MENU

    「尽くされる」より「尽くしてあげたい」タイプの女性は恋人になれないセフレ体質かも!?

    「尽くされる」より「尽くしてあげたい」タイプの女性は恋人になれないセフレ体質かも!?

    もしもいつも好きになるとセフレにされてしまうという悩みを持っている女性がいるのであれば、
    それは尽くすことに慣れすぎてしまっている可能性が高いといえるでしょう。

    一見すると、男性はわがままで言うことを聞かず、自由奔放な女性よりも、
    男性に対して従順でしっかりと尽くすタイプの女性を恋人にしそうと思いがちです。

    しかしながら現実はまったくの逆。
    男性から尽くされたいと思って行動をしている尽くされ上手な女性を恋人にし、
    尽くされるよりも尽くしたいと思っている女性はセフレと認定され、都合良く扱われることが多いものなのです。

    ここでは恋人にはなれない尽くす系の女性について男性の本音を紹介していきましょう。

    セフレが作れるセフレ募集ランキング
    ※2022年05月16日更新
    スクロールできます
    順位1位2位3位
    【優良】
    セフレ募集
    サイト
    ハッピーメール画像:ハッピーメールPCMAX画像:PCMAXJメール画像:Jメール
    運営歴20年以上15年以上20年以上
    会員人数2,500万人1,500万人600万人
    登録料無料無料無料
    出会えた確率74.5%71.3%68.8%
    編集部
    オススメ度
    鉄板です!!男女比が・・サクラも少々
    詳細[R18]
    ハピメはこちらセフレ募集なら♪
    PCMAXはこちら幅広い年齢層
    Jメールはこちら絶賛人妻登録中
    公式URLhttps://happymail.co.jp/https://pcmax.jp/https://mintj.com/
    目次

    男の行動原理

    男性と女性は似て非なる生き物です。
    恋愛上手な男女は、このことを本当にしっかりと理解しています。

    どうして尽くす女性がセフレとして認定されてしまうのかも、
    女性と男性の性質の違いを把握していれば、その答えは自ずと見えてくるものなのです。

    まず男性の性質の一つとして覚えておくべきなのが、行動原理というもの。
    男性はもともと会話一つにしても、情報伝達であったり、何かしらの目的を達成するために行います。

    女性の場合はただの感情の共有だったり、
    会話そのものをしたいという欲求から会話をするという違いがあるのです。

    恋愛でも同じ。

    夜景の綺麗なレストランなどを予約し、給料に見合わないコストを払い、
    プレゼントなどを用意して女性がロマンチックな時間を提供するのは、
    落としたい身体を許させたいという目的があるからです。

    男性の行動の先には、必ず目的があるということを忘れてはならないのです。

    苦労して手に入れたものは大事にする

    男性の行動には、必ず目的があると分かったところで、
    次はその目的を達成するまでの労力の差も考慮する必要があります。

    例えば、あめ玉1つで身体を許す女性と、給料3ヶ月分の指輪を送ってもまったくなびいてくれない女性であれば、
    男性は後者を恋人として手に入れたいと強く願うものですし、実際に追いかけるというアクションを起こすもの。

    つまりは肉体関係を許すまでの労力。
    更には次に身体を許すまでの労力の高さがセフレとされるか本命の恋人とされるかの差を生むことになるのです。

    男性は労力が高ければ高いほどにそのものを大事にします。
    これは女性でも同じかもしれませんね。

    欲しいと思いすぐに手に入れることが出来たものは、あまり大事にしないもの。
    これは成人でも子供でも同じですね。

    恋愛でも同じことが言えます。
    より簡単に手に入れてしまうと、本命の恋人とはせず、セフレでいいやとなってしまうのがオチなのです。

    これが尽くしてしまう女性がセフレにされる理由の最たるものと言えるでしょう。
    一度肉体関係を持ってしまうと、以降は求められるままに肉体を許す。

    その上で、頼まれてもいないのに、相手のためにあれやこれやと尽くすようなアクションを起こせば、
    大切にしなくても結構ですと言っているようなものなのです。

    主導権を握ることが出来ない

    尽くすというアクションを取ってしまうと、
    男女関係のアドバンテージは、尽くされている側が持つことになるのです。

    これは心理学でも証明されていることで、これを詳しく説明すると、最小関心の原理と呼ばれています。

    昔からある恋愛関連の格言にも、惚れた弱みだとか、
    惚れた方が負けなんてことがありますが、まさしくその通りなのです。

    特に現代の恋愛事情を見て見ると、モテる人間は男女共にモテまくりの入れ食い状態で、
    モテない人間は全くモテないという状況にあるわけです。

    当然に恋愛の主導権を相手に握られてしまった場合、セフレとして扱われる可能性が高くなるということです。

    尽くすというアクションを繰り返すことによって、どんどんと好きという感情が強くなり、
    追いかけたくなったり干渉したくなってしまうのは仕方ないこと。

    一旦尽くすという姿勢を見せると、どんどんと尽くすばかりのアクションで埋め尽くされてしまうことになり、
    逆に男性の心はどんどんと遠ざかっていき、冷めていくことになるのです。

    まとめ

    セフレという関係を築くことが現代ではかなりハードルが低くなっているとういうこともあり、
    また前述にもある通り、人気が一手に集中しやすくなっていることから、
    尽くすというアクションを当たり前に起こしてしまうとセフレの地位に甘んじやすくなるといえるでしょう。

    相手にわがままを言ったり、尽くされることを待つといったアクションを起こすと、
    好きだという感情が消え、嫌悪感を持たれてしまうのではと思う気持ちはわかります。

    しかしながら、ここまでを見てもらえば分かる通り、尽くしてくれる女性にはありがたいという気持ちはあれど、
    恋愛相手としてドキドキとしたり、刺激を得るようなことはないと言えるのです。

    肉体関係も含め、相手に尽くしたいというのであれば、改善する必要はないでしょうが、
    セフレではなく恋人として扱ってもらいたいと思うのであれば、
    少々手を焼くくらいに自己中心的な女性の方が、実現出来る可能性が多分にあると言えるのです。

    よかったらシェアお願いします♪
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる