セフレに会う頻度と連絡頻度|最適な頻度ってあるの?シチュエーション別に解説

セフレに会う頻度と連絡頻度

「セフレは会いすぎるのもダメ、会わなさすぎると自然消滅しちゃうって聞くけど、ベストな会う頻度は?」
「セフレ同士はあまり連絡頻度が多いとすぐ終わるっていうけど、どのくらいの連絡頻度が普通なのか知りたい!」

セフレとの関係を長く続けたい人、また、お互いに都合の良いセフレ関係を築いていきたい人は、こういったことを考えますよね。
そう、セフレ同士には頻度が重要なのです。

そこで、この記事では、

  • セフレ同士の会う頻度
  • セフレ同士のベストな連絡頻度
  • セフレ

といった内容をまとめてみました。

セフレと良い関係をキープしたいかたは、この記事を読めばセフレとのベストな関係を築くのに役立てていただけますよ!
セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年09月23日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 20年以上 15年以上 20年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

セフレの会う頻度はシチュエーションで異なる

結論から言うと、セフレの会うベストな頻度はそれぞれのセフレのシチュエーションによって異なります。
週1が良いというかたもいますし、数か月に1度のペースで良いというかたもいるのは、それぞれのシチュエーションが異なるから。
そこで、ここでは、シチュエーションに応じたセフレの会うベストな頻度を調べてみました。

どちらか、もしくはどちらにもパートナーがいる場合

どちらか、もしくはどちらにもパートナーがいる場合、パートナーとの予定を優先するのはセフレの中で当然のこと。
ただし、セフレとの仲は浅く、パートナーとの仲は長い期間となっていれば、パートナーと別れたくはないけど、もう頻繁に体の関係になることもないパターンが多いです。
そのため、セフレとの予定を優先しがちですが、基本的にはパートナーとの予定が優先なので、2~3か月に1度といった頻度になります。
このくらいの頻度なら、自分にはパートナーがいないセフレは、パートナー探しもじっくりできるので良い頻度ですよね。

お互いセフレだと割り切っていても、パートナーにとってセフレの存在は理解できないもの。あなた自身にパートナーがいようがいまいが、相手にパートナーがいれば、パートナーにはセフレの存在を知られないよう徹してくださいね。あなたもセフレも、また、パートナーもトラブルを回避することにつながりますよ。

お互いに恋人がいない場合

ハッキリ言って、お互いに恋人がいない場合はお互いの自由に会えるため、特に頻度を決める必要もなければ、決めているセフレもいないでしょう。
要は、毎日でも数か月に1度でもOK。
自分たちの好きなペースで会って、セックスを楽しむことができます。
ただし、注意点としては、セフレと会う頻度が高ければ高いほど飽きがくるのは早いものです。
セックスに施行を凝らしたとしても、いつかは限界が来てしまい、飽きてたからバイバイなんてケースもよくあります。
ですので、別れに至らないためには、飽きない程度に会うことを意識すると良いかもしれませんね。
たまにはセフレ同士であってもセックスをしない一日を作って見るのも、気分転換になって、いい関係を続けていくことにつながりますよ。

場所が異なる場合

場所によってセフレの会う頻度が異なる場合は大きくわ換えて2パターンあります。

  • どちらかの自宅で会う
  • 地方にいるセフレ

それぞれの頻度について詳しく見ていきましょう。

どちらかの自宅で会う

セフレ同士が会う場所は、自宅かホテル(ラブホテルも含む)のどちらかが多いでしょう。
ただし、プライベートに踏み入られたくない人や、警戒心の強いかたは自宅にセフレを呼ぶことは皆無と言えます。

しかし、ホテルで会うのにはホテル代がかかりますよね。
ラブホテルにしたって、週末の夜や連休前・連休中は昼間でも高くつきますから、会う頻度も自然と限られてきてしまいます。
2か月に1回でも会えれば良いペースだと言えるでしょう。

ところが、自宅の場合はホテル代がかかりません。
ホテル代は、下手をすると休憩なのに数万円かかることもあり、セフレとの「遊び」にしては大金ですよね。
ホテル代がチャラになる自宅で会うとなれば、セフレにパートナーがいようがいまいが、会う頻度は高くなります。
お互いパートナーがいなければ、毎日会うこともあるでしょう。
どちらかに、もしくはどちらにもパートナーがいても、隙間時間を見つけて週1、もしくは月1程度出会うこともできます。
このように、自宅かホテルで会うかにしても会う頻度は異なります。

地方にいるセフレ

基本的に、セフレは自分の行動範囲でつくることがほとんど。
しかし、一応東京に自宅はあるけれど、東京にはほとんどおらず、定期的に同じ場所へ出張、もしくは赴任しているかたは、よく行く場所にセフレを作っているといったことも少なくないケースですよね。
相手にパートナーがいて、週末は東京に帰ってしまう場合は、毎週平日の数日間会うこともありますし、毎回東京へ帰る前日に週1ペースで会うなんてこともあるでしょう。
しかし、出張となった場合には、いつ出張するかわかりませんから、週1となることもありますし、数か月に1
度となったり、状況によって会う頻度はかなり変わってきます。

セフレと会う頻度が多いメリットは?

セフレと会う頻度が多いことでメリットもデメリットもあります。
まずは、セフレと会う頻度が多いメリットについて見ていきましょう。

自宅で会うならお金はかからない

セフレと会う際には自宅かホテルで会うケースが多いです。
自宅の場合、ホテル代がかかりませんからとてもリーズナブル。
お金がなくても気軽にセフレと何度でも会えるなんて、お財布に優しい関係ですよね。

性欲を満たすことができる

特に、性欲の強いかたであれば、毎日のようにセフレと会ってセックスができる環境は、まさに天国と言えるのではないでしょうか。
頻繁にセックスができれば、性欲を十分に満たすことができますよね。
無限に出てくる性欲を定期的に解消することができるセフレがいることは、性欲が強いかたにはメリットでしかありません。

一人の時間を埋めることができる

セフレは都合の良い関係です。
「会いたい時に会ってヤル」関係なので、ちょっと暇な時、もしくは一人時間ができてしまって何となく手持無沙汰だといった時に好都合の相手と言えるでしょう。
毎日のように会える、まさに都合の良いセフレであれば、一人時間を埋めたい時にいつでも埋めてくれる都合の良い存在だと言えます。
特に、寂しがり屋のかたは一人でいることが耐えられないことも多いですよね。
そんな寂しがり屋さんは、セフレに一人時間を埋めてもらえば、寂しい気持ちも一緒に補ってくれます。

気楽な関係でいられる

セフレは、恋人とは異なるため、恋人同士に起こるような面倒なことがなく、とにかく気楽な関係性といえるでしょう。
お互いの仕事や将来、またプライベートに深く干渉してくることはありません。
たとえ、セフレと毎日のように会っていても、その関係性は基本的には変わらないので、異性なのにずっと気楽に過ごすことができます。
下手をすると、仲の良い友達と一緒にいるよりも気楽で面白いと思うかたも少なくないでしょう。

女性は美のキープにつながる

セフレと頻繁にセックスしていることは、男性の性欲を満たすだけでなく、女性ももちろん性欲を満たすことができますし、それ以外に女性は、女性ホルモンの分泌が促されて美しさをキープするのにも効果的なのです。
しかも、頻繁に会うセフレとは気楽な関係で、ストレスフリーですよね。
リラックスした状態はさらにヘルシーな体へと導くので、美しさに磨きをかけることができます。

セフレと会う頻度が多いデメリットは?

セフレと会う頻度が多いメリットを見てきたので、デメリットなんてなさそうですが、じつは次のようなデメリットがあるので見ていきましょう。

飽きてしまいやすい

恋人であっても同じことがいえるのですが、頻繁に会えば会うほど飽きが来やすくなってしまうのも事実。
いくら気が合って、体の相性が良くても、頻繁に会っていれば飽きがくるのも早いです。
しかも、いつも同じホテルで同じことを繰り返してとなれば余計に飽きはきます。
そのため、頻繁に会うセフレの場合、飽きが来ないようにすることもマスト。
例えば、プレイの仕方を毎回変えてみる、たまにはセックスをしないで二人でデートを楽しんでみるなど、二人の関係性を定期的にリフレッシュさせることが関係を長続きさせる秘訣です。

依存してしまいやすくなる

これも恋人と同じこと。
頻繁にセフレに会いすぎると、どうしてもセックスをするだけの関係以上になってしまいやすいのです。
基本的に、毎日のように会うセフレや長続きするセフレは、気が合って体の相性も良いことがほとんど。
そのため、体だけでなく、精神面でもセフレに依存してしまうことも出てきてしまいます。
あまりにも依存が激しいと相手に思われると、相手はあなたとセフレ関係を続けることは難しいと考えるため、別れに至るケースは少なくありませんので注意しましょう。
特に、物事に執着しやすい人、ひとつのことに依存しやすいといった自覚がある人は要注意ですよ。

相手のことを好きになってしまう可能性もある

最初は、セフレと割り切っていたのに、何度も頻繁に体を重ねるうちに相手のことを好きになってしまう可能性は低くありません。
体の相性だけでなく、感覚や笑いのツボ、話すテンポやタイミング、内容といったことがマッチしていると、余計に恋愛感情は芽生えやすいです。
もちろん、お互いに恋愛感情を抱いてしまい、恋人もいないのであれば付き合っても問題ありません。
しかし、どちらか一方しか恋愛感情を抱いていない場合は要注意。
その気持ちを負担に思ったセフレから別れを告げられる可能性は高いからです。
セフレに恋愛感情はNGであり、あくまでも気楽な関係を貫きたい人ばかりなので、惚れっぽい人は「好きかも」と、思ったらセフレと少し距離を置くことをおすすめします。

ホテルを使っているとお金がかかる

自宅でセフレと会う場合にはホテル代はかかりませんが、ホテルを利用する場合はもちろんお金が必要ですよね。
ビジネスホテルやラブホテルも、週末や連休前と行った日にはかなり料金がアップしますし、平日であっても満室状態であればどんどん料金は跳ね上がっていきます。
また、東京の大都市ともなれば、余計にホテル代は高くなるので、出費が増えてしまいますよね。
セフレとのセックスの相性が良すぎて頻繁に逢瀬を繰り返していると、ホテル代だけでとんでもない金額になっているなんてこともありますよ。

別れた時の『穴』は大きい

頻繁にセフレと会うことで、お互いの仲は自然と近づいていきます。
お互いのことが絶対的な存在となってしまうので、別れた時は心に大きな穴が開くことは間違いなし。
今まで毎日のようにセフレと会っていたのに、突然会う回数がゼロになったら、二人で会っていた時間がすっぽりと空いてしまい、余計に心の穴の存在を感じてしまいますよね。
別れてしばらくしてからは、かなりショック状態が続くこととなるでしょう。

セフレ同士のベストな連絡頻度って?

恋人同士の場合、中には数分おきにLINEをしたり、電話をしているカップルもいますし、毎日、もしくは2,3日に1度お互いの様子を確認するために連絡するといったカップルも多いですよね。
しかし、セフレは恋人同士ではありません。
では、セフレ同士のベストな連絡頻度とはどのくらいなのでしょうか。

それぞれのセフレのシチュエーションによって連絡頻度はことなるので、シチュエーション別の連絡頻度を見ていきますよ。

お互い恋人がいない場合

お互い恋人がいない場合、ハッキリ言って、お互いの好きなペースで連絡してOK。
中には、毎日連絡を取り合うというセフレもいるでしょうし、気が向いたら連絡するといったセフレ同士だっています。
セフレは、体の関係はあるものの、恋愛感情のない「友達」なので、お互いに暇だったら、普通の友達感覚で「あの番組面白かったよ」とか、「さっきコンビニで新商品買ったら超おいしかった」などといった、たわいのない会話を楽しんでいるセフレ同士もいますよ。
もちろん、会う前にだけ連絡するといったセフレも少なくありませんが、何せ気楽な関係のセフレなので、お互いに恋人がいなければ連絡頻度も自由です。

ただし、あまり連絡してくることを好まない、もしくは、連絡不精のセフレの場合の連絡頻度は相手のペースに合わせた方が良いでしょう。
「うざい」、「面倒くさい」、また、「恋人じゃないのにしつこい」といった、ネガティブな感情に相手をさせるだけです。
また、あなた自身はたくさん何度も連絡をしているのに、相手から100回中1回しか返信が無ければストレスになりますよね。
お互いに気軽な関係をキープできる程度の連絡頻度がベストですよ。

どちらか、もしくはどちらにも恋人がいる場合

どちらか、もしくはどちらにも恋人がいる場合は、お互いに恋人がいないセフレのような連絡頻度は絶対にNG。
もちろん、恋人にセフレの存在は知られていて、恋人がセフレの存在を認めていれば話は変わってきますが、そんな恋人関係を築いているカップルは限りなくゼロに近いと言えますよね。
恋人がいるのに毎日のようにセフレとLINEや電話といった連絡をしていたら、恋人に浮気していることがバレる可能性はアップします。

どちらか、もしくはどちらにも配偶者がいる場合

どちらか、もしくはどちらにも恋人がいる場合と似ていますが、どちらか、もしくはお互いに結婚している場合とは異なるケースだと言えるでしょう。
「既婚者がセフレを持つって不倫じゃない?」と、思われるかもしれませんが、恋愛感情はないので、不倫ではなくセフレと思っているかたが多いという状況です。
第三者から見れば、セフレを持つ既婚者も不倫だと判断するかたが多いでしょうが、当事者はセフレと不倫を使い分けています。
基本的に、既婚者のセフレへの連絡は、休日にしないことは鉄則。
これは不倫の場合と同じですよね。
配偶者にバレないように関係を続けていかなければなりませんから、自宅にいる時間が多い休日は絶対にNG
です。
既婚者でセフレを作るかたは、色々な面で要領よくこなします。
配偶者とは別の異性と外ではセックスしていることはないかのような態度を自宅では撮り続けるのです。
ところが、うっかりLINEがくるとポップアップ表示されるように設定したままだったり、コンタクト名にセフレの名前をそのまま登録しているなど、細かい点に気づかない人は、配偶者にセフレの存在が知られてしまう可能性は大。
こういったことが起こらないよう、休日の連絡はNGですし、できるだけ最小限の連絡頻度にとどめておくのが一番です。

セフレ相手に配偶者がいいる場合、離婚訴訟にでもなったりしたらセフレであっても慰謝料を請求されることもあるので、連絡頻度は慎重になる必要がありますよ!

どちらか、もしくはどちらもビジネスマン・キャリアウーマンの場合

ビジネスマンやキャリアウーマンの場合、あまり連絡頻度は高くない方がベター。
ただし、どちらもバリバリ働くタイプであれば、自然と連絡頻度は下がるはずなので、そこまで意識する必要はありません。
ビジネスマンやキャリアウーマンは、仕事やプライベートも充実していることがほとんど。
そのため、一般のセフレ関係よりもセフレに対して割り切った考えを持っています。
あまりしつこく連絡をしてくるようなセフレだと、邪魔だと感じる可能性も高いので、自分からするよりも、相手から取ってくることを待つくらいの連絡頻度がベストです。

セフレ相手の気持ちは連絡頻度でわかる!

セフレ相手の気持ちは、相手からの連絡頻度でもわかることを知っていましたか。

シチュエーション別のセフレの連絡頻度を紹介しましたが、これはあくまでも平均的、一般的な数値です。
例えば、セフレ相手は恋人がいて、あなたにはいない、でも、毎日のように連絡してくれれば、やはりあなたのことを大切に思っていますし、場合によっては恋人よりもちょっと上の存在と思われている可能性もあります。
相手に配偶者がいるなら尚更。
休日でもあなたに連絡してくるのであれば、家族といてもあなたのことやあなたとセックスしたいと考えています。
セフレ相手から特別な感情を持っていない人は多いですから、相手から恋愛感情を持たれたくないのであれば、セフレからの連絡頻度で相手が自分に対してどんな感情を抱いているかを判断し、このまま関係を続けていくかどうかを決めるというのも一つの手ですよ。

逆に、紹介した連絡頻度よりもセフレからの連絡頻度が少ないと感じたかたも心配はいりません。
ハッキリ言って、セフレ同士の連絡頻度は各セフレで異なるからです。

セフレと会う頻度も連絡頻度も人それぞれ!

セフレと会う頻度も連絡頻度も人それぞれではありますが、平均的な頻度は紹介した通りです。
セフレとの会う回数も連絡頻度も、二人で関係を続けていく内に徐々に定まっていきます。
また、しつこいセフレとならないためにも、さらに、今のセフレとの関係を長く続けたいのであれば、会う頻度や連絡頻度は、上記を参考にしてくださいね。
そうすれば、お互いにとって良いセフレ関係を続けていくことができるでしょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる