意外と知らない?セフレのメリット10選/デメリット10選

セフレのメリット・デメリット

好きな時に気軽に連絡してセックスする関係、それがセフレです。
恋人を作りたくない人や恋人とはできないセックスを楽しみたい人にとってはとても魅力的な存在でもありますよね。

しかし、セフレ関係は魅力的なことばかりではありません。

編集部
どんなものにもメリットデメリットがあるように、セフレにもメリットデメリットがあります。
そこで、この記事ではセフレを作るメリットとデメリットを10個ずつ紹介すると同時に、セフレと良い関係を築くために意識しておきたいことについてまとめてみました。
セフレが作れるセフレ募集ランキング
※2021年05月06日更新
順位 1位 2位 3位
【優良】
セフレ募集
サイト
ハッピーメール画像:ハッピーメール PCMAX画像:PCMAX Jメール画像:Jメール
運営歴 19年以上 15年以上 18年以上
会員人数 2,500万人 1,500万人 600万人
登録料 無料 無料 無料
出会えた確率 74.5% 71.3% 68.8%
編集部
オススメ度
鉄板です!! 男女比が・・ サクラも少々
詳細[R18]
ハピメはこちらセフレ募集なら♪
PCMAXはこちら幅広い年齢層
Jメールはこちら絶賛人妻登録中
公式URL https://happymail.co.jp/ https://pcmax.jp/ https://mintj.com/
目次

セフレを作る10個のメリット

セフレを作ることでどんなメリットがあるのか、ここでは10個のメリットをピックアップしてみました。

気軽にセックスすることができる

セックスをする=恋人と体の関係を持つといった方程式が頭の中で成り立つ人は多いでしょう。
しかし、セフレは恋人でなくてもセックスができる男女関係です。
セフレはセックスをするだけの関係といっても過言ではなく、恋人同士のように定期的に会う必要はありませんから、とても気軽にセックスをすることができます。
1人でエッチしたところで性欲を解消することはできても、充実感を得ることはあまりありませんよね。
しかし、セフレがいれば、性欲を発散するだけでなく、充実感もあじわうこともできます。

自由を謳歌できる

セフレとの関係は恋人関係にありません。
恋人と同じようにセックスをする異性同士であっても、お互いに『見えない成約』はありませんから、じつに自由といえます。
先述したように、恋人同士であれば定期的に会う必要があるでしょう。
しかし、セフレなら会いたい時に会えばよいだけ…というよりも、ヤリたい時にお互い呼び出せば良いだけです。
恋人同士のようにくだらないことで喧嘩することもなければ、とにかくお互いの予定のままに会うだけなので自由を謳歌することができます。
恋人や配偶者に束縛されることもなく、ただただセックスを楽しむことができる関係です。

お互いにルックスが良くなる

よく「セックスをすることでホルモンが分泌する」と言われているのを聞いたことがありませんか。
実際に、セックスをするとビタミンDやエストロゲンが分泌されるので美容効果があります。
そのため、処女だった友達に彼氏ができて、男性を知った時にはきれいになったと思うかたが多いのですが、まさにこの体の働きによる効果なのです。
ビタミンDを摂らないと肌がダークになりがちですが、ビタミンDがセックスによって得られることで黄ばんだ肌を明るくし、お肌がワントーン明るくなり、若さや生き生きとした感じがよみがえります。

また、セックスは体力を使うものです。
体力を使うからこそ年を重ねることでセックスへの意欲を失うのですが、若い男性であればセックスをすることである程度のカロリーを消費し、引き締まった魅力的なボディをゲットすることもできます。
男女共に特定の異性がいなくてもルックスが向上するといったメリットがあるのが、セフレの特徴です。

好きなセックスを楽しめる

恋人や配偶者に対してはあまり大胆なセックスの仕方を望めない人がほとんど。
しかし、セフレはお互いにセックスをする仲だと割り切っているため、アブノーマルなプレイを求めてもOKしてくれる可能性は高いです。
そして、アブノーマルなプレイを頼みやすい存在でもあります。
セフレとであれば、自分がしたかったプレイを体験できる可能性は高く、よりセックスにおける「欲」を満たすことができるのです。
既に恋人や配偶者がいるかたなら、セフレは「予備セックス」を楽しむ存在として位置づけることができます。

お金が浮く

もともと恋人や配偶者がおらず、セックスをする相手がいなかったかたは風俗や援助交際を利用していたなんて人も少なくありませんよね。
どちらにしても1回のセックスで万単位のお金が消えていきます。
しかし、セフレを作ればホテル代はかかる場合もありますが、自宅や相手の家を使えば無料で済む可能性は高いです。
そのため、風俗や援助交際で出会った女性とセックスを楽しむよりもはるかに安くつきます。
しかも、何度も同じ相手とセックスできるのですからとても気楽ですよね。

手間も時間も省ける

セフレを作ってしまえばいつでもセックスができるので、手間も時間も省くことができます。
風俗や援助交際、その日限りといった一回限りの関係を望む相手と出会っても、その後関係を継続できるかというと、継続できる可能性は極めて低いです。
しかも、一回ごとにお金を払うことはマスト。
援助交際であれば一回につき最低でも1.5万円+ホテル代、また、風俗店であれば1~6万円前後かかります。
しかし、セフレを作ればいつでもタダでセックスできるのです。
わざわざ好みのお店や女の子を探す手間や時間も省ければ、お金だってだって男性にとっては節約できますよね。
もちろん、女性もいちいち出会い系サイトやマッチングアプリでその日に相手してくれる異性を探さなくて良いので、手間も時間も省けます。

自分をさらけ出せる

恋人や配偶者の前だとセックスの時も躊躇してしまうプレイはありますよね。
しかし、セフレであれば何でもOK。
躊躇する必要なんてありません。
言ってしまえば、どんなプレイでもすることができるのがセフレとのセックスのだいご味です。
恋人や配偶者の前ではさらけ出せない自分をセフレの前では存分にさらけ出す事ができます。
あなたにとってのホンモノのセックスがセフレとはできるので、解放感も得られるでしょう。

セックスレベルがアップする

セフレを持つ人の中には恋人や配偶者がいるかたも非常に多いです。
もちろん、恋人や配偶者友セックスしているのですが、恋人や配偶者をセックスで満足させている自信がないかたも多いでしょう。
そこでおすすめなのがセフレの存在。
セフレとセックスをして感想を聞けば、恋人ではないので、あなたがどう思おうと関係ありません。
そのため、ストレートな意見を述べてくれることがほとんど。
あなたのセックスにおける短所を指摘してもらえる可能性も高いため、指摘された部分を直して恋人や配偶者とセックスをすると、相手に満足してもらえる確率は高くなります。
そうです、セフレを作ることでセックスレベルをアップすることができるのです。
特に恋人や配偶者とのセックスに不満はなくても、もっと楽しみたいかたはセフレを作るのも一つの手かもしれませんね。

お金がかからない

恋人同士の場合、デートへ行ったり食事をしたりした後にホテルへ行くなど、セックスをするまでにお金がかかりますよね。
もちろん、ホテルを使わず自宅を使えばホテル代はかかりませんが、基本的にはデートや食事に行ってから自宅へ行くといった流れになる(最初から自宅に行く場合も途中でご飯を食べに行ったり、ご飯を買いに行くといったことはあるでしょう)ので、やはりお金がかかります。
しかし、セフレ同士であれば、デートや食事に行くことはたまにあっても基本的にはありません。
そのため、無駄なお金がかからないのです。
自宅を利用すればホテル代も浮きます。
とても経済的にセックスできるというわけです。

寂しさを紛らわすことができる

セフレを作る目的の一つに寂しさを紛らわすためや、一人だけの時間を作りたくないからといった理由を挙げる人は多いです。
人は寂しい時に、誰かのぬくもりが欲しいと思いますよね。
セフレはセックスをする仲ですから、肌と肌を触れ合わせて温もりを感じることができます。
また、セフレは会いたい時に気楽に会える関係です。
そのため、一人でいたくないといった時にもすぐに連絡して一緒に過ごすことができるので、寂しさや一人時間を埋めることができます。
寂しがり屋の方にとってはとても便利な存在ですよね。

セフレを作る10個のデメリット

セフレを作ることは何もメリットばかりではありません。
デメリットもあるので、セフレをこれから作ろうとしているかたは特に押さえておきましょう。

妊娠のリスクがある

セフレ関係でなくても、セックス=妊娠する行為ですから妊娠のリスクは常に付きまといます。
カップルであれば、妊娠したら結婚するといったオプションを選ぶ人たちが多いですが、セフレはもともと愛情のない『カップル』です。
そのため、セフレが妊娠した場合、基本的には中絶するケースがほとんど。
一般的には男性がお金を出して、女性が体に傷をつけるといったケースになります。
たとえセフレであっても男性は女性に傷をつけたくありませんし、女性はただセックスを楽しみたかっただけなのに後悔する事態になるなんて嫌ですよね。
セックスをする関係であることは、常に妊娠のリスクがあることを忘れてはいけません。
そして、中絶した場合、女性にとってかなりのリスクやダメージがあることを覚えておきましょう。

性病にかかる可能性がある

セフレがいる男女はどちらもあなた以外のセフレがいる可能性は少なくありません。
セフレの数が多ければ多いほど性病になる確率は上がるのは当然ですが、そんなたくさんセフレのいる人をセフレにした場合、あなた自身も性病を移されてしまうこともあるのです。
性病にかかるだけなら薬を使えばその内病気は治ります。
しかし、性病以外にもHIVに感染するリスクもあることを忘れてはいけません。
HIVに感染した場合、現在のところ完治する薬はないため、ただただ死を待つのみ。
セックスをして欲望を満たしたいと思っていただけなのに、楽しみを満喫するため命を落とすなんて悔やんでも悔やみきれません。
もちろん、恋人同士でも性病やHIVに感染する可能性はありますが、セフレの場合は複数の異性と関係を持っているセフレも少なくないため、性病やHIVに感染するリスクは恋人同士よりも高いといえます。

親しい人にも言えない関係

あなたは親しい友人から「セフレがいるんだ」と言われたらどんな気持ちになりますか。
特に嫌悪しないといったかたもいれば、「あ、そうなんだ」と、流せるかたもいるでしょう。
しかし、決して肯定的な意見をもつかたはいないはずです。
あなたにセフレがいることを友人に話した場合、同じような反応をします。
そのため、親しい人にはセフレがいることは言えません。
もちろん、言っても良いですが、言ったところであなたは友人を失う羽目になる可能性はすごく高いので、おすすめできないことです。

本気になってはいけない関係

特定のセフレとの関係が長くなると、体の関係だけでなく、心のつながりも生まれてきます。
そして、関係が長くなればなるほど情が生まれるのも当然。
そのため、特に女性はセフレに対してセフレ以上の感情を持ってしまうことがよくあります。
相手もセフレ以上の感情を持っていれば恋人関係や結婚に至ることもあるでしょう。
しかし、そんなケースはごくまれ。
そのため、基本的にセフレは本気になってはいけない関係です。
本気になってしまった方が負けで、本気だと気づいてしまった瞬間から、相手に本気の相手ができてしまったといった辛い思いをする可能性は決して少なくありません。
ハッキリ言って、惚れてしまったら終わりです。

お金がかかることもある

セフレとの関係はお金がかからないことをメリットにあげましたが、お金がかかることもあります。
セフレと会う際に常にホテルを使うのであれば、確実にホテル代が発生しますよね。
しかも、会える日が土日や祝日といったホテルが混み合う、または高い料金設定をしている日である場合は必要以上のお金が一瞬にして飛んでしまうことは覚悟しなければなりません。
また、セフレが妊娠し、中絶を選択する場合も予想外の出費が生まれます。
逆に、生むことを選択した場合は中絶費用とはくらべものにならない金額が飛んでいくことも覚えておきましょう。

友人や知人には言えない

セフレがいることを他人に言っても決して良い感情を持たれることはありません。
セフレの関係性(お互いに共通の友達がいる場合など)によっては「セフレがいる」と友達に言った瞬間に友達との関係が切れてしまう恐れがあります。
そのため、基本的にセフレがいることは友人や知人に言うことはできません。
セフレのことで悩んでいても第三者に聞いてもらうこともなかなかできないため、関係性は楽かもしれませんが、場合によっては苦しまなければならないこともあります。

本命にバレた時には大問題!

恋人がいてセフレを作っている人も少なくありません。
もちろん、一般的には恋人にセフレがいることを伝える人なんていませんから、セフレの存在が恋人にバレてしまった時は大変なことになってしまいます。
本命のパートナーにしてみたら、セフレ関係は本人がなんと言っても浮気や不倫だととらえます。
「好き」といった感情はセフレカップル同士にはなくても本命のパートナーにそんなことは関係ありません。
本命との別れが待っている確率が高いので十分に注意しましょう。
また、本命にセフレとの現場を押さえられたわけではなく、あなたが性病にかかった場合、間接的に本命にセフレの存在がバレてしまうこともありますので気をつける必要があります。

セフレを多く作り過ぎると心身共に疲れてしまう

セフレは恋人ではないので、気軽にたくさん作れるのがセフレのメリットです。
だからといってセフレを作りすぎると、体はもちろん、メンタル面も消耗してしまうといったデメリットがあります。
多くの男性とセックスを何度も重ねていれば、当然体力的な限界は来るでしょう。
また、男性に体のみを求められる自分を虚しく感じてしまうこともあります。
性欲や心を満たすために作ったセフレによって心にぽっかりと穴が開いてしまうのです。
こうなると負のスパイラル。
自分自身のことがわからなくなってしまい、なぜセフレを作ったのかといった目的すらもわからなくなってしまうこともあります。
寂しさを満たすためにセフレを多く作って精神安定を図ろうと思ったのが、逆に心を疲弊させてしまうことになるのです。
セフレの数を多くすれば心を満たせるものではないので、セフレを作り過ぎるのは控えた方がよいかもしれませんね。

トラブルに巻き込まれる可能性がある

セフレを作る方法は様々ですが、ナンパやSNSを使った出会い方。
なぜなら未成年者と出会ってしまうことがあるからです。
未成年者と出会うこと自体は問題ありませんが、未成年者と体の関係を持つことは犯罪です。
警察に未成年者とセックスしたことがバレた場合、もちろん逮捕されることになります。
ナンパやSNSの場合、相手の年齢がわかりません。
また、年齢を聞いたとしても法律のことを警戒して相手が嘘をつく場合もあります。
相手が成人だと思ってセックスをしたものの、最終的に未成年であることがわかっても後の祭りです。
相手があなたのことを警察に報告したら警察に捕まります。
セフレを作ったことで知らぬ間にトラブルや犯罪に巻き込まれている可能性もあるので注意しましょう。

頻繁に連絡できない

基本的に、セフレは会う直前に「今日どう?」といった感じで連絡をする程度。
普段、「仕事お疲れ様。仕事のし過ぎみたいだけど体は大丈夫?」のような恋人同士のするやりとりのようなことはしませんし、連絡頻度は多くありません。
もちろん、連絡をたくさんしてはいけないといった協定は二人の中にありませんが、暗黙のルール。
そのため、誰かと常に連絡していないと不安になってしまう方にとってセフレは頻繁に連絡できないので、寂しさやストレスを感じることもあります。

セフレと良い関係をキープするための方法

セフレを作ってお互いに良い関係をキープするためには次のようなポイントを意識しましょう。

割り切った関係をキープする

セフレ関係において最も大切なことといっても過言ではないのが、割り切った関係を貫くこと。
セフレは恋愛感情のない体だけの関係です。
どちらかが恋愛感情を抱いてしまった瞬間に関係は変わってしまいます。
お互いに恋愛感情を抱いた場合は付き合えば済むことです。
しかし、どちらか一方が好きになってしまった場合、セフレ関係はすぐに終わるでしょう。
そして、惚れた側は一瞬にして失恋することになります。
好きな人と一瞬にして会えなくなり、連絡も取れなくなるなんてかなり苦しい思いをすることになるので最初から好きにならなければ良いのです。
セフレには絶対に惚れない、セックスをするだけの存在だと心の中で自らに言い聞かせましょう。

セフレに依存しすぎない

気楽な関係でいられるセフレはとても便利な存在です。
いつでも好きな時に会えて、性欲を満たせ、恋人ではないので束縛も嫉妬もない異性の関係なんてストレスフリーだなあと思いませんか。
しかし、だからといってセフレに依存しすぎては絶対にダメ。
特別な感情を持ってしまう可能性があるだけでなく、お互いにセフレ関係から逃れられなくなってしまうためです。
本命の恋人ができてもセフレに頼ってしまうといったケースもあります。
セフレに依存しないよう、あまり会う頻度を多くしない、また、あくまでも割り切った関係を貫きましょう。

干渉しない

セフレのプライベートには一切干渉しないことも守りましょう。
セフレは恋人ではありません。
ただセックスをするだけの関係なので、あまり根掘り葉掘りプライベートなことを聞くと相手から嫌がられてしまい、関係は消滅します。
職業や年齢といったことを聞くのは問題ありませんが、その詳細を聞くのは避けた方が良いでしょう。
また、セフレに本命がいるのであれば、本命の話は避けるべきです。
これからセフレと楽しもうというのに本命の話をしたら、話をする側も聞く側も気持ちが冷めてしまいます。
セフレとは適度な距離をキープすることも心がけましょう。

たまにはセックス抜きで会う

セフレはセックスをするだけの関係なので、セックスだけしていればよいと考えるかもしれませんが、セックスだけではマンネリ化するのも早く、関係はすぐに消滅してしまう可能性が高いです。
そのため、時にはセックス抜きで会う日も作りましょう。
一緒に食事をしたり、飲みに行ったり、映画を見に行ったりするのも良いでしょう。
いつもはしないことをやるので、二人の関係がリフレッシュされて関係をキープしやすくなります。

避妊は絶対にする

恋人同士でもセックスをする上で絶対にするべきことは避妊です。
セフレ関係ならより一層避妊を意識しなければなりません。
恋愛感情を持たないセフレ同士の間に子供ができてしまうことはお互いに望みませんよね。
「妊娠したら堕ろせばよいだけだ」なんて安易でバカげた考えを持っているようなら、あなたにセフレを持つ資格はありません。
セフレが妊娠したらどちらにも色々なリスクはありますが、男性よりも女性へのリスクが大きいです。
女性は中絶によって心身共にリスクを負うことになります。
言ってしまえばセフレは遊びの関係です。
遊びを楽しむために妊娠してリスクを負うことになるなんて代償が大きすぎますよね。
リスクを避けるために避妊はしっかりと行いましょう。

セフレを作るならデメリットをしっかりと押さえて付き合おう

ご覧の通り、セフレを作ることはメリットもあればデメリットもあることがわかりましたよね。
また、デメリットの方が強い印象をもったかたも多いはず。
セックス=妊娠する行為ですし、男女が体と体を密着させる行為なのでリスクは伴います。
そのため、おすすめはできない関係ですが、セフレを作るのであればデメリットをしっかりと押さえた上でセフレと覚悟を持って付き合う必要があります。
また、セフレとの関係を楽しむためには避妊をすることはもちろん、干渉をお互いにしないといった注意点も守りましょう。

よかったらシェアお願いします♪

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる