々自然消滅することが多いです。

気が合わない

セフレは体の関係だけを楽しむものではありません。
たとえ体の相性が合っていても、気が合わない人とは一緒にいたいと思いません。
セフレだけでなく、友達や知人、同僚でも、気が合わない人といると疲れてしまいますし、ストレスがたまりますよね。
セフレだって同じこと。
気が合わない人と共に時間を過ごしたいと思うことはできないため、自然と関係は終わってしまいます。

恋人にセフレの存在がバレた

前述したように、恋人がいてもセフレをキープしている人は少なくありません。
器用なかたであれば、セフレの存在がバレることなく、恋人ともセフレとも長く付き合っていけます。
しかし、セフレの存在がバレてしまうこともよくあることです。
恋人にセフレの存在がバレてしまい、セフレとの関係を続けたくても続けることができず、「恋人にバレたから関係を終わりにしたい」と、告げられるケースもあります。

相手が本気になることはないと悟った

基本的に、セフレとの関係は割り切った関係です。
しかし、もともと好きな人が恋人になってくれず、セフレなら良いということでセフレになることをOKする人もいます。
なぜなら、セフレになることでいつしか情がわいて、相手が自分のことを恋人にしたいと思ってくれると思うからです。
ところが、セフレになってだいぶ経つのに、相手は一向に自分をセフレ以上の存在として扱ってくれないとなった場合、「本気じゃない」、「この先も本気になることはない」と悟ります。
そもそも、セフレではなく恋人になりたかったわけですから、本気になることはないとわかった瞬間に、「このままセフレを続けていくのは無理」と言いますが、相手はセフレ以上に感じていないので、「わかった」と一言告げて終わる程度でしょう。

セフレの関係を長続きさせる5つのコツ

セフレの関係を長続きさせたいと思っている方は、次の5つのことを満たす相手を見つけるのがポイントです。

  • 体の相性と気が合うこと
  • しつこくならない、干渉しない
  • 頻繁に会わない
  • 精神的に独立していること
  • マンネリプレイをしない

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

体の相性と気が合うこと

当然ですが、セフレは体の相性が合わなければ絶対に続きません。
また、体の相性だけでなく、気が合う相手でないと、一緒にいたいと思うことはできないので、体の相性と気が合う相手であることは絶対条件。
セフレと言っても、ホテルに行くだけの関係ではなく、ご飯を食べに行ったりすることもありますよね。
そんな時に気が合わない、話が合わないではつまらない時間しか過ごせません。
割り切った関係だからこそ、楽しい時間を過ごすために体の相性と気が合う相手を選びましょう。

しつこくならない、干渉しない

繰り返しになりますが、セフレは割り切った関係であることは暗黙の了解。
しかし、一定の期間セフレを続けていると、体のつながりだけでなく、心のつながりも生まれてきて、どうしても相手のことを束縛したり、干渉したりしたくなってしまうこともあります。
そこで本当に干渉したり、しつこい対応をすれば、相手は「セフレなのになんでそんなことをするの?」となりますよね。
1回や2回なら相手も許してくれるかもしれませんが、干渉がずっと続けば関係を終わりにしたいと告げられるのは必至。
サクッとした関係で、お互い割り切った関係を貫くことで関係は長続きします。

頻繁に会わない

性欲を満たしたくて頻繫にセフレと会いたいと思うこともあるでしょう。
しかし、頻繫に会うことは避けた方が長続きします。
頻繫に会ってしまうと、どうしても新鮮さが欠けてしまい、お互いに飽きてしまうからです。
月1くらいのペースにすれば、お互いに会う日が楽しみになりますし、会うことを負担と感じないので、関係をキープすることができます。

精神的に独立していること

一定の期間セフレ関係を続けていると、体だけでなく、精神面でも繋がることは当然ともいえること。
しかし、そこでお互い精神的に頼り切ってしまうと、割り切った関係が重たい関係となってしまい、二人の関係に不穏な空気が流れます。

お互いに仕事もしっかりとこなし、金銭面でもどちらかに頼らないようにすることを徹底しましょう。
お互いに精神的に独立することで、セフレとしての関係を長続きすることができます。

マンネリプレイをしない

同じことをずっと続けていたら誰だって飽きてしまいますよね。
セフレとの関係も同じことです。
セックスをする際には、毎回同じプレイをするのではなく、新しいことに挑戦するのも良いでしょう。
また、今まではホテルへ直行して直帰のコースだったのであれば、たまには一緒に飲みに行ってからホテルへ行くといった感じで、流れを変えるのも吉。

マンネリした関係は別れへの近道となります。
関係をマンネリ化しないためにも、プレイや会い方を定期的に少し変えることで、関係を長持ちさせることにつながりますよ。

セフレから本命になることはできる?

セフレ関係をスタートさせた時には相手のことは「セフレ」として割り切ることができていたあなたも、何度も体を重ね、一緒の時間を過ごしていると、心のつながりも生まれてきます。
いつしか、セフレと恋人関係になりたいと思うようになる人も少なくありません。
では、セフレから本命になることはできるのでしょうか。

もちろん、可能性はゼロではありません。
しかし、本命になりたいのであれば、セフレ関係が短いことが条件ともいえます。
なぜなら、セフレ関係が長ければ長いほど、相手にとっては「この人はセフレだ」という意識があるため、なかなか本命の人だと考えることはできなくなってしまうからです。

また、男性よりも女性の方が情に流されやすく、男性は体の関係と割り切れるタイプであることが多いため、女性の方がセフレから本命になりたいと考える傾向が強いと言えます。
彼の本命になりたいと思っている女性に対して、「他の男見つけた方がいいと思うよ」などと平気な顔をして言ってくることも。

本命になりたいと思ったら、関係が始まってからできるだけ早く伝えるのがベストです。
例えフラれたとしても、心の傷が浅く済みます。

セフレ関係の平均期間は1~3年!干渉しないことが長続きの秘訣!

セフレ関係を1~3年続けている人が最も多いことがこの記事ではわかりましたよね。
5年以上セフレ関係を続けているかたもいるほどです。
これからセフレを作りたいかたや、今いるセフレとの関係をこのまま長く続けていきたいと思っているのであれば、この記事で紹介した「セフレの関係を長続きさせる5つのコツ」を参考にし、早速実践してみてくださいね。
そうすれば、お互いに良い関係をキープすることができますよ。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる